IMG_5429

意識格差や情報格差が大学入試を左右する。

公開日:2019年6月6日

スポンサードリンク

以下のコメントをいただきました。

高1の子の中間テストの問題を見ていて、記述が増えていることに気づきました。大学入試改革の一環ですね。驚いたのは生物だったか化学だったかで80字の記述。多い、という印象。中学受験すると記述力は鍛えられますが、公立コースの場合、記述はどう対応されてますか?
Z会で磨くといった感じでしょうか。

コメントで埋もれるのは勿体ないので、急遽ですが新たにスレッドを立てました。

公立小中も文章を書かせる機会はある。

うちの小学校は、文章を書かせることを意識しているように感じました。
語彙力・文章力・表現の仕方などなど。
何かある毎に作文を書かせたりしているようです。
ついこの間は、心情を上手く書いたようで、波線に花丸もらえたと喜んでいました。
→口頭報告のみで、見せてもらってない!!見た目は女の子ですが、中身は兄と変わりません…。
そういえば、卒業文集なんて背伸びしまくった文章がズラリでした。

中学に入っても、その傾向は変わらないようです。
主要5教科でうちの子が言ってたのは、
・国語の心情でがっつり意見を書かされた
・社会はレポート提出があった

社会はアジア情勢について将来的な政治経済の展望をまとめて提出したようです。
答えのない課題ですね。
これが非常に楽しかったようで、あれだけつまらないと言っていた社会ですが、いい先生に当たったっぽいです。
評価は3段階だったかな。まずまずだったようです。

意外なのが実技4教科。
音楽鑑賞・技術・保健体育でも自分の意見を書いて提出し、やっぱり点数をつけて返却されたようです。
どの先生もすぐに「評価に入れる」と言うらしく、気が抜けないとぼやいてました。
小学校の「はなまる」から中学では「点数」になっただけですが、評価の重みが今までと違うように感じるのでしょう。

普段の授業でも、論理的に自分の考えを書かせることはやっているようです。

中間テストも記述式はありました。
Z会の高校受験コース 理科の添削問題のような問題で、大体、30字ぐらいでしょうか。
正直、そこまで難しくはありません。
zkai20190605

期末もまたやってくるので、もしかしたらもう少し変わってくるのかもしれませんが、上から下まで勢ぞろいの公立ですから。
これぐらいが限界なのかもしれません。

意識格差や情報格差が大学入試を左右する

大学入試改革なんて、きっと誰もが把握済みだと思います。
大きく分けてこの2点でしょうか。
・英語4技能(読む、書く、聞く、話す
・記述問題を導入

※今回は記述問題についてのみ触れています。
 英語に関しては、また別途記載させてください。

私も色々なお母さん達と話す機会がありますが、どのお母さんもこれぐらいのことは知ってます。
でも、知ってるだけです。
忠実に実行している人なんて、なかなかいない気がします。

他人をごちゃごちゃ言える立場でもなく、うちも記述式の難しさを知ったのはつい最近です。
合不合の模試でことごとく記述問題が×になり、最後に受けた模試でやっと△が貰えました。
この件もあり、本人も迷うことなく記述問題で定評のあるZ会の中高一貫の発展コースにして、中学から家庭学習で記述式にも意識して取り組める環境を作ってます。
だから、「中学受験すると記述力は鍛えられます」というのはその通りだと思います。
Z会の国語は3月~5月まで添削問題を提出していますが、記述問題は△以外貰ったことがないです。
T大卒夫は、
「要点をピックアップして、〇文字以内にまとめるだけでしょ」と言いますが、当の本人も高校になって練習したようです。
私は国語が一番苦手だったので、それ以前の問題ですが…。
記述問題は、自分一人で取り組むにはちょっと厳しいので、Z会の添削問題はとても役立っています。

記述関係でもう一つ。
英作文もやっぱり自分が書いた内容が合っているのか見てもらいたいですよね。
実は、英語の先生と話をしていた時、ダメ元で「英作文の添削お願いできますか?」と聞いたらすんなりOKだったそうです。
聞いた時はビックリしましたが、塾に通っているわけではないので、学校の先生を活用するのも一つの選択肢なんだと思います。
言ったからにはやりなさいよ!と伝えておきましたが、どうなることやら…。

恐らく、全国統一小学生テストだけ受けていたら、うちの子が記述問題が苦手だと気づかなかったと思います。
作文を書かせたら、はなまるをもらってきたり、代表で書いた内容を堂々と発表する子ですので。
中学も色々な取り組みをしていますが、大学入試を考えるとやっぱり頼りない気はします。
高1で80字。これは確かに長いです。
完全に大学入試共通テストを意識してますね。

情報格差は何とでもなるけど、意識格差はなかなか難しい

今ではネットがありますので、大抵の情報は手に入ります。
だから、情報の格差はちょっと考えにくいです。

そういえば、公立中の定期テストで塾が保管している過去問問題があったと思いますが、何と過去問が配られました!!
たった1教科ですが、本人は大喜びでしたよ。
「フェアに戦ってほしい」という理由でした。
「塾に渡してはダメ」と注文も忘れなかったようです(笑)。
ただ、過去問は解いてみたら、全部分かった…と。実際、テストもそんな感じでした。
うちの子にとってあまり役立たなかったようです。
大好きな先生で、個人的に気になったことなど質問しているようです。
中学の先生との関わり方についても、また中間テストの内容と合わせて記載したいと思います。

重要なのは、得られた情報をどう意識するか(させるか?)です。

全統小・全統中を受ければ、わが子が蛙だったことを嫌でも知ることになります。
ここで手ごたえを感じるレベルまで持っていくにはどうしたらいいか?
記述問題が〇になるには、どうしたらいいのか?

親は子供のために環境を整え、本人は試行錯誤しながら出来るようになるまで、諦めることなく努力し続けていくことだと思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019


スポンサードリンク







意識格差や情報格差が大学入試を左右する。」への85件のフィードバック

  1. バナナヨーグルト

    初めてコメント差し上げます。
    小学二年生男子の母です。

    昨日、こちらのブログに辿り着き、
    大変興味深い内容に
    過去のものも遡って読み漁りました。

    我が息子は地頭かなり弱め、
    子供らしくニコニコ育てばいいと考えきましたが
    そろそろ勉強も必要かなと。
    ちなみに夫も親戚も私もいわゆる超高学歴、
    でもなぜかのんびり穏やかな息子。

    2つ質問です。
    急いでおりませんのでいつか記事にしていただけましたらうれしいです。

    ・テレビ番組でおすすめをおしえてください
    (クレイジージャーニーの記事は拝読しましたがその後何かありましたら)

    ・はなまる学習塾はどのようにお考えですか?
    (うちの近所ではとても評判が良いのですが果たして実態は…先生にもよるみたいですね)

    以上です
    どうぞよろしくお願いします

    返信
  2. ななな

    こんにちは、2回目のコメントです。
    いつも興味深く拝見しています。

    先日の全統小テスト、うちの長男も受けてきました。
    4年生になり、どんどん周りに離されて行っているなぁと痛感させられています。
    結果を見るのが今から怖いです。。。

    学校ではクラスで常に1,2番に出来るので、全国テストを受けてみないと本当にわからないですね。
    特にうちの学校は地元民も多く、お受験に一生懸命なご家庭が多くはないので。
    良くも悪くも伸び伸びとした地域です。

    全統小テストで手ごたえを感じれるレベル、どうやったらそこまでいけるかなぁと悩みそうになってしまいますが、地道にやるしかないですね。あと二皮むければ、なぁ。

    今年に入り、急に勉強に対する思考力と忍耐力、集中力がついてきたように感じています。子どもはどこで成長するかわからないもんだなぁと感心しました。『今を』大事にしなくては、と気が引き締まります。数年後には、私の話なんてどこまで聞いてくれるんだかって感じでしょうからね^^;

    まだ本人の中に、学校+αの勉強を頑張る必要性がいまいちピンときていないらしく、自ら勉強をする姿勢が全くありません、まだまだ親の言いなり。
    なんとかこの1~2年で、自発性を引き出すことが出来れば良いなと思っています。

    これからも色々と参考にさせてください。皆様のコメントも本当に勉強になります。

    返信
  3. ぷりん

    こんにちは、管理人さん。
    新たにスレ立てされたので、少し書きたかったことの補足を。

    小学校では、管理人さんも書かれている通り何かあると作文を書きます。作文を書くのはいいのですが、それで良しとしていないか、といつも思うのです。原稿用紙の書き方の指導は低学年でありますが、それ以後文章の書き方について指導があるのか疑問なのです。
    5W1Hはもちろんのこと、主語さえはっきりしない、視点が次々と移っていくような文章、何もないところからなんとか絞り出したような単語をくっつけただけの文章など、教室の後ろに偶に掲示してある作文は正直読めたものではありません。
    もちろん、文章を書くということは難しいことです。
    具象抽象の話に還元すれば、頭のなかにある抽象的なものを言語という具象に変換しないといけないので、子どもには恐ろしく難しいことのはずです。だからこそ指導が必要なのに、おざなりになっているような気がしてなりません。

