子供の地頭の良さを見抜く

公開日:2016年12月14日

スポンサードリンク

子供の地頭の良さをどこまで見抜いていますか?
園児の頃になると、地頭がいいか分かってきます。

恐らく地頭のいい長男

うちには3人の子供がいます。
長男は、恐らく地頭がいいと言わ、長女・次男もクラスでも断トツ出来る方だと思います。
3人とも出来る子には変わりないのですが、長男は周りからの評価が抜群に高いのです。

<<長男の幼児の頃>>
園長先生に長男が話をした内容にびっくりしたようです。
園のお迎えの時、「本当に賢いお子さんですね~」と感心されながらおっしゃっていました。
そして、当時習っていた先生からも「giftがある」、「もっと英語を勉強してほしい」ともおっしゃっていました。

<<長男の低学年の頃>>
1年生の担任の先生が「発言をするとき、長男がどんな素晴らしいことを言うのか、クラスの皆が集中して聞こうとする姿が見られる」
とおっしゃっていました。
クラスのお友達も親に話をしていたようで、「長男くんは凄く賢いって言ってたよ」と言われます。

そして、現在は
授業でも先生も含め「おおー」という発言を頻発するようです。
論理的に物事を考えます。
理数系が大好きです。
答えを言うのは誰でもできます。
その先の説明をしたり、教科書に答えがないものをズバリ答えたりします。
担任の先生が「私が気づかないことや、間違いも気づいてくれます」
「頭の回転が良く、いろいろ頭の中でああでもない・こうでもないと考えて答えを導く。本当に将来が楽しみ」ともおっしゃっていました。
通知表は、主要科目に関していえば、常にほぼパーフェクトです。
字が汚いので、そこで引かれることはありますが・・・。

さて、T大卒夫も小さい頃から先生方から「この子は賢い」と言われていたようです。
義両親が本当に誇らしく話をしていました。
超難関大学に行く子は、いくら遊びまくっている幼少期でも目立つようです。

地頭のいい子は遊びに来てわかる

教育熱心な方は、他の子はどんな感じなのか無意識のうちに色々と比較していると思います。
家に遊びにくるお友達、あれ?この子はちょっと違うなと思う子いませんか?
うちは、1人います。
ゲームも得意ですが、頭の回転もいいです。
ちなみに、口も達者でした(笑)。
現在も長男とは良きお友達で、問題を解いたりするのも長男と競い合う仲のようです。
公文・塾は行っていません。
授業中でも、長男と同様で予習なんてしていないようで「はあ?こんなの分からない」と言いつつも長男の次に終わるようです。
公文で頑張っている子達も計算問題になると早いようですが、敵わないようです。
そして、考える問題になるともう賢い子が独占場状態みたいです。

地頭のいい子はやっぱり違う

地頭の良い子は「トップクラス問題集」でもっと差をつけるで書いたように、元々地頭の良い子は理解力が抜群にいいです。
センスがあります。
一を聞いて十を知るがピッタリです。
そして、どんなことでも興味を持ったことへの集中力は素晴らしいです。
長男の場合、読書のようですが、読書をしている時は全く外の声が聞こえないようです。
時間も忘れるぐらい集中して読んでいます。

総論

「学校のテストが100点だから、きっとこの子は賢い」と思っていたらダメです。
日頃の会話や宿題のスピード、発言内容などしっかりと冷静に精査する必要があります。
親の欲目で、「子供に超難関大学を目指させよう」とプレッシャーをかけたら間違いなく潰れると思います。

地頭のいい子って信じられないかもしれませんが、頑張らなくても100点が取れるのです。
理解力が人一倍優れているので。
基礎がしっかりしていて、思考力も抜群なので応用・発展問題も自力で解けます。

そこで、「この子は他の子と違ってずば抜けて賢い!!」と判断したなら、それなりの環境を親が用意する覚悟が必要になります。

ちなみに、T大卒夫はこう言います。
地頭がいいだけではダメ。超難関大学に合格するには、地頭と努力する才能の2つが必要だと。

頭がいいと言われる長男ですが、欠点も沢山あります。
コツコツ努力型でもなく、優等生タイプでもないため、親子バトルも日常茶飯事です。

頭も良くて、おりこうさんな子。
なかなかいないですね。




スポンサードリンク







子供の地頭の良さを見抜く」への24件のフィードバック

  1. さなぎ

    おはようございます。
    いつも参考にさせていただいています。

    最近5歳(年中)の長男がもしかしたら地頭が良いのかなと思うことがあります。

    以前から、園などの先生からは『大物になる』『1人だけ言うことが違う。大人のような発言』『思考力がすごい』『遊び相手は年上の方がレベルが合う感じ』
    と言われていました。

    でも先生のお世辞や忖度かな~と、話半分くらいの気持ちで聞いてました。

    でも、ひらがなやカタカナ、都道府県名などを、
    DVDを1日二回、4日ほど見ただけで全部覚える姿をみて、『頭良いのかな…』と思い始めました。

    ただ先取りはしない派でしたので、気にしてなかったのですが(このサイトを参考にして、英語だけはやっています)、
    息子が最近計算のクイズを出してくるようになりました。
    『1+4=』『1+5=』など…。今さんすうの計算に興味があるようです。本人が興味があるなら、進めた方がいいのかなと思い始めました。
    正解すると嬉しいようで、自信になっていくようです。

    今、Z会の年中を受講しているのですが、小1の体験を取り寄せましたが楽しく進められそうです。
    漢字も自然に何個か覚えてたりします。

    先取りせず、思考力を優先してきたのですが、少し方向に悩んでいます。

    ハイレベ幼児をとりあえずやってみようかとも思ってます。

    お時間がおありになりましたら、何かご教授いただければ嬉しいです。

    返信
    1. 打たれる管理人 投稿作成者

      さなぎさん コメントありがとうございます。

      誰にでも言うのかなって思うかもしれませんが、そんなことはないと思います。
      賢いとか言われたのは、一番上の子だけです。
      今はコツコツ努力をすることによって、下2人も今はそれなりに評価してもらえるようになりました。
      なーんにも考えずに過ごさせていたら、今頃恐ろしいことになっていたと思います。

