keyboadmouse

ワイヤレスキーボードでパソコン操作もお手の物

公開日:2017年12月28日

スポンサードリンク

冬休みに入り、子供達3人も思い思いの冬休みを過ごしています。
明日から両実家への帰省も控えているので(嫌われ嫁なので、鬱々しています)、冬休みなんてあっという間ですね。
さて、そんな子供達の冬休み。サンタさんから貰ったワイヤレスキーボードでプログラミングも少しずつパワーアップしています。

古いノートPCでもワイヤレスキーボードで快適に生まれ変わります!

子供達には古いノートPCを与えています。
そのノートPCのキーボードがだんだん効かなくなってきていて、子供達から「打ちにくい」と訴えられていました。
そこで、キーボードだけ替えてみて、ダメなら新しいPCを購入しようということになりました。

keyboadmouse2

ワイヤレスフルキーボードです。テンキー付きでマウスも付いてしかもワイヤレスでこのお値段!お勧めです。

うちの長男が自ら開けて説明書をみてセットアップしました。
と言っても、USBポートにレシーバーを差し込んで終了です。
1つのレシーバーでキーボードとマウス両方が操作可能になります。
ワイヤレスがどんなものなのか?子供達もこれで学んだのではないでしょうか。
当然ですが、T大卒夫も私も一切口出しなしですよ。
こういうものって、大人が率先してセットアップしようとしますが、見守りに徹するべきです。
考えさせる機会を奪ってしまいますよ。
ほっとけばいいんです!!

さて、肝心の使い心地です。

長男
凄い!キーボードがちゃんと反応してる!

長女
学校のキーボードと一緒だ!

次男
打ちやすい!

大好評でした。
これで、新しいPCを買わずに済みました!
ノートPCのキーボードって打つのが難しかったりします。
でも、このワイヤレスキーボードなら、学校と同じキー配列で、子供も打ちやすいです。
テンキーもあって、マウスつきです!
もし、ノートPCを子供にも使わせていて、なかなかブラインドタッチが上達していないなら、ワイヤレスキーボードを試してみるのもいいと思います。

最近の子供達のプログラミング

以前、紹介したスクラッチ。
これでプログラミングデビュー出来る!小学生のスクラッチ。にて
小学生必須!スクラッチプログラミングにて

今はマリオのようなゲームを作っています。
2017winter
リミックス(=改造)です。
プログラムは人が作ったものを解読して手を加える機会も多いです。
1から作るのもいいですが、このように公開されたものをリミックスすることも、プログラミングではよくあることです。
そして、「こんなふうにプログラミングするんだ!」と人が作ったプログラムから学ぶことも、とても多いです。

長男は将来性抜群のPythonをいじりだしました。
人工知能・機械学習はpythonで書かれていることが多いです。
自分でpythonをインストールして、コマンドを直接打っていました。
でも、実際に書いたプログラムが保存できないことが判明!
そりゃそうですよね。直接コマンドをたたいているのですから。
ワーワー騒いだ後、自分でエディタにAstomを選んでインストールしていました。
ここまで、T大卒夫も私も全く関与していません。
自分で調べてやってみたようです。
5年生でも分かりやすいというpythonの本はT大卒夫が用意
paython

まだ、文字の出力ぐらいしか出来ていないようですが、これからどうステップアップしていくのか楽しみでもあります。

総論

何度も書いていますが、パソコンは小学校でも随分と浸透している感じがします。
3年生ぐらいから、授業中にパソコンをいじったりしますよ。
うちの子供達は先生から「打つのが早いね」と言わているし、お友達から「ヘルプ」と言われて、色々と助けているようです。

小学校の授業は2020年から大きく変わります。
それが、英語とプログラミングです。
子供達には是非ともiPadではなくパソコンを与えてほしいです。
ブラインドタッチが出来るようになると、パソコン操作に自信が持てるようになります。
大手銀行の大幅削減もありました。どんどんAIが浸透して仕事が奪われていきますよ。
プログラミングは出来ることが前提の時代が来ます。

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク







ワイヤレスキーボードでパソコン操作もお手の物」への2件のフィードバック

  1. めすぶた

    パソコンは便利だが、電気をたくさん使うようになるし、書くことをあまりどころか、しなくなるのでは?

    返信
    1. 打たれる管理人 投稿作成者

      めすぶたさん コメントありがとうございます。

      これは少し思ったこともあります。
      どうなるんでしょうね。コメントを読んでOK Googleを思い出しました。
      ただ、AIに使われる側はそれで良しかもしれませんが、使う側はやはりパソコン必須かなとは思っています。

      返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
コメントは承認制に変更しました。ご理解のほどよろしくお願いいたします。