toudailearn

T大卒夫が選ぶ無駄な習い事ランキング

公開日:2017年1月28日

スポンサードリンク

最近の親はどうして幾つも習い事をさせるのでしょうか?
将来、その習い事で食べていけるならともかく、どうして将来に結びつかない習い事をさせるのでしょうか?
沢山習い事をさせておいて、大学は奨学金で!!老後は2世帯(子持ちローン)にして面倒みて!!なんていう親がいませんか?

本当に必要ですか?その習い事

例えば、男の子に人気なサッカーですが必要ですか?
園でも保育が終わった後に園で体育の先生が来て、サッカー教室に参加できます。
クラスの男の子のほとんどが習う状況でした。
また、学校でもフットサル、サッカー教室は非常に人気です。
子供が好きだからという理由で習うんでしょう。
手取り足取り習って将来はサッカー選手ですか?
そんなの本当に一握りですよね?

ちなみに、知り合いでクラブに入っている子が2人います。
1人は選手コースで頑張っている子。
以前、その子が走っている姿を見ましたが、体の使い方が全く違いました。
素人の私でも驚いたぐらいです。
週5?週6の練習をしているようです。
そのお母さんと話す機会がありましたが、「上には上がいる」と言われていました。
プロを目指すのでしょうね。
でも、こういう子は本当にほんの一握りでしょう。
体育は人並みか若干いい方?の子供達なので、羨ましくも思います。
夢があっていいなって思ってしまうのです。
ちなみに、当然習い事はサッカーのみのようです。

逆に、もう一人はサッカーが好きだけど、レギュラーチームに入れない子。
母子で諦められなく、頑張っているようです。
父親は「才能がないのだから辞めるべき」と言っているようだと聞きました。
お金に不自由しないわけではなく、パートをされています。
もう、子供も高学年。
サッカーの才能があるかなんて、誰もが分かっている話なんですよね?
将来、サッカーで勝負出来ないと分かっているのに、どうして続けるのか?
ちなみに、芽が出ないからと、保険を掛けるように他のスポーツにも手を出し始めているようです。
ここまでくると、本当に笑えてきました。
私とは話が全く合いません。

スポーツの世界で活躍できる子って本当にほんの一握りです。
芸術系だってそうです。
ずば抜けた才能がなければ、絶対に無理な世界なのに、どうして親子でのめりこむのか??、、、私には理解できません。
よく、体育会系もメンタルが強いから大企業に就職できる話も聞くと思います。
職種にもよりますが、やっぱりホワイトカラーの会社は体力・メンタルももちろん大切ですが、何より賢さが必要なのです。
そして、残念ながら体育会系のノリは必要ない場合も多いのです。

T大卒夫が選ぶ無駄な習い事ランキング

さて、T大卒夫が選ぶ「無駄な習い事ランキング」です。
かなり、独断と偏見が混じっていますが絶対に参考になると思います☆

1位 ドッチボール
こんな習い事があるのか?と衝撃的だったようです。
これを習ってどうなるの?
遊びだよね?
強くなりたきゃ、自分で公園に行って練習すればいいだけの話。
狂っていると言っています。
2位 公文
ぜひ、「出すぎた杭は打たれない」サイト内で検索してみてください。
我が家は絶対にやらせたくない習い事NO1です。
3位 そろばん
そろばんを習わなくても、計算は速くなります。
4位 習字
習うより慣れよ とのことです。
「漢字は慣字」だそうです。
ちなみに、字は汚いより綺麗な方がいいとのこと。
賢い人って汚い字の人が多くないですか?
例外なくT大卒夫の字も汚いです。
賢い人は「綺麗な字は重要なポイントではない」と考えるようです。
そんな汚い字を書くT大卒夫は
「理想は速くて綺麗な字が書けるといいけど、綺麗な字を書くためにわざわざ習う必要はないよね」
と言います。
また、今は文章を書くのはほとんどがパソコンです。
そもそも、練習は習ってするものではない考えなので、字も綺麗に書きたかったら自分で練習すればいいだけの話です。

我が家では、次男だけ綺麗な字を書きますが、他は私も含め残念ながら字は汚いです。
PTAの役員をやっていた時も、この人はどんな字を書くのかしら?と思いましたが、それよりもパソコン操作が出来るかどうかの方が気になりました。

5位 サッカー
きっと、沢山の男の子の親を敵に回したことでしょう。
・足が速くなる
・チームワークを大切にする
・運動神経がよくなる?
・体育の授業で活躍できる?
それだけで、月に馬鹿高いお金を支払うの?
本当にやりたかったら、やはり公園行って練習したら?と言います。
そこで、子供が本気だったらその時に考えればいいだけなのでは?
「習いたい」と言って「いいよ~」なんて即答する親の多いこと。
一度、子供の「習いたい」というものが本物なのか、確認すべきです。
もちろん、運動神経の問題も含めてです。