      おっしゃる通り、もうこの時期から色々とチラチラ見えてくると思います。
      ただ遊んでいるだけの神経衰弱などでも暗記力を見ることができますよね。
      いいものもってそうなので、是非とも伸ばしてあげてほしいです。

      うちの中1はやっぱり理解力が良くて、他の子より短い時間で終わらせていきます。
      学校の授業で分からないことはなさそうです。
      Z会の添削問題(数学)のみで、答えを出すまで苦戦するぐらいです。
      生活面は聞かないでください。
      反抗期も重なって私はひたすら待つことをしています。
      愚息の最大の欠点はコツコツ努力が出来ないことです。
      主人とともに苦労しました。(←いや、現在進行形かも。マシにはなりましたが。)
      地頭が良くてコツコツ出来るなら、超難関大学の可能性はグッと高くなるかと思います。
      今でも主人は、東大・京大レベルは元々賢い人が努力していくところだと言ってますので。

      本題ですが、4月から年長さんですよね。
      ハイレべ幼児はお勧めです。すぐ終わっちゃうかもしれませんが…。うちの子達もやりました(笑)。
      先取りしない派なら、それぐらいでしょうか。
      最新の「中学受験。3学期初日から入試が終わるまで休むのはやめてください。」で匿名1さんが先取り一切なしの内容が書かれていました。
      匿名1さんのお子さんは中学受験組ですが、考え方は似てると思いますので、かなり参考になると思います。
      入学まであと1年。
      周りは機械学習や幼児教室にせっせと時間とお金をつぎ込みますが、そんなことしなくても大丈夫です。
      少し前に英語の幼児教育でイメージで理解していくような話がありましたが、算数や他の教科もそうだなあと思った次第です。
      もし物足りなさそうでしたら、計算ぐらいは先取りしてもいいかなと思います。
      書かれている感じだと、100均ドリルを渡しても、さっさと終わらせそうですね。

      きっと色々出来ちゃう子だと思いますので、是非とも苦労の経験を(笑)。
      勿論、好きなことは伸ばしてあげてください。

      あと、蛙くんにはくれぐれも注意してください。蛙になると何をしなくても俺は出来ると勘違い野郎になりますから。
      うちは、CMでよくやっている全統小を小5で受けてやっと分かってくれた感じです(苦笑)。

      返信
      1. さなぎ

        丁寧なお返事ありがとうございます。大変詳しく教えていただきありがたいです。

        我が子もコツコツ努力は苦手な方です。粘り強さも少ないかな~と思ったりして、宮本算数教室のたんていパズルをやらせたりしてるのですが…。
        管理人さんは宮本算数教室はどう思われますか?割と賛否両論あるみたいですよね。

        我が子は少し特殊で、親は学歴は全然ないんです。私は一応一流と言われる大学卒なのですが音大なんです。主人は高卒で全く勉強には無縁…。ここにコメント出来るような人間ではないんです(笑)
        一応兄が国公立大学、大学院を首席卒業し、こないだ海外で研究発表したようですが、親じゃないのであんまり関係ない(笑)

        2歳の時に発達障害がグレーの時期があり、今も療育に通ってるんです。能力に偏りがあるようで、こういう子は勉強が得意な子もしばしばいるらしいです。その分コミュニケーションが苦手で空気を読むのが苦手なんです。支援学級にいくほどではないようですが…。
        管理人さんの息子さんのような何でもできて賢い…というパターンではないんですよね。

        匿名1さんのコメント大変参考になりました!!さっそくいろいろ試したいと思います!
        やはり国語ですか~…。国語ですよね、重点おくべきは。読み聞かせ以外にきくきくドリルというのはやってます。論理エンジンも気になってます。
        管理人さんは幼児期は国語をどのように意識されてましたか?
        次男さんに絵を描かせていらっしゃる記事は拝見しました。うちも言葉でうまく伝えるのが苦手な子なのでやらせたいと思います。
        読み聞かせだけじゃ読解力は身につかないんですよね。
        国語のケア、何かおすすめありますでしょうか?

        返信
  2. 森羅

    おはようございます。

    さなぎさんのコメントが大変気になりましたので、コメントさせて頂きます。本当は、ここで言うことはやめておこうと思ってましたが、私は発達障害です。ADHD と軽い高機能自閉症(アスペルガー)があり、コミュニケーションが苦手です。

    子供の頃は、とても勉強が得意な子でした。後に、IQが140超だったということが、小学校の時の担任に再会して判明しました。小学校の担任は、進学塾の講師のような人で、常にトップの成績と私の思考力と話し合いのときの発言の的確さを高く評価してくれていて、当時のことを夢見るような目でうっとりと語ったのでした。

    だけど中学入学してから、勉強する気が全くなくなっていました。でも高校まではなんとか地元の、トップ進学校までは行くものの、いじめにもあい登校拒否。

    そうなってしまった理由ですが、私の子供の頃は発達障害という認識なんてありませんでした。私は、小さい頃から気になることを思いつくと幼稚園を脱走したりして、ただワガママな子供だと思われ怒られまくり、親もどうしていいかわからず、自己肯定感など欠片もない性格に育ちました。
    そして思春期、「勉強出来ても何もならない」そう言われたことで、思春期の私は全てのやる気を失ったのでした。「私は何の価値もない。」自傷行為、自殺未遂、飲酒、私は一時期ボロボロでした。大好きだった勉強も私を救ってはくれなかった。音楽も芸術も全て出来てて、運動もそこそこだったにも関わらず、コミュニケーション能力の欠如がいつも私を裏切ると思いました。1年勉強した公務員試験では、模試で5万人中130番台の成績をとり、本試験も楽勝だったにも関わらず、面接で落ちました。海外留学もしましたが、適応出来ず体を壊して帰国。