    テストでの記述の話ですが、中学受験の国語で記述80字くらいは普通にあります。多いところで120字、桜蔭に至っては四角に区切られた枠があるだけです。自由記述。文章を読んで問題文を読む、そして問題文の意図を読み取り必要な要点を文章のなかから見つけ出し、それらをまとめて文章として成立させる。そういった作業を瞬時にやっていきます。
    これらに類する指導が公立中で可能なのだろうかと。やれと言われてすぐに出来るものなのか。
    小学校からの流れとしてそれらしいことが書けていればOKとか、例文暗記のような文章になっていてもOKとかにならないかと、他人事ながら思います。
    相手の求めることを相手にわかるように(論理的ということ)、自分の考えを伝えるのがどれだけ難しいか。そして、この力は読解力にも関わっています。読む力と書く力は密接につながっています。話すことは口調や表情でも状況を伝えられるので、拙さはカバーできます。
    ここは割と低学年から中学年のお子さんの親御さんが多く訪れていらっしゃるようなので、「文章を書く」ことも日常に取り入れる努力をされたらと思い、コメントした次第です。学校では不十分である可能性大です。
    「文章を書く」というと何やら難しそうですが、書かないでも会話でもいいのです。以前、読書の感想戦をいうコメントしましたが、本を読んで何が面白かったか、どうして面白いと思ったのか、現実と比べて物語はどうだったのか、「○○だから××だと思いました」と理由を説明させたり、天声○語の要約など、家庭で出来る取り組みはたくさんあります。
    子どもが小さいうちは、ドリルも大切ですが、是非親子でいっぱいお話をして、相手に伝わる言葉の選び方、説明の仕方を子どもの知らないうちに身につけさせてほしいと思います。それらは長じれば、受験国語の読解のみならず社会に出ても役に立つ能力になると思います。

    何やら壮大な話になってしまいましたが、小学校での作文指導の疑問と高校の記述問題(理科で80字は多い!)が同時にうちに舞い込んできて荒ぶってしまいました。失礼しました。

    返信
  4. 通りすがりのもの

    ぷりんさんへの横レスですが、学校の作文、絵日記、観察文など書く事が多く取り入れてやっているなという印象がありますが、細かな指導は正直期待出来ないなと早々に学校の指導に見切りをつけています
    学校で返されてきたものを親がみて誤字脱字、習っている漢字は使われているか、5W1Hで書いてあるかえおチェックして子供に間違えている部分は書き直しや、文法的におかしいところはアドバイスをしてお直しさせていって家庭で細かい部分を教えていかないと間違えたままでいって後で大変になるのが目に見えるようだったのでやっています

    宿題で作文、絵日記、読書感想文などの時は口頭で書く文章を言わせていって、おかしいところなどをアドバイスして紙に書かせていっています
    いきなり、紙に書かせても文書が出来ないので言葉を声に出して文書の整理して書く手順だと書けるようになるみたいですね
    それでも誤字脱字は発生するので見直しは必須ですけれどね

    手間がかかるけれど、子供の文書能力や語彙力、漢字力、文法力などが把握出来るので国語の躓きを早期発見にもなるし低学年のうちからしっかり教えていければ高学年、中学以降で苦労しないで済むかなと思っています

    返信
  5. 通シン

    こんばんは。
    作文の話しが出てましたので私からもひと言。
    うちの中3の娘は先月までZ会の作文を受講していました。
    細かく添削、指導してもらえて結構良かったですよ!
    高校受験対策はもう大丈夫そうなので今月から高校の先取りとして中高一貫発展に切り替え、同時に作文も総合に切り替えました。
    中1息子は最初から総合を受講しています。

    返信
  6. こんにちは。

    おはようございます。
    算数は軌道に乗っているので今のまま行く予定です。
    「きらめき算数脳2~3年」も後、4回になったので、
    昨日「きらめき算数脳3~4年」をAMAZONでポチりました。

    国語は1年時は「読解作文トレーニング 論理エンジン 1年」しかさせておらず
    今年は「読解作文トレーニング 論理エンジン 2年」が終わったので
    評判の良かった「ハイレべ100 読解力 2年」を買ってみました。

    毎日、見開き1ページやってます。15~20分くらいでしょうか?
    ほぼ間違えませんが、なんだか解答が簡単すぎて本質的に間違えてた時の説明をどうしようか悩みますね。
    正直、あのレベルなら自分で解けば良いのですが。。。
    まぁうちの子は、ほぼスポーツオンリーの生活なので毎日の読書代わりには良いと思います。

    どうせハイレべも2か月程度で終わるので、別にいいのですが。。。

    どうも、私はハイレべより出口式の方が好きなので
    次は出口式の別の本を見てみようと思います。

    1年時は4回模試を受けましたが、算数と違って国語はいつも偏差値60ちょいです。
    上りも下がりもしません。。。勉強の進め方が難しいですね~

    全統小、算数が後半しか解答を書いておらず、自己採点が出来ません。。。
    結果が気になりますね~

    返信
  7. タムタムママ

    私もぷりんさんに、横スレすみません、気になってしまいめした。
    子供たちは、
    「頭の中にある抽象思考を具象思考に転換させるのが難しい」
    ではなく、
    『頭の中にある具象思考を抽象思考の文字(言語表現)に転換するのが難しい』のだと思います。

    頭の中にある具象思考、イメージを、文字や言葉に変換するのが国語や作文、数字に転換するのが算数。
    体の動きとしてなら体育、音や楽器なら音楽、紙や絵なら図工、ですね。

    転換先の言葉が少ない、単に語彙の問題であれば追い追い補えるので良いのですが、そもそも「何を」書きたいか、表現したいかの具象イメージが貧弱、全くイメージが湧かない、幼少期学童期に付けておくべき具象思考の力が弱い、なのに書けと言われるから仕方なく「文字を並べてるだけ」だとしたら、かなりの重症ですね。

    氷が冷たい、という文を読んでも、氷を触った事がなけれイメージできないですからね。

    とはいえ、そもそも全ての事を生活で体験するのは、大人も含めて、はなから無理なのですから、本人なりに体験したり見たり聞いたりしてきたもの、何か熱心に取り組んだ深い体験などを頼りに【類推する】力が必要になる、ここが極めて難しいのでしょう。

    【類推する】にはある程度本人なりの体験の蓄積があって、その蓄積に照らし合わせる必要がありますから。

    自分の具体的な体験や知見、具象イメージが湧いて、それに当てはめて類推してみて、さらに抽象思考の言葉に転換して、読み手が読みやすいように工夫する。これはかなり高度ですよね。

    幅広い体験は限りがあっても、深い体験はどの子も本来はできるはずなんですけどね。
    ひっっったすら秘密基地作りでも、ロボット作りでもサッカーでもピアノでも何でもいいですが。

    スポーツ選手と科学者でもいいですが、異分野のプロフェッショナルの対談は、まさに自分の深い体験をもとに相手の事を理解する、テーマについて話す構成ですよね。

    そこまで一般人や子供たちが目指す必要はないにしても、自分が空っぽだとイメージも湧かないし、類推もできない、そもそも表現したいものが浮かばないんですよね。

    テストの記述であれば、パターン学習よりは手間暇かかりますがテクニック習得で何とかなるかもしれない。
    それで記述を乗り切っても、大学の勉強や課題レポートは文系なら記述のオンパレードですから、その時テクニック習得で来た子は、そもそも学ぶことが心から面白い、と4年間及びその後の人生で思えるかは危ういですね。。。

    やはり、ここもぷりんさんの言う通り親子の会話が全ての始まりだと思います。
    伝え方という技術的なことだけでなく「大好きな人に、伝えたい事がたくさんあるか?」
    伝えたいと言う気持ちが育まれる事と、伝えたいと思えるような生活体験が積み重なっているか。できれば好きなことに夢中になって子どもなりの深い体験をできると類推力も高まりなおよし。

    ゲームの話し、ネットの話ししかしない子に育ってしまったら、テクニック習得、言葉は悪いですが、猿真似でその場その場を乗り切るしかないですね。

    返信
  8. たぬ吉

    こんにちは。

    中学校で過去問渡してくれる先生いるんですね!塾に行かない場合とても気になっていました(汗)
    子供には、中学校に行っても、先生の言っていることをよく聞いていれば、学校のテストは大丈夫よ~と言ってますが、、

    全統小、長女も初めて受けてきました。私も保護者会に参加しましたが、返却は、面談でだそうです。。
    帰ってすぐに気になったようで、答え合わせは一緒にしました。

    後で、難しそうだなぁと思いつつ、私が算数の問題を見てみたら、解けてほしかった問題を間違えていて、そこが気になりました。。
    6年生の計算問題で、120-(1920÷□-12)×4=48を間違えていたのですが、自由自在を確認したら、p101の力をためすは前に出来ていたのですが、、長女に言ったらもう一度そこやってみる!と言ってました。途中式も確認しないとだめですね。夏季講習とかもいろいろ気になりますが、家でやることいっぱいあるな。。