ちなみに、上記でも書いたような才能のある子の場合は例外だそうです。
プロを目指すことが出来る才能のある子は、とことん頑張るべきだそうです!!
そんな子は一握りですね。
ほとんどの子はサッカーは習い事として必要なしということになります。

6位 ピアノ
これも、この道で生きていけるならOK。
ピアノも幼児教育の道に進むなら必要だけど、一部の子だけなので。
本当に好きなら、ある程度弾けるようになってから習うのもOKなのでは?
うちの子供達は、片手なら好きな曲を自由に弾けます。
T大卒夫が大学でバイオリンを習っていた女の子がいたそうです。
下手で途中で辞めたそうです。
その後、勉強一直線で東大に入り、同じようなレベルの方と結婚されてお母さんになられたようです。
引き際って大切ですよね?

男の子でピアノを習う子もいますね。
T大卒夫の義兄の子(中学生)が習っています。
謙虚な気持ちから「あまり練習していない」と言いますが、うちは速攻で辞めさせていますね。
だって、中学生ですよ!!
趣味程度なら、自分で楽譜を買って弾けばいいだけの話です。
そんなところにお金を使っている場合ではないような気がします。

7位 バレエ
バレエもこの道で生きていけるならOK。

バレエは女の子にとって憧れの習い事ですね。
でも、1回の発表会で2桁の福沢諭吉が飛んでいきます。
レッスンだって本格的になると週3とか週4になります。
一般家庭が踏み込む世界ではないのです。
それなのに、バレエを習わせている女の子のご家庭の多いこと。
あるご家庭が高級車1台余裕で買えるお金をつぎ込んでいると言っていました。
「バレエを習って気立てが良く姿勢のいい綺麗な女の子に育てて、稼ぎのいい旦那様と結婚が理想なのかな?」なんて話す方も。
うちも長女がいますので、気持ちは分かりますが、T大卒夫が言うには「女の子はそれだけじゃダメ」なようです。
やはり教養だと。一緒にいて会話が成り立つのが先決らしいです。

絶対に一般家庭が習うものではないと思います!!
世の中の男の子のお母さん!!
子供が奨学金ありの結婚相手を連れてきたとします。
バレエを習っていたなんて聞いたら、
「バレエを習わせることが出来るなら、大学費用ぐらい出せたでしょ」と絶句するでしょう。
バレエを習わせるなら、大学資金・老後費用が確実にあるご家庭だけにしてください!!

8位 体操教室
これも、習うとしても幼児まで。
小学生からは、オリンピック選手の素質があるならOK。
9位 将棋・囲碁
これは、対局相手がいない場合のみ習い事としてOKのようです。
我が家は、東京大学でも囲碁をやっていたT大卒夫がいるので、習い事としては論外です。
将棋も強いです。
子供達はT大卒夫より強くなろうと、頑張っています。
10位 武道(空手・柔道・剣道)
なぜか、武道が出てきました。
私としては意外でしたね。
自分の身は自分で守るにも習い事としてはOKだそうです。
礼儀作法も身につくし。
T大卒夫に「どうして、自分の子に習わせなかったか」聞いてみました。
「英会話・プール」2つも習っているからというシンプルな理由でした(笑)。
11位 英会話
英語は話せて当たり前の時代ですからね。
もし、「子供がやりたいと言ってきてダメ」という理由が見当たらないようです。
ただし、前にも書きましたが、毎日CDを聴いたり英検を受験することが条件です。
12位 スイミング
・学校で教えてくれないから
・命に関わることだから
実にシンプルな理由です。
ただ、バタフライは必要ないので、3泳法で終了です。
タイム級は、オリンピック選手の素質がなければ必要なし。
実際、うちの子供達も3泳法で終了です。

総論

子供には得意なことを見つけてほしい。
学校の授業で、他の子より飛びぬけて活躍してほしい。
将来の糧にしてほしい。
色々な考えがあっての習い事だと思います。

我が家のように、習い事って、将来のために役立つものだけやるなんて寂しすぎると思った方もいると思います。
そんな打算的に選べない!!と思う方もいると思います。

でも、我が家も子供3人。現実は大学資金・老後費用で精一杯です。
年金は恐らく70歳からが既定路線ですよ。
下手したら、75歳から年金生活になるかもしれないのですよ。
綺麗ごとではないのです。
そして、T大卒夫は「なんでもお金を払って教えてもらうなんて、全く成長しない」という教育方針です。
無駄な習い事はお金の無駄です。
そして、大切なのは子供の才能を見極めることです。

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
コメントは承認制に変更しました。ご理解のほどよろしくお願いいたします。