    大人になり、同じように発達障害らしく、してきたことは私より空気読めないことばかりだったけれど周囲の反応を全く気にしないまさに「出過ぎる杭」の夫と出会い、今の私があります。

    発達障害でも、大人になると、経験から言っていいことと良くないことは自然に分かるようになります。それよりも、怒られ過ぎたり、周囲の反応で自信を失くすことが怖いです。でも、今の時代は、発達障害というものが認識されているぶんは安心だと思います。

    勉強が出来るということは、間違いなく1つのアドバンテージです。どうか、大切にその才能を育んであげて欲しいと思います。コミュニケーション能力は、怒られると下がる一方になります。「また、怒られるかもしれない。」そう思うと怖くて何も話せなくなるのです。つまり、私を裏切ったのはコミュニケーション能力の欠如そのものでも、発達障害そのものでもなく、二次障害だったのです。

    さなぎさんの息子さんの性格は分かりませんが、繊細なほうであったとしても、さなぎさんの息子さんは、「出来ることを伸ばしてあげれば」きっと出る杭になれると思います。

    あくまで、私個人の考えで、子供だった私が今声を発することが出来るならこう思うということに過ぎませんが、興味が少しでもあるなら、先取りも勉強もどんどんやらせてあげて下さい。行き詰まったら柔軟に方向転換すればいいだけなんです。
    何でも、出来ないことを無理矢理押しつけて押し通そうとすることで問題は起きてきます。出来ない勉強を押し付ける(普通の子への無理な先取り)、出来ないコミュニケーションを押し付ける(普通でない子へのコミュニケーション能力の先取り)ということで。

    私は小さい頃、本が大好きでした。さなぎさんの息子さんは、好きな本やジャンルはありますでしょうか?自分でも読もうとしますでしょうか?まずは、好きな本をたくさん読むと読解力も作文力も伸びると思います。まずは、自分でも読みたいと思うような興味ある本を与えてあげればどうかと思います。

    返信
    1. さなぎ

      >森羅さん
      初めまして。息子の為にこんなにも親身にコメントしていただき、ありがとうございます。
      コメントを拝見し、コミュニケーション力が弱いと、それほどまでに壁となって立ちはだかるのかと痛感いたしました。
      親として、身の引き締まる思いです。しっかり肝に銘じて育てなければと思います。

      息子は森羅さんと同じく繊細です。私の表情がフリーズしただけで、すぐわたしの顔色をみて、『ママの喜ぶ言葉』を言ってきます。
      怒られるのもすごく苦手で、ずいぶん前に私が怒った内容を急に思い出し、泣き出したりします。
      親が怒ると、どんどん自分の気持ちが言えなくなってる感じはあります。
      こちらもしょっちゅう怒ったりはしないですが、感情の読み取りがとにかく早いので、ちょっとした表情の変化をすぐ見破られてしまってます。。
      母として、至らないなぁといつも思う日々です。
      怒らずに育てるべきか、少々は怒って、耐性をつけるべきかいつも悩みます。
      コミュニケーション力をあげるのってほんとに難しくて。。まだ小さいので登園拒否はないですが、いじわるされちゃうことは多いようで、よく泣いてます。
      でも、人の輪に入っていないとコミュニケーション力は伸びないし。。。悩みはつきません。

      その分勉強は好きなようで、問題が理解出来たとき、とても嬉しいようです。今日は分数のことを聞かれました。
      『このにんじん、何分の1に切ったの~?』と聞いてきました。
      中学受験はまだだいぷ先のことなのでわかりませんが、入塾が手に届くくらいのレベルは勉強しておかなければと思ってます。

      勉強は好きなようですが、遊びも大好きなので、うまく誘いつつ、押し付けにならないように気をつけていきたいと思います。

      返信
    2. ぷりん

      ヨコからすみません。
      森羅さんは発達障害の診断を受けられたのでしょうか?それともご自分で発達障害だと思ってらっしゃるのでしょうか?
      二次障害であるのは間違いないでしょうが、サヴァンというよりギフテッドの方があてはまるような気がします。もちろん、さなぎさんの息子さんもそうです。
      一度、twitterで「ギフテッド」を検索してみてください。情報が溢れています。最近専門書が相次いで発売されたので、それらを読んでみるのもいいと思います。
      ギフテッドはいろいろと扱いが難しいので、一般的な優秀児の育て方を参考にするのは向いていません。

      返信
  3. 匿名1

    国語のケア、私も知りたいです(-“”-;)
    塾の国語の先生に言われたのがまず漢字、熟語、文法を完璧にする。
    問題文はまずは音読をする。音読をすることにより文章が頭に入るからだそうです。だからよく学校の宿題の音読をどうせばれないだろう、無駄だろうとサボらせる親がいるけど絶対に音読の宿題はやらせるべき、特に読書習慣のない子供はと言われました。

    幼児さんだったら むかしむかしあるところに と声を出させて読ませるのもいいのかもしれませんね。

    今、発達障害という言葉をよく耳にするようになりましたよね。色々と考えさせられます。

    発達障害についてはあまり詳しくは分かりませんが、発達障害っぽい部分は万人が持ち合わせていると思うんです。ただ、その度合いが強すぎると障害になってしまうのかなと。

    嘘か本当かは分かりませんが、公立中学より私立中学の方が発達障害と呼ばれる子供の割合が高いと聞いたことはあります。あくまで噂レベルですが。

    あと私立小学校(と言ってもブランド私立からご近所私立まで色々ですが)の中には本当の意味で子供に寄り添う暖かく理解のある学校が多いようです。
    余裕がおありでしたら、小学校受験を検討されるのもいいかもしれせん。
    (学力ではなく環境を買うという意味です。)
    極端に集団行動ができない、他者に暴力をふるってしまうお子さんでなければ対策をすれば入学できると思います。