    文章を書くことも、以前からすごく気になっていて、家で作文書かせたりするのですが、次女より長女のほうが苦戦します。やはり、話している時も、一つの文が長いのですが、作文も一文が長いです。。

    Z会一旦止めているんですけど、社会が分かりやすいようで、続けるか検討しています。

    全統小の保護者会では、予習シリーズの国語で、いろんな文章を読んで疑似体験するということをお勧めされてました。

    返信
  9. こんにちは。

    ぷりんさんへ
    おはようございます。
    そもそも、作文の書き方を指導できる先生は非常に少ないと思いますよ。
    作文の添削は出来ても、先生自体がまともに作文できなくても不思議じゃないです。

    作文・読書感想文・(小)論文
    全部書き方が全く違います。
    それは、親が教える事ではないでしょうか?^^

    返信
    1. ぷりん

      こんにちは。さんへ
      先生は一応、大学で教育を学んでいますからね、普通の親よりは「教える」ことに長けているはずです。国語科専門の小学校教員で指導のうまい先生はいらっしゃいます。ただごくわずか。
      親が教えるのは基本社会生活に関わる部分で、勉強を親が教えるのなら学校は必要なのかというそもそも論に陥ってしまいます。→頼りないのでやってますが。
      作文指導は、親も知らないけど先生も知らないというのが実情ではないでしょうか。
      高学歴親が自分の経験で指導することは出来ても。
      だから意識格差、情報格差というのはとても大きいと思います。
      ここには啓発的な意味をこめて書き込みました。

      返信
  10. 打たれる管理人 投稿作成者

    皆さん コメントありがとうございます。

    先ずは、小学校の作文について。
    私は文章を書くのが非常に苦手なので、自分のことは棚に上げて意見を述べますね(汗)。

    卒業文集は背伸びしまくった文章がズラリと皮肉っぽく書きましたが、これは皆さんが心配している通りです。
    思わず、「これ、どうやって書いたの?」と聞いたぐらいです。
    どうやら、幾つかのパターン(過去のサンプル)から選んで書いたのが原因のようです。
    他校のお母さんと話す機会がありましたが、どこも同じような感じでした。
    うちの子は皆と同じが嫌いなので、パターン化の仲間入りはしていませんでした。
    まともなレベルでしょう。

    皆さん、対策を色々とされていますね。
    うちは学校から返却された作文を読んで不安になり、主人も含めて(→自信がないので巻き込みました)家族で感想会のようなものは何度かやりました。
    なぜそんなことをしたか?ご想像通りです(苦笑)。
    ちょっと不安に思っていましたが、卒業文集に目を通して「これはヤバい!」と思いました。
    機会があれば、卒業文集を見せてもらうといいです。

    小学校の先生は、大学で学んだ専攻にもよるかもしれません。
    だから、皆さんが作文などの添削は当てにならないというのは、あてはまると思います。

    ここでもうお分かりだと思いますが、我が家は薄っぺらい取り組みです。
    Z会の作文も一つの手ですね。
    大学入学新テストは、記述式のために国語は試験時間を20分増やして100分になるようです。
    4年後も理科・社会で記述問題が導入されるようですし…。
    理科の問題で80字。やっぱり私立中高一貫は先を見越して取り組んでいますわ。
    採点方法が心配ですが、もう対策していくしかないです。

    まだまだ書き足りませんので、また夜にでも。

    返信
  11. 打たれる管理人 投稿作成者

    皆さん コメントありがとうございます。

    明日明後日は、なんだか寒そうな天気ですね。

    夜にコメントします!と書きましたが、途中でまぶたが重くなりましたので、また明日にします(汗)。
    ・家族の会話
    ・読書の感想戦
    ・体験(はなまる学習塾も含む)
    などについてです。

    他のコメントに対しても、書き込みしたいと思います。
    いつもありがとうございます。
    私も勉強になっています。

    返信
  12. こんにちは。

    お疲れ様です。
    作文の指導には時間が掛かります。
    以前、動物園へ社会見学で行ったときも感想文が課題になりました。

    息子「動物園に行って楽しかった。。。以外書くことがない、みんな何書くんだろ?」
    私「動物園で何が楽しかったの?」
    息子「(少し考えて)。。。ライオン!」
    私「なんで?」
    息子「いつも寝ているのに、起きて歩いてたから。。。」
    私「じゃあ、それを書けば。。。」
    息子「わかった。。。(ライオンが歩いていたと書いている)」
    私「普段寝ていることも書かないと歩いている有難みが分からないよ。。。」
    息子「そうだった。。。」
    私「ヒョウとかは普段寝てないの?」
    息子「ヒョウやトラは普段から起きて歩いているよ」
    私「じゃあ、それも書かないとね。。。」
    息子「そうかぁ…直そう」
    私「後、楽しかったって言葉は使わないで書こうか。。。」
    息子「じゃあ、なんて書くん?」
    私「楽しかったとか、可愛かったとか、面白かったとかの感想の言葉を使わないで書くのが作文のコツなんよ」
    息子「どんな風に?」
    私「例えば、ゆうちゃんは可愛いでしょ?」
    息子「うん。。。」
    私「ゆうちゃんは可愛いと書かずに可愛いのを表現するのは細かく説明するの。。。」
    息子「パパならどう書くの?」


    ゆうちゃんは、髪がサラサラでクリっとした大きな瞳をしている。。。
    肌は白く長い手足。。。
    ぼっちゃりしたホッペで、笑うと周り中を明るくするような笑顔をする。
    どうしてあの親からこの子が生まれたのか謎だ。。。

    息子「(大笑い)ゆうちゃんのママが怒るよ♪」
    私「(笑)でも可愛いのは伝わるでしょ?あと字数が稼げる!(笑)」
    息子「確かに、、、パパは誰に教わったん?」
    私「普通は本をたくさん読んで覚えるんだよ。。。(笑)」
    私「作文は、自分と同じ感想を持ってもらうように、状況を細かく説明するのが大事なんよ」
    息子「どうやったら、上手くなる? 」
    私「小説をたくさん読むのが近道かな?」
    息子「そんな暇ないし。。。難しいなぁ」
    私「絵画と一緒だよ。。。ストレートに書かずに気配で語る、だから両方芸術なんよ」
    息子「よ~わからん。。。」

    っと自分の息子なので1時間くらい話しました。。。(笑)
    色々、話していると文章がどんどんよくなるのが解ったようです。
    この後から、感想文の宿題は私がいる時に書くようになりました。

    っと、こんなのんびりした説明、学校という環境では無理だと思います。。。(笑)

    私は、作文には基本の型があるのでまず「真似る」事から始めるのが王道だと思います。
    そして、書く内容の確認→構成→文章の推敲

    「猿真似」とか「パターンの真似」とか言うのは、基本の完成した人での話で
    学習途中の子供に個性を要求する事は間違いだと思います。
    レベルが低いうちは、先輩の真似で良いんです。
    ただ、「お手本より良い文章にしよう~」っとハッパを掛けるのが大事です。

    良いものは取り入れるのは基本です、パターンや書き方は意外とポイントが少ないので
    全てマスターしてしまえば、その上のレベルに行けると思います。

    返信
  13. ぷりん

    おはようございます、管理人さん。
    こんにちは。さんに丁寧に作文指導のやり方を解説していただけました!やったー!
    会話が大切であることがよくわかりましたね。
    作文指導が上手い先生は、自分の経験を引き出すヒントを出しながら王道である「真似る」文章を書かせていきます。授業参観や研究授業を覗くといろいろ発見があります。
    実は私、結婚当初、某社の高校生向けの小論文添削のバイトをしていました。
    その時の話をしたいなと思いながら、まだ文章が纏まりません。気がむけば……。

    返信
  14. 打たれる管理人 投稿作成者

    皆さん コメントありがとうございます。

    おはようございます。
    続きです。

    家族の会話は本当に大事です。
    我が家も力を入れているところです。
    >「大好きな人に、伝えたい事がたくさんあるか?」
    →おっしゃる通りです。
    「うちの子はあまり学校のことを話さない」と嘆いているお母さんは多いです。
    論理的に相手に分かりやすく話すことが大事です。
    うちにも一文の長い子がいますので、たぬ吉さんのおっしゃっていることは良く分かります。
    ※一緒にしてすみません!!

    読書の感想戦は我が家もたまにやってます。
    以前、ぷりんさんにこのことを指摘され、最近やってなかったな…と反省したものです。
    つい最近だと、ネタ元は菅さんの「身の丈に合った勉強法」です。
    コメントで教えてもらい、面白そうだったので。
    たぬ吉さん、ありがとうございます。
    実は、勝手に子供が読み始めてしまいました。
    芸人さんが書いた本なので面白い!!ケラケラ笑って読んでました。
    「エアー授業」なんて家族の会話でよくやってます!
    まさかこの本で感想戦をやるなんて思ってもみなかったですが、なかなか面白い感想戦となりました。
    我が家は読書感想文の課題図書が次の題材になりそうです。

    感想文の書き方は、こんにちは。さんのが参考になりますね。
    やったー!(私も便乗)
    いつもありがとうございます。
    ぷりんさんは文章がとても上手ですが、バイトの経歴を知って納得しました(笑)。
    いつでもお待ちしております。

    >私「楽しかったとか、可愛かったとか、面白かったとかの感想の言葉を使わないで書くのが作文のコツなんよ」
    これは、私も非常に気になって「ダメ」と言ったことがあります。
    出来事をズラズラ書いて、最後に楽しかったです。
    →低学年お決まりパターンです。
    ここを脱却しないと、次のステージには進めません。
    良いものを真似ることは上達する上で重要だと思いますが、言葉を当てはめるだけでは、お手本より良いものとは程遠いでしょうね
    個性については、模試はダメですが卒業文集はOKと読んでいて思いました。
    たかが卒業文集でしょうが、他の子が書いた作文をじっくり読む機会なんてなかなかないので、色々と思うところはありました。
    この子はやっぱり違うな…とか。その逆も…。これ以上書くのはやめておきます(汗)。

    体験は大事でしょう。
    氷や動物も実際に体験しないと上手く書けないでしょうし。
    この辺も多くの親が感じているはずです。
    これを手っ取り早く子供に体験させるには、はなまる学習塾のようなものもあります。
    ※すみません、先に野外体験について書きます。
    テレビ等で紹介されているようですが、年々増加傾向にあるようです。
    忙しい親にとってみたら、お金で解決できるので有難いでしょう。
    本当は親が連れて行ってあげないといけないけど、親はできないからせめて子供だけでも…。
    1回体験したぐらいでどうなの?と思いますが、経験ゼロよりはいいでしょう。
    体験のプロが用意したプログラムをこなす。楽でしょうね。
    以前、オクラが成長せず枯れてしまった話を書いたと思います。
    連作障害と断定し、子供たちと一緒に新たに土とオクラを買ってきました。
    またダメだったら、考えるようです。

    返信
  15. タムタムママ

    最初はマネから、それは、もちろん作文でもそうですね。

    だからこそ、あまり早くから小学校低学年から背伸びした文章は書かせない方が良いでしょうね。
    大人びた表現でまとまりのある文章が書けるって、ちょっと危険ですよね、よくよく考えると。
    本人の感情が伴っていない文章が書けることを大人が褒めたり評価したりすると、子どもは本当の感情がだんだん麻痺してしまいますから。

    大人も仕事だと割り切って本当の感情を押し殺していると、本来の自分の感覚を失いかける事ってありますよね。
    子どもは割と簡単にそうなります、本来素直で、感受性の豊かな子ほどその影響は受けやすい。
    そう考えると、作文指導なんて高学年からで充分だと思います。
    まだまだ自分を作っている途中の子どもたちですから自分の感覚、感情を大事にして欲しいですね。

    記述式の問題対策は、ある程度コツ、テクニック乗り切るでよいですけど。

    作文で賞をとるコツは「本当は思ってもいない事でも、大人うけしそうな事をツラツラ書き連ねる」で簡単にとれるんだなと私は子ども時代感じました。そんな感情は自分の子にはなるべく幼い時は抱いて欲しくないので、作文は下手っぴーで良いが我が家のスタンスです。
    親子の会話は、幼児期から意識してますけど、賢くたくましく、優しく、でも変に大人びた子ではない、が私の理想かな。

    返信
  16. ポン吉

    管理人さんこんにちは。

    おしゃべりは長いのに記述式の問題が苦手な息子、やはり作文は親が丁寧に指導しなくてはいけないと気持ちを新たにしました。みなさん有難うございます。

    さて、はなまる学習会ではありませんが、はなまるから派生した類似団体の野外体験に息子を送り込んだことがあります。
    理由は簡単、親の苦手科目だからです。ご指摘の通り「経験ゼロよりまし」との考えです。
    でも結果的には良かったですよ。疲れてすぐ動けなくなる高齢の父母と違って、若い男の先生がたくさん遊んでくださるし、初対面も含む異年齢の子供たちが何十人も集まってグループを作るのです。子供も、親と出かける時とは違った一面を出せたりします。ママにべったりの一人っ子さんで、スポーツチームなどにも属していなければおすすめですよ(^▽^)/

    返信
  17. 打たれる管理人 投稿作成者

    皆さん コメントありがとうございます。

    個別にお返事させてください。

    >バナナヨーグルトさん
    拙い文章がズラリですが、興味深い内容と仰って頂きありがとうございます。

    超高学歴夫婦のご家庭を知ってますが、早期教育に子供たちは潰れそうです。
    子供たちから聞く限りでは、あれじゃ息が詰まります。
    中学受験組ですが、受験まで大丈夫かしら?と思ってしまうぐらいです。
    子供の勉強は、高学歴親の子が有利ですが、こんなご家庭もいるということで。

    うちの中1は下の2人と違って、低学年はあまりやらせていませんでした。
    小2になり、「そろそろ勉強も…」とZ会グレードアップ問題集をやりましたが、この問題集を終わらせるのに非常に苦労しましたね。
    小6の6月の全統小をきっかけに随分とマシになりましたが、基本はやっぱりのんびり(悪く言えば怠け者)な子です。
    もしかしたら、うちの子のように苦労されるかもしれませんね。
    ※一緒にしてすみません!!

    クレイジージャーニーのページも見て頂けたようでありがとうございます。
    あれからも変わってませんね。
    昨日も家族全員で見ました。
    やっぱりクレイジーな方々の突き詰める姿勢は素晴らしいです。
    他は21時からのニュースウォッチ9でしょうか。
    ニュースの内容を通してあれこれ話をしています。
    日曜の夕方は、笑点→バンキシャ!コースです。
    今日は、家族の会話が盛り上がりあまりみていません…。
    だから、子供たちはちびまる子ちゃんやサザエさんをあまり知らずに育ってきてしまいました。
    学校で話題になったとき、知らなくて恥ずかしい思いをしたようです…。
    お気をつけください(苦笑)。
    ドラえもん・くれよんしんちゃんは毎週録画して週末にみています(汗)。
    ちこちゃんは、気が向いたときに見ているようです。

    はなまる学習塾はどうなんでしょう。
    塾の方は身近に通っている子がいないのであまり分かりませんが、ちょっとお値段が高額ですね。
    それでも、公文よりは安い?
    あまり詳しくなくてすみません。

    >なななさん
    うちの3人も同じようなもんで、クラスで1、2番を争うレベルです。
    蛙くんってわかっただけでも大きな成果だと思いますし、蛙くんなら全国レベルで争っていかないとめちゃくちゃ勿体ないです。
    おっしゃっている「思考力と忍耐力、集中力」が1年後(小5)でそのまま差になります。
    ライバルの子達も含め、どうなっていくのか?
    5年生が分かれ道になると思います。
    『今を』大事にしたいですよね。
    自発性はうちも苦労しました(過去形ではないですね…まだあと2人いますので)。
    中学入学までに自ら学ぶ姿勢を身につけていれば大丈夫だと思います。
    まだ3年の猶予があります(苦笑)。

    全統中の結果が分かりました。
    本人は、やっぱり中学受験の内容で思考力を鍛えたのが良かったと言ってます。
    明後日ぐらいまでに更新できればと思います。

    >こんにちは。さん
    うちも論理エンジンJrとハイレベ読解力をやってますが、正反対な問題集ですよね。
    出口は解説が充実していますが、問題数が少ない。
    ハイレベはおっしゃる通り、解説が微妙です。
    解説はないに等しいです…。
    うちの子も読み物のような感じで先に読んで、それから問題を解いていました。
    主人は国語で勉強時間を取られるのは勿体ないから、他で稼げばいいと言います。

    算数は最後の問題まで解いているので、きっと前半は超スピードで解いていったのでしょうね。
    妙に納得してしまいました(笑)。
    うちの小5は社会の高得点に浮かれてますが、どうなることやら。
    全統小は結果が出るまで長い!!
    この期間は本人達もソワソワしてます。

    続きはまた明日にします。

    返信
  18. こんにちは。

    おはようございます。
    昨日も高速1.5時間走ってサッカーの試合に。。。
    6戦4勝2敗 3ゴールでした。
    エースストライカー不在の中、みんなよく頑張りました。^^
    だいぶ、強いチームになってきたと思います^^

    今週中には全統小の結果が出そうですね。。。
    今週は、公開解説授業で復習予定です^^
    特に国語の授業はありがたいですね~

    ちなみに、今週の日曜も模試
    来週は卓球教室
    再来週は地元アリーナのプール開きとボーリング大会

    うちの子の6月は超多忙です。。。^^;

    タムタムママさんへ
    スタンスは良く解ってますよ^^
    しかし、だからこそ真面目に「真似て学ぼう」としている子供に対して「猿真似」などと言う
    侮蔑的な言葉は選ばない方が良いと思いますね。(笑)