    返信
  4. 打たれる管理人 投稿作成者

    さなぎさん 森羅さん 匿名1さん ぷりんさん コメントありがとうございます。

    ぷりんさん、ここで登場とは。
    ありがとうございます。

    森羅さん、的確なアドバイスありがとうございます。

    さなぎさんが、国語のケアとおっしゃっているのも何となくわかります。
    匿名1さん同様、我が家も聞きたい!
    うちの小5に国語で年間3万つぎ込んだぐらいなので。
    匿名1さんも我が家も、国語で苦労していますわ。
    点数には直結しませんが、お勧めなのがその日の出来事をさなぎさんに伝えることかな。
    我が家は幼児期の頃から「今日の出来事」といって、夕食は子供達がそれぞれあったことを話す時間にしています。
    この習慣は今でも続いていますね。
    会話の多い家族です。

    うちの中1のクラスにも発達に何かあるだろうと思わせるような子がいます。
    何度も出てきていますが、勉強だけ君です。
    びっくりするほど本当に勉強だけなんです。
    長くなるので、次の更新で記載しようとは思っています。
    勉強だけ君は、人が嫌がることを平気でします。まるで幼児です。
    やってみたいと思っていることをそのまま行動にうつしてしまいます。
    ちなみに、彼はこの前の国語の定期テストは、あまりよくなかったようです。
    さなぎさんの息子くんとは全く違うタイプ。
    それなら、森羅さん・匿名1さんもおっしゃっている通り、今は個性として認めてくれると思います。

    ぷりんさんの書かれていることも調べてみるといいのかも。
    5歳で分数ですか。
    賢いわ。
    ちなみに書かれている内容は小3算数です。

    勉強ができるってとっても自信に繋がります。
    勉強に全振りは危険ですが、勉強はどんどん伸ばしてあげてほしいです。
    幼児教室は必要ないかな。
    多分、息子くんの場合はやらなくてもできる子だと思います。
    公文と一緒の感覚です。
    その分、他の経験をさせたいです。

    森羅さん。
    今は幸せそうです。出すぎる杭のご主人の存在が大きそうですね。
    少し前に、子供の過小評価の話を書かれていましたが、ご主人のほらね~のやり取りが面白かったです。
    幸せなご家庭の姿が伝わってきました。

    追伸
    うちのアホ息子はダメです。
    面白いぐらいに色々とやらかしてくれますから。
    わけのわからないゲームは人狼というゲームでした。
    親としてはまた何かやってくれると思っています。
    下2人もね…。同じようなもんですわ。

    返信
    1. 打たれる管理人 投稿作成者

      おはようございます。

      すみません。大事なことを書き忘れていました。
      勉強だけに全振りすると、勉強だけくんのようになる話を書いて終わってしまってました。

      息子くんは優しい子だと思います。
      匿名1さんのおっしゃるように、環境を買うのも選択肢の一つかも。
      ぷりんさんもおっしゃっているように、一般的な優秀児の育て方で考えない方がいいように思いました。

      森羅さんの話だと、大人になれば分かってくる。
      それなら、雑草のような環境ではない方がいいかもしれません。
      公立は社会の縮図です。
      正直言って、もまれて強くなっていくようなところがあります。

      息子くんの素晴らしいところ。
      最大限に伸ばしてあげてほしいです。

      返信
  5. 森羅

    ぷりんさん
    ギフテッドの専門書が相次いで発売とは。情報ありがとうございます。購入予定になりました。
    私も、ギフテッドというのは知ってはいましたが、以前にギフテッドについて見たときはもっと情報が少なく解りづらかったです。今回、ネットの情報も色々読んでみました。
    私は鬱になったときに医師の診断を受けましたが、発達障害はごく軽度で、二次障害のほうが問題だというものでした。
    私の、他者と違っているという哀しい感覚は確かにギフテッドの説明にも通じるものがあります。発達障害は「ごく軽度」で子供の頃に激しい不適応になったということは、ギフテッドも関係あるのではないかと思いました。2Eというのもありますし。また、専門書も読んでみます。それにしても、発達障害という呼び方とギフテッドという呼び方では印象が違いますね。

    さなぎさんのお話から、発達障害、ギフテッド、コミュニケーション…
    色々考えました。

    ここは、ブログ名からして、「杭を打つ人」はいないと思いますので、思いきって書かせて頂きます。
    さなぎさんの息子さんが、年齢が上の子達とのほうが合うというお話から思ったことです。
    私は、全ての人に対してコミュニケーションが難しいというわけではなく、とても話しやすい、ツーカーで通じると思った人が今までに2人だけいました。1人はうちの夫ですが、その夫も、もう1人の友人も、IQが異常に高いということで先生に告げられた人でした。別々の場所で出会い、IQの話を聞いたのはだいぶ後になってからだったので、故意に選んだわけでは当然ありません。そういうこともあって、IQが20違うと会話が成り立たないという論を見たことがありましたが、それはある意味正しいのではないかと思います。
    小学4年のとき、「人間の会話の99%は虫の羽音のようなものだ」と何かに書かれていて、非常に納得したことを覚えています。その頃すでに、周囲の話が退屈だと思っていたようです。

    そんなわけで言いたいのは、「自然体である子供の頃」は、IQが高いと「いわゆる不適応」になりやすいのではないかと思います。社会は多数派で成り立っているからです。日本には飛び級もなく、同級生と過ごさねばならないので得に。
    大人になると、自然体でいられない場と相手を理解していきます。(管理人さんの書かれている、長男さんのクラスの「勉強だけ君」のような人はまた別だと私も思います。)

    さなぎさんの息子さんについて、環境のほうを合わせる、そのための私立という選択肢はいいなと私も思います。

    返信
    1. ぷりん

      森羅さんへ
      本をご購入ですか。私見ですが、先に「わが子がギフティッドかもしれないと思ったら」を読まれると理解しやすいと思います。親向けのガイドで、第2章まではギフテッドの定義、特性について詳しく書かれています。2Eについては、「ギフティッド その誤診と重複診断」の方が詳しく書かれています。題名である「誤診」に関する大事な部分ですので。

      発達障害とギフテッドについて。
      発達障害とギフテッドは別物です。どちらも脳の機能に特徴があるのですが、ギフテッドの場合は「性質」と理解される方がわかりやすいと思います。高IQとか天才というのではなく、のめり込みやすい「性質」なのです。好きなこと、面白いことに熱中してのめり込み、結果IQが高くなるという結果になります。ギフテッドでも、みんながみんなIQが高いわけではありません。

      IQについて。
      IQは基本、学習すればどんどん数値を上げることが出来ます。だから一見、ギフテッドと優秀児は同じに見えます。その違いについてはWikipediaで解説されているので興味があればご覧ください。
      IQが20違えば話が通じないというのは、よく言われています。そして、IQが低い方には話が噛み合っていないことがわからないという特徴もあります。
      このブログではIQが高い方がいらっしゃるので、話がしやすいと思います。ただ、みなさん優秀児タイプです。ギフテッドの特徴は見受けられないので、その点だけご注意を。

      返信
  6. 森羅

    ぷりんさん
    本を読む順序のこと、ありがとうございます。丁度、「包括的なのはこれかな?」と、「わが子が~」を楽天の買い物カゴに入れたところでした笑 読み終わったら続いて、誤診と重複診断の本を購入することにします。

    誤診。これは心に重いけれども、重要なテーマですね。
    常に今起こっている現実とは違う頭の中にいるような感覚、常に何か別のことを考えていてそこから切り離されずに、「白昼夢」を見ていると学校でもよく注意されていました。その「白昼夢」で私は現実への適応が困難になっている部分があります。障害とギフテッドが別物だとしたら…この特徴はアスペルガーとかADHDのものとされていましたが、もしかしたらギフテッドのものなのかもしれないと思いはじめています。非同期の発達というものがとりわけ当てはまっています。

    ウィキも読みました。
    IQは学習により上がる、基本そうだと思います。ペリー就学前プロジェクトやアベセダリアンプロジェクトの話を読んでも。IQは1つの目安程度かと。
    優秀児がギフテッドではない、は感覚的にそう思います。本当の意味で感覚的に合う人はそうそういないという経験からです。昔からの友人からも、「森羅さんと本当に感覚的に合う相手とか世界に3人くらいしかいないんじゃないか」と言われてしまっていました。それは言い過ぎなんですが。

    それにしても、「みなさん優秀児タイプです。」こう言い切るのは通常は難しいことだと思うのですが、ぷりんさんは何らかの理由から、ギフテッドについてよくご存じなんですね。いや、その理由について詮索するつもりはありません。ただ、重要な情報を有難うございました。

    返信
  7. 打たれる管理人 投稿作成者

    森羅さん ぷりんさん コメントありがとうございます。

    ここは杭を打つことはしないので、どんどん書かれても大丈夫です!!

    私ももう少し書かせてください。

    IQの話はその通りなんだと思います。
    もう見える世界が違うんですよね。
    主人が感じるのが、なぜ分からないのかが分からないと。
    嫌味に聞こえますが、本人は本気で言うんですよ。
    IQが異常に高いとなると、こんなもんじゃないはず。

    勉強だけ君のことは生きる力のところで書きたいと思います。
    森羅さんのおっしゃる通りです。

    ギフテッドは最近知った程度ですが、うちの子達も優秀児タイプでしょうね。
    ぷりんさんの妹ちゃんはとても優秀ですが、優秀児タイプとはまた別な気もします。

    このサイトで交流していると優秀児タイプが当たり前のような錯覚になりますが、そんなことはない。
    コツコツ頑張って確実に力がついてきている。
    むちゃくちゃ凄いことだと思います。

    返信
  8. さなぎ

    管理人さん、森羅さん、ぷりんさん、匿名1さん、たくさんの情報やアドバイスありがとうございます。

    私立だと手厚いんですね!品行方正な子しか受け入れてもらえないイメージでした。なかなか経済的に厳しいですが、いろいろと情報を集めてみようと思います。

    ギフテッドの本やネットの記事を読んだりしましたが、当てはまるようなところはありました!
    先日、全クラスの劇のセリフを覚えてるって先生に言われたんですが、『息子ならそうだろな~。』と深く考えなかったんですが、同じことをギフテッドのブログで書いてる方もいたりして。
    年上が合うというのも、年上クラスに療育でいったりすると『気持ちがわかってもらえて嬉しかった~!』と4歳の時にハッキリ言ってましたね(笑)
    わかってもらえなくてモヤモヤしてるんですかね、幼児なりにも。
    近所の同級生の子も『いっつも何言ってるかわからな~い』と言ってたので。

    『発達凸凹があっても、日常生活に本人や周りが不自由しなければ障害にはならない』と本で読みました。

    凸凹の良い部分を伸ばしつつ、日常生活に困らない程度には凹の部分を底上げする…。
    なかなか難しいところを狙って頑張らねばならないなと思ってます。
    ぷりんさんがおっしゃってる書籍もまた拝読したいと思います!

    結局息子の興味に合わせて、算数の計算ドリル(100均)をやらせてみたのですが、普通に指で数えたりしてて、『ギフテッドじゃないのかよ!!』って大声で突っ込みたくなりました(笑)。
    こんな感じで、計算早くなる日がくるのか?と不安になってしまいました。。。繰り返し解けば早くなるんですか?
    かけ算にも興味持ってきて、いろいろ聞いてくるんですが、足し算理解してからのがいいんじゃないかな~と、教えるのに躊躇したりして。
    息子の興味に合わせると、足し算引き算かけ算同時進行みたいな感じになりつつあるんですよね。
    このまま進めていいのだろうか…。

    分数を聞いてきたのは、折り紙のDVDで『何分の1に折る』って言うのをみて、分数を知ったようです。
    今は、管理人さんが前におっしゃってた、『イメージで理解する』という感じなのかもしれません。

    なんにせよ数字には興味があるようです。計算機で、足し算やらかけ算の答えがすぐ出るのを見て興奮してました(笑)