    ちなみに、低学年だからと言う考え方は間違ってますね。
    正しくは、子供の精神年齢を見極めて。。。です。
    私も精神の未成熟な子供に作文の書き方を教えるのは反対です。

    返信
  19. ステム

    こんにちは。全統小を受けてほしかったのに息子に逃げられたステムです。早いうちにショックを受けてほしいのに、お恥ずかしいかぎりです。

    我が家は小1、2と作文添削のぶんぶんドリムをしていました。作文力に繋がったか分かりませんが、月2回の提出課題にはコツコツ向き合っていました。小1、2と読書感想文を県展特選に選んでいただけましたが、教育的な本を選び、最終行まで書き、健全な内容なら学校代表までは行けると私も感じました。その先に行くには…キラリと光る何かがあったと思いたい(笑)スローな息子にも何かあると信じてやりたい親バカです。後日全国展で選ばれた作品を読みましたが納得で、県展止まりと全国区の違いを生むのは、経験が響く感性だと思いました。

    感想文と違い試験では、時間制限とプレッシャーの中で要点をまとめ、考えを表現する技術がなければいけないのですね。気が遠くなりそうですが、倦まず弛まず息子と歩もうと思います。

    Z会の中学受験コースは今のところ問題なく進んでいます。進度が早いのは数学だけかと思いきや、国語の読解問題の尋ね方に始め苦戦しました。「書きぬきなさい」「文章の言葉を使って〇文字以内でまとめなさい」「答えが含まれる文の最初の5文字を書きなさい」など。色々な質問様式にようやく慣れたところです。

    いまさらのGWですが、我が家は100名城スタンプを集めてきました。完全に私の趣味です。「美味しい海鮮丼」で家族をつり、川中島の戦いの地から日本海側に出て上越春日山城、越中長岡城、信州上田城、小諸城を訪れました。城萌えツアー、次はどこにしようか思案中です。

    返信
  20. 打たれる管理人 投稿作成者

    たぬ吉さん コメントありがとうございます

    全統小お疲れ様です。
    今日から動画解説が始まり、早速うちの小5が算数と社会を確認していました。
    間違えた問題は次に出来るようになればいいですよね。
    きっと悔しい思いをしたと思います。
    うちの子達も毎回そんな感じです(汗)。
    娘ちゃんも、実際に模試を受けて自由自在レベルに取り組む理由が分かっただけでも大きな一歩ですよ。

    定期テストと塾の関係は気になりますよね…。
    塾はビジネスなので、やっぱり対策してきますね。
    実は、「塾ずるい」と家で話す出来事もありました。
    塾通いする?と聞きましたが、まだいいや~と。
    やっぱり塾は情報を持ってます!!

    うちの子もやっぱりZ会は分かりやすいようです。
    現在、撃沈した小3の子のてこ入れ中ですが、資料請求してもらえるZ会ダイジェスト版は問題なさそうです。
    一つ一つ確認をしていくしかないです。

    すみません、続きはまた明日に。
    全国統一中学生テストの結果も明日には更新できそうです。

    返信
  21. ななな

    作文添削の話題が出ていますね。
    『清水義範の作文教室』という文庫本が早川書房から出ているのですが
    なかなか面白いですよ。

    愛知教育大学卒の作家、清水義範氏がされている作文教室での、
    作文添削が載っています。
    小学生が実際に書いた文章がたくさん載っていて、読んでいて微笑ましいです。

    夏休みに書店に寄った際、読書感想文コーナーで見つけたのですが、
    視点が、よくある参考書的なものと全然違います。

    この本を読んでも、お受験の参考にはならないでしょう。
    でも、子供に作文を書かせることの本質に近いものを見せてもらった気がします。

    子育ての息抜きに読んでも、色々と考えさせられて、よい刺激になります。
    文庫本で量も多くないので、サラッと読めます。

    もう読まれた方もいるかもしれませんが、
    もし気が向いたら、よろしければ一読してみてください。
    すごく面白かった。

    返信
  22. 打たれる管理人 投稿作成者

    皆さん コメントありがとうございます。

    全統小の公開解説授業は、なかなかの長丁場ですね。
    うちの小5は数学と社会、小3は明日から始動です。

    子供っぽい・子供っぽくない話ですが、おっしゃりたいこと分かります。
    うちの子の同級生に、すごーく大人びた子を知ってます。
    タムタムママさんも懸念している習い事+塾でビッシリのようです。
    学校終わって友達と遊んだという話は聞いたことがないとか。
    うちの子達は良くも悪くも子供っぽいので、どうしたらこのような子に育つのか?ちょっと興味はあります。

    >こんにちは。さん
    スポーツ漬けですね(笑)。
    前にボウリングに行きましたが、横のガーター防止をつけている家族が多かったです。
    確かにガーターばっかりだとつまらないですが…。
    うちは、結局最後の方でつけましたが、次は絶対につけない!と決めています。

    >ポン吉さん
    視野の狭い発言でしたね。
    失礼しました(笑)。
    うちは、部活動やスポーツチームを通して異年齢交流がありますね。
    ”異年齢交流”とあると良いイメージですが、スポーツの世界の上下関係はやっぱり大変そうです。
    礼儀は3人とも上手くやっていくために学んでそうです。

    >ステムさん
    うちの中1なんて小5からの受験です。
    撃沈した末っ子は、11月はリベンジしてやる!って言ってます。
    もう受けないと言われなくてホッとしています。
    模試は申し込みするまでが大変だと思いますね。
    Z会の中学受験コースが順調なら、手ごたえもありそうです。

    読書感想文の県特選って凄い!!
    学年代表ですが、昨年度は最終決戦までうちの上2人が行ったようですが落とされました。
    非常に悔しかったようです。
    ちなみに、ステムさんが「最終行まで」とありましたが、これ大事です!!
    うちの子の内容は良かったそうですが、中途半端な字数文字だったので落とされたと聞きました。
    これ、論外のようです。
    皆さん、お気をつけください。

    城がお好きだったとは!!
    我が家も城は好きですが、ステムさんの城萌えツアーは知らないところばかりです(→すみません!!!!)。
    ビックリしました。
    少し前に写真をのせましたが、白すぎる姫路城は綺麗でしたね。
    階段が急で、おばちゃんは足がちょっと震えました(汗)。

    >なななさん
    ご紹介ありがとうございます。
    私も過去に読書感想文の書き方のような本を読みましたが、おっしゃる通りよくあるごく普通の参考書でした。

    うちの子達は課題図書は読みましたが、まだ感想戦をやってないのでその前に読んでみます。
    図書館で予約しました(笑)。

    返信
  23. ぷりん

    こんにちは、管理人さん。
    総合偏差値74はすごいですね。うちは中学受験時に算数と社会でしか見たことがない(笑)。男の子の本気モードはやはり頼もしいですね。

    さて、つらつら考えていたんですが。
    タムタムママさんの書かれた「猿真似」文章というのは、表層的な上っ面の文章ですね。上の子が小1のときの夏休み明け参観日、壁に貼られた作文を読んでいると、川魚をその場で調理して食事した経験を書いたものがあり、血抜きをする場面が残酷だったけど、私たちはこうして他の命を頂いて生きているんだ、だから残さずに食べようと思ったとか書いてあり、度肝を抜かれた経験があります。
    隣の作文は「夏休み、プールに行って楽しかったです」程度の文章、しかも「プール」が「プルー」になっていたりするのに、なんだ、これはと思ってしまいました。「キャンプに行って虫取りをしたけど、夜のBBQの方がずっと美味しくて良かった」と書いてある作文の方が、よほど子どもの気持ちが書けていると。
    対してこんにちは。さんの書かれた「真似」から始まる文章。私も確かにその通りだと思います。言い古された言葉ですが、「学ぶ」は「真似ぶ」からきた言葉です。

    では、この二つは一緒のものなのか、はたまた違うものなのか、あるいは混同してしまっているだけなのか。
    小論文添削のバイトをしているときに注意されたことがあります。それは「駄目出しをするのではなく、提案を行なうこと」です。こう書けばいいと書き添えてくださいと。
    うちの下の子も読書家で作文は得意なので、いろいろと学校代表で書いてきています。そのたび「直し」が入るのですが、家に持ち帰ってもやりません。理由を聞くと「先生が直すから、私がやっても無駄なんだよ」と言うのです。
    「ここ、わからないから書き直して」と言われ、何回も文章を直した経験しかない私には「?」でした。小学生のときは、作文の一箇所くらいを先生に指摘され、その場で直してきました。書き直したものが良かった場合、先生は「さっきの文章より、こちらの方がわかりやすいでしょう」と説明してくれます。中学にあがると指摘箇所は増え、その場で直していきます。高校になると、国語の記述は本文の引用の仕方、論理的な文章を書くこと、これはしつこく言われました。
    かつてそうだったはずの作文指導が、今は「こう書きなさい」という形式に変わってきたのです。自分で考えて書いていた文章が、今はフォーマットが決まっていて、それに当てはめるように埋めていく感覚、まさにコピペ文化の土壌になっているのだと思います。これは「猿真似」でしょう。
    かつての作文指導では自分で直さなければならないので、迷った挙げ句教科書や本から借りてきたフレーズを使ったりして工夫します。それが「真似」ですね。
    小中高と長い年月をかけて磨くはずの文章力が、効率を求めるあまり形を決めて当てはめるパズル感覚のものになってしまい、自分の考えを言葉にするより得点できる文章を書くことに重点が置かれているんだと思います。
    「猿真似」と「真似」は似て非なるものです。学校で出来なくなっていることは、やはり家庭で補わなければなりません。この力は、のちに読解力にもつながりますし、社会人になってからも大切な能力なので、時間のかかることゆえ是非子どもの小さいうちから取り組んでいきたいことだと思っています。

    返信
  24. 公立小兄弟の母

    こんばんは^^
    なかなかコメントに参加できずにいますがみなさんのご意見、大変参考にさせていただいています!