    返信
  9. スピノサウルス

    管理人さん、みなさんこんにちは

    ギフテッドというワードで書き込みいたします

    上の子はWISC-IVの4つある指標のうち
    一つの指標だけ130以上が出て、ギフテッドと書かれました
    トータルでは120くらいでまあまあ高い知能で判定される数値ですけど
    トップとボトムの差が30以上あるので、発達凸凹があるとされています
    (差は15以上あると凸凹と言われるようです)

    発達障害疑いがあり、1歳から療育や医療にかかっていましたが
    小6になる現在まで診断名が下りたことはありません
    上記のWISCの結果が出ても普通に育てて大丈夫のようですので
    普通に育てています
    さなぎさんがお書きになっているように
    生活に支障がないので障害にはなりません

    小さいころの神童伝説はありません
    多動、衝動性、こだわりがあり、問題行動もありました
    小学校では配慮が必要な生徒10人に入りますと言われました
    大きくなって多動は行動に現れなくなりましたが、
    その分頭の中が忙しくなっているようで、興味のあることを片っ端から
    調べたり描いたり作ったりしています
    お友達にもよりますが、うまくやっているようです
    学力はトップクラス、ちなみに図工がとんがっています

    勉強でも遊びでも好きなことを好きなように期待せずに
    やらせていたらこのように育ちました
    ギフテッドされたのは私ですね

    ご参考になれば幸いです

    返信
  10. 森羅

    さなぎさん

    指で計算するというお話、笑ってしまいました。実は私も小学校の時ずっとそれをやってました。だけど、小学校は、単純計算はイヤというほどやらされるので、そこは無理にさせることはないかと思います。理数系が得意なタイプのギフテッドの本領が発揮されるのは応用問題です。高い思考力を持つので、初めて見た問題でも、当然習ったことがなくても、今までの情報を駆使して、こうすれば解けるという解法が見えてきます。

    私の甥っ子(妹の子)が間違いなくギフテッドだろうと思います。現在、年長の6歳です。理数ととりわけ図形、それと創造力に特化している子です。繊細で、さなぎさんの息子さんに近いかもしれません。この間、「ゆうしゃドリル」(小学2年程度と書いてあるけど、考えないと解けない問題が多くある。実質2年では難しいかもしれない。)をやっていて、凄いなと思ったのですが、昨日、自分ですごろくを創ってて、サイコロがないからと自分で展開図(当然習ったことない)を描いて組み立てたそうで、妹(甥は天才では?と言っても今まであまり信じてなかった)がさすがに「天才かと思った」とか言ってました。

    この子、「同じことを何度もさせられるのは嫌だ(年齢相応の)通信教育のは面白くない!」といい、かけ算を気に入って、妹に質問してマスターしてたようで。普通に考えれば、かけ算は足し算の応用だから足し算をしてからなんでしょうが、創造力の高い系のギフテッドは興味あるものがあればそこからはじめて結果的に出来てしまうんじゃないかと思います。

    対して私の娘4歳年中は、コツコツ大好きな子なので、足し算や、地味なピアノ(私が教えています)の基礎練をやっています。やったことないのを見せるととりあえず最初イヤがります笑。次の曲に進むと最初にとりあえず「難しいよ!」と言う。「まだしてもないよ笑 右手から1つずつ読もうか?」と言って、少しずつ譜読みさせると「できた!(^^)」となる。そんなこんなで、今、ぴあのどりーむ4。地味コツ大好きなので、3歳でひらがなを書いたときも、「もう、保育園に行く時間だから」と言っても、大好きななぞり書きを毎日しつこくやめず。当時、私は「これの何が面白いんだろう?」となぞり書きのボードを持って、夫に聞いてましたが、やはり夫も「さあ?」と笑 今では字が上手で、文章も少しかけるようになり、保育園の先生に驚かれてます。
    甥っ子は、字は汚いですね笑。習ってるピアノも、習ってるのを飛ばして次の好きな曲を弾きたがる。娘と色々と対称的です。

    返信
  11. ぷりん

    おはようございます。
    ギフテッドについて誤解のないよう少し説明します。

    >スピノサウルスさん
    wiscⅣ受けられていたのですね。今日本でギフテッドを判定できる専門機関はないと思うので、「ギフテッド」と記載されたということは熱心に勉強されている機関なのかもしれません。
    IQではなく指標の一つにおいて「ギフテッド」と記載された意図はわかりませんが、アメリカの一部ではIQ130以上をギフテッドとして専門教育を受ける権利を認めています。そこから派生した130なのでしょうかね。
    どちらにしろ、4つの指標でトップとボトムの差が30以上あるというのはかなりの困難性を示しており、お子さんが多動、こだわり等の行動があった理由はまさにそこにです。
    ただ、本人や周囲が徐々に成長し、発達の凹凸(専門書では非同期発達と言っています)が納まってくると、その行動は落ち着いてきます。今まさにその状態では?
    ゆえに、ギフテッドというよりは優秀なお子さんなのだと思います。今の対応をそのまま続けられれば、きっと素敵な人に成長されることと思います。

    では、何をもって「ギフテッド」というのか、ですが。
    森羅さんの疑問とも重なりますが、一番の特徴はさなぎさんが書かれている「わかってもらえなくてモヤモヤしている」状態、つまり孤独にあります。また自分の興味あることをトコトン追求できないと「癇癪」を起こしたり、興奮しやすかったり(過興奮性)する点。
    詳しくは「わが子がギフティッドかもしれないと思ったら」を参照のこと(笑)。ここで細かく論じる必要はないと思うので。

    >最後に、さなぎさん。
    ギフテッドは「生まれながら何でも知っている子ども」ではありません。ギフテッドは普通の子ですが、人より早く物事を習得するのです。特に好きなことに関しては、ものすごく集中して深く考え、あっという間に知識を身につけます。これは過興奮性に由来します。
    お子さんがまだ年中さんということで、困難はまだ先、就学してからということになります。脅すようですが(脅しているか…)なるべく早く仲間を見つけてください。SNSを通じて国内外のギフテッド当事者、保護者とつながれます。家庭での取り組み、学校との付き合い方、トラブルがあったときの対処の仕方、いろいろと参考になる情報が溢れています。大切なのは1人じゃないと思えること。同じように困っている人がいるということを知ること。孤独ではありません。
    このブログに集う皆さんも良心的な方ばかりです。ただギフテッドの過興奮性を経験している方はいらっしゃらないようです(コメントを読めばわかります)。
    注意としては、先のスピノサウルスさんと同様のことも起こりうる、ということです。周囲とIQにギャップがあるという状態。今から過集中があったり教えたことがないのに何故か知っていることが多い等特徴があればギフテッドの可能性大です。
    脅すだけ脅してコメントを終えるのも心苦しいですが、子どもはみんな「ギフテッド=神様からの贈り物」です。子育てを楽しみましょう。

    返信
  12. yoyo

    いつもは、見ているだけですが
    ギフテッドのことについて書かれているので
    アマゾンで「ギフテッド天才の育て方」のレビューが参考になるかもしれません
    2Eの方の感想が書かれています

    返信
  13. 森羅

    yoyoさん
    ありがとうございます。早速、目を通してきました。
    本も気になるので、これも購入しようと思いました。この本は、タイトルで損をしているようですね。

    ここで情報に出会ってから気になることばかりです。
    ぷりんさんの言われる過興奮性というのも気になって仕方ありません。

    今から仕事ですが、頭がそこから離れず、車をぶつけたり色々忘れないように気を付けます。(シャレになりません。子供の頃は忘れ物の女王でランドセルを学校に忘れて帰ってました。こういう特徴を今まで、アスペルガーとかADHDとされてきましたが。これもどうなのか分からなくなってきました。)

    本当に情報と、この場をありがとうございます。

    返信
  14. スピノサウルス

    みなさんこんにちは

    >ぷりんさん
    的確な解説をありがとうございました
    スコアが130を超のラベリングなのだろうととらえています
    学術的にうちのを論じるとぷりんさんが書いてくださった通りです
    うちの人はギフテッドではないことは知っています
    (素人ながら、知識・情報を集め理解はしています)
    敢えて呼ぶなら「ずば抜けた問題児」(そういう本があります)
    ここまで育てるのはまあまあ地獄でしたが今はそこそこ平和です

    >さなぎさん
    お子さんが数字に興味をお持ちなら「算数辞典」はいかがですか
    様々出版されていますが、うちはナツメ社のを買って置いてあります
    小学校で習う算数プラス数の雑学がフルカラーで描いてあって
    お小さい方から楽しめます

    >森羅さん
    わたしも人生そこそこ地獄でしたので共感いたします
    Z会かポピーか考えながら車を運転していたら
    救急車に気付かず危うく止めてしまうところでした
    注意力散漫にもほどがある・・・

    返信
  15. さなぎ

    みなさんいろいろとアドバイスありがとうございます(泣)。一生懸命読んでますが、まだギフテッドについて知ったばかり。。必死に皆さんのコメントを読んでる次第です。
    先日園長先生に『知識欲がすごい。皆と一緒じゃなくていいんだから、その子の良さを伸ばせばいい。皆と一緒じゃなくても自分を保てる強い心を育てればいい』と言われました。
    『それが一番難しいんだよ!!』と盛大に突っ込みたかったです(笑)。
    どうやったら強い心が育つのか、結局ハッキリしないですよね。

    でも昨夜、息子が『僕は賢くなりたい。賢くて品格のある人になりたい。』と布団の中で言っていました。
    我が子ながら、少し感動してしまいました。(笑)(泣)
    賢くなればなるほど、周りとの距離が開いてしまうので、正直悩むこともありますが、息子が望むなら、賢くなれるようサポートしたいと思います!
    ちなみに今の夢は、宇宙飛行士とアンパンマンと鈴虫になることらしいです。(笑)

    >森羅さん
    甥っ子さんと似てるタイプかもしれないです。息子も展開図もどきを作ってたことがあります。ゆうしゃドリルですか!ちょっと調べてみます!おんなじことは嫌がりますね~。絶対音感のトレーニングをやってるんですが、同じことの繰り返しなのでつまんないみたいです。娘さんがピアノされていらっしゃるんですね。私も楽器はピアノです。私も譜読みは大嫌いですが、譜読みが脳を鍛えるのでまさにコツコツですよね(笑)弾けた時は嬉しいんですけどね!

    >ぷりんさん
    アドバイスありがとうございます。まだ調べ始めたばかりですが、少なくともギフテッドの傾向はあるように思います。とにかく当てはまることが多いです。
    私はSNSなどで相談できますが、息子自身がつらいですよね。もうすでに、語彙の数や興味などが違いすぎて、かみ合ってない感じなので。体を動かす遊びは同等に楽しめるようですが…。同等のお友達でもいればいいんですけれど。。ゆくゆくはギフテッドかどうか調べてみたほうがいいんでしょうか?専門の病院などはなかなかないようですよね。

    >スピノサウルスさん
    アドバイスありがとうございます。『算数辞典』ですか!算数図鑑なら持ってましたが、初耳です。早速調べてみようと思います。楽しみです!
    スピノサウルスさんのお子さんは、お友達とかみ合わないというのはありますか?空気を読むことを何かトレーニングしたり、心がけたりなど特別なことをされたりしましたか?

    >yoyoさん
    アドバイスありがとうございます。今まさに『ギフテッド 天才の育て方』を読んでいます。恥ずかしながら私には難しく、半分も理解できているのか疑問です(汗)。当てはまるところはたくさんあるので、さらに読み進めていこうと思います!