    先日、愚痴っぽくなってしまった次男の多すぎる宿題に関しては、「我が子の能力に合わせて必要か否かを考えて自宅で量を調節している」というようなご意見を参考にさせていただき、未だ毎日出され続けていて完全に無駄だと思っている一年生の復習(計算カード)は私の判断で省くようにし、さらに、少しでも次男の負担が減るようにと先日あった学級懇談会で担任に意見させていただきました。
    ・宿題の量が多すぎる(30分で終わる訳がない)
    ・繰り上がりの足し算引き算は流石にもうやらなくても良いのでは?
    ・音読で長い話の時も初見から全ページ(8ページとか)読まされるのはなぜ?(←長男の時は、担任がページを区切って分けて宿題を出してくれていた。同じ話なのになぜ負担が違う?)
    など。担任の答えは、「30分で終わる量のつもりで出しています。多いですか?計算カードは(まだ今も)必要です!」などと返され唖然としました(汗)漢字の書き取り、計算ドリル筆算20問とか(しかも筆算の式の線には必ず定規を使う決まり)、計算カード2種類、音読(物語全ページ)。当然、字は綺麗に書かないと✖️。筆算の式の線を定規を使って書かなければ✖️。。(←計算があっていてもやり直しのようです。汗)
    これを、繰り上がりの足し算引き算が未だできないレベルの子どもたち(長男の学年と比べても、学年全体的にレベルが低いです)に30分以内で全て終わらせろとか無理難題すぎて(次男は計算は早いのですが、【字を丁寧に綺麗に書く事】にめちゃくちゃ時間がかかるのです。あと、定規を使ってまっすぐに線を引くのもまだ下手で何度も書き直します。汗)(*_*)
    先生に直接言ってダメだったので、我が家流でやるしかないと、こちらのサイトのコメント欄から対応策を思いつき実行しています!最近は少し負担が軽減され、次男も以前のペースで自宅学習ができるように戻って来ました!!

    子どものお手伝いに関しても、「子どもを同僚と見て対応している」の一文を拝見し、なるほど!!と目から鱗でした!子ども扱いではなく、対等に考え、ただし伝え方には気をつけて子どもたちがきちんと理解できるレベルで順を追ってきっちり話す(説明する)と言うのはとても名案だと思いました!私もそうしてみようと実践中です^^

    作文に関しては、本当に管理人さんやみなさんのおっしゃる通りで「面倒だと思わず、やっぱり取り組まねば(汗)」と改めて思わされました。文章は、自分で考えて書かないと上手くならないですよね!うちは作文がまだ下手なので、今日から「かわいい」「楽しい」「面白い」などを使わず違う言葉で表現する練習をゲームみたいにして子どもたちと取り組んでみようと思いました!頑張ります!!

    そして、全国統一テスト!長男くんすっごいですね!!!偏差値74なんて凄すぎて、なかなかお目にかかれないと思いました(笑)うちは受験しませんでしたが、みなさんのお話を読ませていただくと小学生のテストも難しいのですね。。
    管理人さんがいつもおっしゃられている「井の中の蛙」。その意味よーーーく分かります!が、みなさんの率直な感想を読ませていただき、長男はそろそろ挑戦してみても良いかも?と思うのですが次男はまだ(受けなくて)良いかなとも思いました。長男は学びたい意欲、知らないことを知りたい欲(勉強する意味を理解できてきたのだと思います)がだいぶ出てきていて。力試しのためにチャレンジ出来そうですが、次男にはまだいろいろ早そうだなと(^◇^;) そんな次男も学校のテストは100点ズラリをキープできていますが、全国模試を受ける意味が理解できる年齢じゃまだない気がしたのでした。
    次男に関しては、【挫折(現実を知る)】にはまだ早いなと(笑)今はまだ、学ぶことは楽しいことだと言うことを何よりも知ってほしい。今特に、日々の宿題に追われるだけの毎日(楽しさが一ミリも無いただの苦行になっています)なので、本人の性格も考慮しさらに全国模試でボロボロにされる(笑)にはまだ早いと判断しました。
    もう少し年齢も精神的にも成長したら、次男も参戦させようと思います^ ^ 長男は、11月に第二回(があるのですか?)からチャレンジ出来たら良いなと思いました!まずは申し込みからですよね!!申し込み時期も何も知らないので、近所でテスト受けれる場所を探さねばです(笑)それにしても、全国模試はマークシートなんですね(驚)

    模試も英検も、本人の自信に繋がるレベル(本人のできる・わかる自信と、英検ならば一か八かではなく確実に合格するレベル)に到達してからチャレンジするのが我が家流です(^^) 最初からボロボロの現実を突き付けるのではなく、ある程度はできているがそれ以上に難しくて出来ない問題に出会うことで闘志に火をつけると言いますか(笑)英検だと、8割9割できていても決して10割ではないのと同じです。
    兄弟2人、それぞれの底上げ頑張ろうと思います!!

    管理人さん、いつもたくさんのコメントのお返事お疲れさまです^^

    返信
  25. 打たれる管理人 投稿作成者

    皆さん コメントありがとうございます。

    >ぷりんさん
    ぷりんさんのお陰で卒業文集の謎が解けました(笑)。
    ありがとうございます。
    それにしても、ぷりんさんの論理的思考力は素晴らしいですね。
    私も記載したいので、また明日に書き込みます!!

    >公立小兄弟の母さん
    数学もよかったですが、やっぱり英語が効いてますね。
    英語は武器になります。
    中学受験をしなかったので、算数・国語・英語を中心にやってましたが、これで良かったかなと。
    何だか、担任の先生は微妙ですね。
    突っ込みどころ満載です。
    あと、後半の模試や自信の話も非常に興味深いです。
    私も記載したいので、また明日に書き込みます!!

    返信
  26. タムタムママ

    ぷりんさんの、猿真似と真似、のコメント、感服です。m(_ _)m
    本当に、効率化を教育に求めるのは間違ってます。

    コピペ作業に比べたら、まだ猿真似の方がまし、というか最初は猿真似でも良くなりたいという思いが本人に芽生えてくれば少し時間がかかっても時期に良くなっていきますよね。

    本当に、コピペだらけのレポートを出すような大学生にはなって欲しくない…

    公立小兄弟の母さん。
    我が家は宿題は先生には、家庭で調節しますねと言いつつ具体的な手のひらはあまりみせてません(笑)
    さらに、あまり連続して同じ文字を書くと、頭がチカチカしてしっかり眠れなくなるんです、と少しオーバーな盛った表現をしてみたところ、かなり配慮いただけるようになりました。

    漢字小テストでたまに再テストになる事がありますが、間違えた漢字を通常はプリント一面のマス目にぎっしり書くようなきまりらしいですが、我が子は一回だけ書く、で先生が丸してくれてます。
    その後のまとめテストで漢字は書けてますから、その結果を見て先生も何も言ってきません。

    多分細かく説明しても、今の先生の多くはマニュアル回答しか出てこないだろうなぁと。最近の学校は若い先生が多く中間層の学年主任を務められる先生が育っていないので、先生の力に任せるのではなく、学年統一の宿題やルールなどマニュアルで縛って運営しているように見えます。

    先生も、本当にその宿題で何が得られるか、効果を検証して出してはいないのでしょうね。
    ましてや、その子にあった個別の内容なんて物理的な勤務時間の制約もあって、配慮できないですものね。。。
    さらに先生たち世代も、根性論が刷り込まれてるようにも見えます。ひたむきな努力は裏切らない、と。
    正しい適正な目標に向かって、正しい努力をしたら、の話なんですけどね。乱暴に「とにかく回数を重ねれば何か得られるはず」と思い込みそれを生徒に押し付ける。
    ここはもう、家庭での工夫、で乗り切る、避け子どもを守るしかないですね。

    きちんと子どもの理解力を確認しているうえでの、宿題制限はとてもいいです。正常な健康的な、穏やかな日常生が得られます。
    さらに本来のやる気、考える気力が保たれますから、我が家は、問題集の難しい問題も自ら進んでやるようになりました。日に難問一問を20分以上かけてやるのですが、そもそもそれが苦じゃなくなるようですね。

    難問を解いてほしいから宿題量を調節しているわけではありませんが、本当に必要なのかどうか考えぬいた結果作業的な宿題は「我が家には不要」となりました。

    教育基本法にも、子の教育に第一義的責任があるのは保護者だと記されています。
    学校でも先生でもないんですよね、学校で学力つかないと先生に文句をつけてる親もいますけど。。。

    因みに、子どもには、授業で先生の話をしっかり聞いてその場で理解する事が大切、その上で理解できてるなら宿題は必要な量を親が責任者をもって調節、減らしてるだけ。本当に必要な宿題、全ての課題をやらなくてよいと言う事ではない。
    と言うことは何回か言って聞かせてます。学校は無意味なのだと勘違いされても困りますから。(^ ^)

    返信
  27. ピンクヒコウキ

    管理人さん、いつもありがとうございます(*^^*)

    大学入試改革について知っている人がほとんど、その中で忠実に行動に移している人は少ない現状
    仰る通りですね
    公立小中ですら放置に近い現状に家庭での取り組みの必要性を感じます
    そんな中、管理人さんやblogにいらっしゃる方々は確実にお子さんの真の論理力学習に取り入れていて同学年さらには中高の親御さんからのご意見は本当に勉強になります
    その取り組みを参考に学ぶことができ感謝しております

    作文力…(/。\)現在小3ですが模索し続けています

    記述力、作文力は一朝一夕で身に付くものではないので
    4月から始めました基礎英語の様に平日15分楽しく!をモットーに”書く力”に対するアプローチ低学年、中学年向けに皆さんオススメがあれば御教授いただきたいです

    まずは課題図書!余裕のあるうちに一通り借りて感想戦ですね!!

    返信
  28. ぷりん

    気になったもので、すみません。

    ”公立小兄弟の母さん”さん
    学校の宿題が多くて時間がかかることが問題、ということでよろしいでしょうか?
    「繰り上がりの足し算引き算が未だにできないレベルの子どもたち」に1年生の復習である計算カード、そして2年生の学習の定着を図るために漢字、計算、音読は適正な宿題内容だと思われますよ。30分で終わらないから無理難題なのではなく、30分で終えられるように勉強しなくてはならないんです。先生はそう考えて、宿題を設定しています。
    お子さんも「定規を使ってまっすぐ線を引くのもまだ下手」なのなら、上手に出来るように工夫すればいいのです。できないから無理!は社会に出てから通用しませんよ。
    クラスの他の保護者さんはどう考えてらっしゃるんでしょうか?コメントからは窺えませんが、先生はクラスの学力をきちんと把握して宿題を出されているようです。感謝されている方がいらっしゃるかもしれません。

    かつて「2年生で学力は固定される(仮)」といったスレッドがありました。(タイトルはうろ覚え、すみません)
    やはり積み残したまま、カリキュラムを進めるのは心配です。学級崩壊の原因の一番は学力ですよ。今がわからないのに、次々に新しいことを学んで行かなければならないストレスと、家庭での問題のダブルで荒れるのです。その芽を今のうちに摘んでくれていると考えた方が気楽です。
    宿題を30分で終わらせたい理由が、「以前のペースで自宅学習ができるように」という理由からなら本末転倒です。自宅学習はあくまで個人で進めるもの、家庭の事情によるものですから、そのために学校に宿題を減らしてくれというのは、中学受験塾の勉強が大変だから学校は宿題を出すなと言う親と同じです。

    まず、先生の仰る通りやってみることをお勧めします。
    やってみて、工夫して、努力して、頑張って、それでも無理でしたか?平日の自宅学習はひとまず休み、30分でやりきる努力を続けてみてください。上手くいかないなら、先生に個々の問題にかける時間はどの程度を想定しているか聞いてみてもいいと思いますが、たぶん、1週間から2週間のうちに出来るようになると思いますよ。嫌々やると効率が下がります。
    やってみてわかる先生の考えというものもあります。

    厳しめの意見を書きましたが、自分の都合を優先する考え方は禍根を残します。子どもはそんな親の姿を見て学んで行きます。
    まだまだ時間はたっぷりあります。焦らずに、どっしり構えましょう。

    返信
  29. 公立小兄弟の母

    タムタムママさん、ぷりんさん、コメントありがとうございます!!

    ぷりんさん。まず、私の書き方が悪かったようで大きな誤解を招く形になってしまったこと、大変失礼いたしました。やはり、文章のみでみなさんに自分の考えを伝えるのは難しい事だなと痛感しました。

    弁解させていただきます。宿題の量ですが同じ学年の他のクラスの子と比べてもとても多いようです(違うクラスのお母さんたちに聞いたら種類は同じでも量がちがうようで「それは多いよ!!そんなにあるの、次男くんのクラスだけなんじゃ?こっちは違うよ」との意見でした)。そして、同じクラスの保護者の方もみんな「1時間以上、いやもっとかかる。どうにかならないか?」と口を揃えていました。←2年生の漢字ドリル、計算ドリル、音読の3種類が宿題として【適正】であるのは私ももちろん理解しています(長男の時を見ているので)。
    【早く終わらせる努力】もやっています。いろいろ工夫もしています。なので、私の中ではぷりんさんが仰られる「宿題が多くて時間がかかる事が問題」なのではありません。

    うちの次男は、繰り上がりの足し算引き算、4月の時点でも普通にできていました(タイムアタックにしているので元々ダラダラなんてやりませんし)。ずっとできているにも関わらず(復習テストももちろん100点です)、GW前まで連日だされた2年の宿題+120問くらいの一年生の復習である繰り上がりの足し算引き算の宿題。親である私が見てもウンザリする量だと思いました。新学年で環境の変化もあり、毎日疲れて帰って来るのに簡単(できている子にとっては)だけど、数が尋常でない山のような宿題が毎日。しかも、それをやる理由が「クラスの2/3が繰り上がりの足し算引き算がまともにできないから」でした。簡単なので計算は数分で終わりますが、その後の長い長い音読、丁寧に綺麗に書かなければいけない漢字書き取りまでいつも集中力が持たず、毎日2時間くらいかかりながら泣きながらこなしていました。うちの子だけでなく、他のクラスメイトも同じだったみたいです(保護者の方、みんな仰っていましたので。)。本人の頑張りとタイムアタックにしながら私が毎日横で見守り、褒めて励まし続け、数週間後には1時間弱くらいで終わるくらいに時間も短縮しています!

    私が言いたかったのは、上でタムタムママさんが書かれているような事でした。できないことを大量にこなす事で身に付けられると思われている節(つまりは根性論)が担任にある(ベテラン先生なので。)と思ったからです。
    音読に関しては、長男の時は、例えば全8ページ程の物語でしたら最初の数日は前半のみ。前半に慣れたら今度は後半。授業が進み全体が把握できてきたら通しで読む、と言うように段階を踏んでくれていたので初見+他の宿題をこなす事も合わせて先生が考えられる30分以内に終わるよう必ず工夫してくださっていました。最初から、読んだこともない物語(授業でもまだ触れていない)を全て読む事は新2年生にとっては物凄く難しい事ですし、私は適当にはさせないので毎日付きっ切りで読み方を教えたりしながらこなしていました。本読みだけで、ゆうに30分かかります。だって、まだ物語自体通しで習っていないですし、漢字も追いついていません。初めて見る文章です。繋がった文章の切れ目がどこなのか、本人がわからなくても不思議ではありません。これだと困る(本人が何を読んでいるのか理解していないため)ので、私がわかる範囲で必ず教えています。しかし。まだ2年生なので、1度教えただけではちゃんとできません。なので当たり前ですが毎日教えます。知らない話を自力で読むことは結構な労力だと私は思っています。←これも数週間経てばスラスラ読めるようにもちろんなります!
    だから、先生にそれも伝えた上で「なぜ、初見(まだ習ってもいないのに)で全ページ読む必要があるのか」と問いかけました。(音読以外にいろいろ言わせていただいたのでこの部分は流されてしまい、明確な先生の意思は確認できませんでしたが)

    うちの次男ですら、こんなに時間がかかる宿題です。繰り上がりの足し算引き算が分からない子達は真面目にやればもっと時間がかかりますよね。先生は明言されませんでしたが、「繰り上がりの足し算引き算はもう要らないのでは?」に即答で「必要です!」と答えられたことに先生の意思が込められている(要はまだできない)のではないかと思いました。
    恐らくみんな、宿題全部をちゃんとやっていないでしょう。(そもそも、親が見ていない家庭が多いから2年生がスタートしたにも関わらず未だに繰り上がりや繰り下がりの計算すらできないのだと思っています)できる子からしたら完全にもらい事故?巻き込み事故です(汗)自分はいつもちゃんとできるのに、同じことを大量にやらないといけない理由を私は次男に説明できませんでした。
    「苦行になっている」の意味は、上記の宿題(今となっては無意味な一年時の計算カード70問)が未だ毎日続いていて楽しさを見出せずにいるためそう書きました。本人は、勉強する事は楽しいことだと思っています。新しい事を知れるからだと言っていました^^
    なので、この気持ちを大切にしたいのです。計算カードより、2年生で習った筆算の計算を解く方が楽しいと言っています。4月から1年の復習が未だに続いていること。本人にとったら「???ぼくはちゃんとできるのになぜ2年生なのにまたやるの?」と言う気持ちでいっぱいで。先生もできている子に対しきちんと説明してくれないから苦行なんです。(ちなみに、計算は呼吸をするように解けるレベルです^^)