    返信
  16. 森羅

    ギフテッド関連の本、届いたぶん2冊読みました。誤診のと我が子が~です。

    今まで私が不適応になっていた点や、アスペルガーとかADHD(最近は若年性アルツハイマーの疑いまでかけられていた点)との違い、全部解決したと言っても過言ではありません。白昼夢、コミュニケーション不全がどこから来ているか分かったし、現実の人と私を解離させてしまう、理想と完全主義。私の中にあって普段外には出せない激情も(子供の頃、大げさだと何度も怒られてきました)。ずっと持ち続けていた心に穴の空いたような孤独感のことも。実存的うつという言葉が面白くて笑いましたが、まさに私の鬱の原因のひとつでした。まさか、こんなものがギフテッドに関連していたなんて!私はADHDでもアスペルガーでもないということが分かりました。今更ながら人生の転機になりました。今日は、空が少し違って見えました。私が現在人から隠している特徴、子供の頃は異常だと何度言われたか分かりません。でも、そうではなかった(涙)。
    妊娠中に、私の子なんて悪魔かなんかが産まれるかもしれないと、何度も堕ろそうと考えたこと。でも、産まれてきたのは、こんな私を慕ってくれる天使のような子でした。
    夫も間違いなくギフテッドです。子供の頃は、県で1人だけ数学が満点だったり、広辞苑を読破したり、いろんな作品が全国へ行ってましたが、その反面、小学校の旅行のプールサイドでみたヒーローショーで、さらわれる子供としてステージに上げられたとき、仮面ライダーが「みんな、力を貸してくれ!」と言ったからと、自分でショッカーを倒してしまったという、同級生間の有名な話がありました。それもプールに沈めてマスクをずらし、溺れさせる寸前で、仮面ライダーが助けに入ったとか。ありえないです笑。その後、ヒーローショーは中止になったとか。このエピソードで、私は負けたと思いましたから笑 こういうのは、ギフテッドの不同期の発達から来ているんだろうなあと。今はそんなばかなことしませんしね。(さなぎさん、変に強い心のギフテッドだったらだったで、うちの夫みたいにとんでもないことをしかねません笑 他人の目を気にしませんから空気読まないも倍増ですし、シャツ裏返しのまま気が付かずに着ても恥ずかしいと思ってないのです汗 パジャマで学校に行ったエピソードもあります。)

    そんなふうに、ショッカーを倒した夫ですが、今はとてもよく働くいい夫です。なので、発達の凸凹が子供の時は目立って、愚かなことをすると思うときがあっても、大人になるにつれて落ち着いてくると思います。もちろん、「やらかした」ときは、どうしてそれをしたらいけないかを落ち着いて根気強く伝える必要があると思いますが。

    他の子やギフテッドの子にどうかは分かりませんが、私の娘には七田の絵本が効果的でした。というのは、親はついガミガミ言ってしまうので、絵本で読んであげると効果的みたいです。特に私の娘、自分で納得したことでないと「なんでなんで」言って聞かず、言われたこともしないとかで、保育園では去年、ADHD疑惑を持たれていました。今は、園で必要とされることくらいは納得して、困ることはなくなっています。七田の絵本コース「うさぎさんコース」「いぬさんコース」など、動物の名前で年齢別にあります。娘は涙を流しながら聞きました。どうして嘘をついたらいけないか、などが物語になっています。まあ、面白いか?と言われたらそうでないものも割とありますが、仕方ないところでしょう。

    上記のことは、さなぎさんの息子さんには当てはまるかどうかは分かりませんが。幼児のお子さんがおられる家庭の方の参考にもなるかと思い書かせて頂きました。

    さなぎさんもピアノ、しかも息子さんに絶対音感の訓練をしておられたとは!うちの娘には2年半かけて身に付けさせました。朝晩だけですが、同時にピアノも弾かせていたので。私的には、役に立つと踏んでのことです。ピアノ自体、前頭前野を鍛える効果もありで。それに、音楽を一緒に楽しみたいと思いました。
    ゆうしゃドリル、私はドラクエも好きだし気に入っています。2年生になったらさせてみたいと、つい購入してしまいました。まじめな親御さん方には、えーゲームでしょう、と不評かもしれません。が、内容はかなり頭を使います。よく考えられた問題だと思います。

    スピノサウルスさん、ありがとうございます。z会かポピーかで救急車に気付かずには笑ってしまいました。(笑い事ではないでしょうが)。

    返信
  17. yoyo

    閉じられる前に一言・・・
    実は他の方も書かれていますが
    私もHSPです
    なので、ここ数日その影響で調子がわるく
    お返事が書けませんでした

    >森羅さん
    確かに、本の題名失敗してますよね

    >さなぎさん
    私も、読み込めてないですよ

    あと、ギフテッド関係の本ですと
    「才能の見つけ方 天才の育て方」の
    P218ページの「簡易的ギフテッド診断テスト」が役に立つかもしれません

    返信
  18. スピノサウルス

    >さなぎさん
    ごめんなさい、うちにあるのも算数図鑑でした

    ご質問いただいた件、回答いたします
    空気を読む、コミュニケーション能力については特別な訓練はしておりません
    保育園では加配を付けていただき、小学校入学時に特別支援学級に入れました
    そのため、先生方とのかかわりがほかのお子さんより多く、その中でTPOに
    合わせた行動を学べていたと思います
    家ではアンガーマネジメントの本を一緒に読んだりしました
    コミュニケーションについては、人好きなことと知識欲が多ジャンルにわたる
    ことが幸いしたと思います(誰とでもそれなりに話ができる)

    >管理人さん
    お返事できました
    再開ありがとうございました
    元記事について・・・
    「地頭」は『使えない高学歴の人』をディスる時に使う言葉だと思っていました

    ギフテッドだとか、インチャイルドだとか、発達障害とは違うんだ、
    育て方が違うんだ、みたいな情報が続々出てきてますけど
    (このスレッドのことではなくて、書籍やメディアのこと)
    うちの子はこう育ちたいと最初から自分で決めてた感じがします
    わたしは自分の子どもたちのことしかわかりませんけどね

    返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
・コメントは承認制に変更しました。
・状況によっては、纏めてお返事する場合もあります。
・ここに書いていいのか迷う場合は、「歓談のひととき」もありますのでご利用ください。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。