    宿題をきちんとやる事は大切な事なので、それはしっかり伝えています。しかし、楽しめない宿題(やる気がないわけではなく、やる意味がわからないの意)では何も身に付かないと私は思います。だから、先生に意見させていただきました。先生の仰った「計算カードはまだ必要です」の答えの意味が、どうしても私には理解できないし納得できません。なので、私の判断で一年の復習は省いています。計算カード以外のもの(自宅学習)で楽しくいろんなパターンの計算に取り組んだ方がより身につくと信じているからです。

    未だ繰り上がりや繰り下がりができないのならば、むしろ必死になってやる必要があると思いますが、既にできている子に同じことを強要する事は、私は良くない(伸びない)と思っています。

    私はまだ、現4年生までしか見たことがない母なので、自分の考えや意見が全て正しいなどとは全く思っておりません。なので、このコメントが生意気な意見なのかも知れない…と思いつつ、でも、せっかく私にお話いただけたのでお返事書かせていただいています。

    管理人さんのサイトなのにも関わらず、いつも私にまでお話を聞かせていただいていて(大変貴重なアドバイスだと思っています^ ^)とても勉強になっています!!
    みなさん、いつもありがとうございます!!
    管理人さん、お騒がせしてしまいすみません。

    返信
  30. 公立小兄弟の母

    追伸。
    管理人さんには、以前、どこかの記事に事情を詳しく書かせていただいたため、昨日書かせていただいた私のコメントでも充分意図が伝わると思っていた(実際、伝わっていると感じています)のであんな書き方になってしまいました。すみません(ーー;)

    返信
  31. 通りすがりのもの

    公立小兄弟の母さんへ

    担任の先生に相談されていて改善されないようであれば校長先生に直接相談されても良い案件だと思います
    校長先生と担任先生を入れて三者面談とかが出来ればベストですが、校長先生から担任の先生へヒアリングをしてもらい担任の先生の言い分を校長先生から伺ってみると言うのも良いかなと思いました
    保護者会などが夏休み前にあるのであれば、校長先生にも立ち会ってもらってクラスのお母さん達から宿題に対する意見を出してもらって担任の先生と校長先生と保護者の方で話し合いの場を持ってもらうとかはいかがでしょうか?
    モンスターを心配されて中々言い出せないかとは思いますが、同じクラスで他の保護者も同意見を感じているのであれば保護者会の場で校長先生立会いで意見交換の場を持ってもらってもモンスターにはならないと思いますがいかがでしょうかね

    返信
  32. ぷりん

    連投です、すみません。

    ”公立小兄弟の母さん”さん
    お返事ありがとうございます。
    宿題が多すぎる、1日で2年生の宿題+120問の1年生の復習ですか?
    すみません、コメントを何回か読み直したのですが、やはりそれに2時間近くかかり、工夫してやっと1時間半というのはかかりすぎると思うのですが……。
    1年生の計算は、おそらく瞬殺レベルを求められているんでしょう、先生は。式を見たら答えが出るくらいの早さ。多めに見積もって6分くらいで終わる量。100ます計算は3分くらいが普通だったような?
    音読は2年生のフォントで考えて10分、2年生の計算20問は10~20分、漢字は内容によりますが熟語を探して書くものと文字をノート一行に書くとして多くて20分。
    これで最大1時間、すべて多めに見積もっているのでまだ減らせます。
    しかし厳しいのは確かでしょう。
    音読は全部やったことにして、家庭では少しずつでいいんでは?
    ただ私が気になるのは、思考系の問題集をやっていないのに時間がかかること。公立小のカリキュラムは学習指導要領の最低限レベル、2年生ならまだ難しい漢字も出てきていない段階なのでそんなに負担に思えないのですが。3年生から徐々に漢字は難しくなります。

    おそらく、その先生は私と同様「これくらい当たり前」なのでは。
    当たり前の基準が違うかも、です。これはちょっと言ったくらいでは先生に伝わらないので、困っている他の保護者さんたちときちんと先生と話し合われたほうがいいです。そして実態を詳しく説明し、最終的に先生の思う形に持って行くという方法にしないと子どもたちが可哀想でしょう。
    いろんなお話、勉強になります。私は出しゃばらない方が良かった話題でした。

    返信
  33. ピンクヒコウキ

    公立小兄弟の母さん

    私も公立小兄弟の母さんと似た真面目母なので
    (憶測ですみません)他人事とは思えません

    好奇心を伴って学習した方が低学年児は楽しいし身につきますよね!!

    勇気をもって誠意をもってお子さんの事を考え担任の先生に相談されていらっしゃる
    それでも現状変わらずですよね
    担任の先生はクラス全体を見て宿題を出されていて、全体を底上げしないといけない状況理由が何かしらあるんだと思います。できる子には何の意味もない宿題ですが
    計算カードの宿題はその他多数のクラスの児童にとって必要です(先生の考える底上げ手段)という言葉に考慮の余地がなさそうです

    低学年児が宿題を1時間以上やって泣いてしまうなんて本末転倒なのに
    担任の先生、とてつもない命題を抱えていらっしゃいますね

    公立小兄弟の母さん&お子さんに合うよう創意工夫されていいと思います
    十分にできているのなら繰り上げ計算カードはミッションクリアとしてトランプで20、30、40の和を作るゲームをしたり
    初見の大量音読が負担であればお気に入りの絵本を1冊音読しに変更したりと

    この先まだ小学校生活が長いので
    再度集団交渉されるよりは独自路線を進まれて
    もしお子さんが宿題を調整していることを気にしている様でしたら
    個人懇談の際に『いつもありがとうございます。宿題の負担が多く先生の宿題の意図を汲んだ上でできる範囲で取り組んできました。学校での学習の様子はいかがでしょう』
    とお伺いをたてれば一定の習熟があれば問題なしだと思いますよ

    日々共に過ごす児童の保護者が集団で宿題に対して抗議をしてきたら
    あなた達のお子さんのためを思ってやってるのに!!って信頼関係が壊れ関係がギスギスしてしまいそうで

    相手の路線を変えるのは大変です
    そして30人児童全員に最適な宿題はないと思います
    こちら側が工夫をして立ち回る方が良い結果が生まれると思います

    私自身、幼稚園での取り組みが素晴らしかったのに対して、公立小の教育にもっとこうしたらいいのにということが色々とありますが、管理人さんのblogのおかげで
    自分の考えに似た方々のご意見を拝見することができ支えられています

    公立小の母さんの教育に対するお考えもきっとどこか似たものかと想像しています
    未来は開けていますよ 応援しています!!

    返信
  34. 公立小兄弟の母

    通りすがりのものさん、コメントありがとうございます!!
    先日の保護者懇談会(集団)で先生に「宿題が多すぎて困っている」と最初に切り出されたのは、実は私ではなく他所のお母さんでした。その方に、「みなさんどうですか?」と聞かれたので私もお話させていただき、他の方も…という風でした。
    最近では先生に意見をする=モンスターと思われることもありますよね。先生の受け止め方、こちらの言葉の使い方、いろいろ考慮した上で話さないといけないので大変ですが、夏休み前に個人懇談があるのでもう少し深く先生と話してみてから、校長先生に入ってもらった方が良いかも含め、改めて考えようと思います。
    ご提案ありがとうございます^^

    ぷりんさん、お返事ありがとうございます!
    工夫して、本人の努力もあり、かなり時間短縮できています。が、1時間半ではなく1時間弱です、今かかるのは(^_^;)
    私もぷりんさんのコメントを何度も何度も読んでいるのですが、最初は「時間がかかりすぎる」と書かれているのに真ん中あたりで「しかし厳しいのは確かでしょう」となっていて。この部分の意味がちょっとよくわからず(汗)どういう意味なのでしょうか??「多めに見ても1時間くらいはかかるからたぶん30分は無理」と言う意味で合っていますか?ぷりんさんの文章を理解できない私の頭が悪く(泣)すみません。

    話を戻しますと、先程も書きましたが音読だけで30分です。スラスラ読めるようになっても、基本、長い話の全てを丁寧に読む(心を込めて読む練習だったり、聞いてもらっている相手に伝わるように読む練習、他にもいろいろ考えてその都度直しながら読んでもらっている)ので、それでもまだ20分はかかります。(量を半分くらいに分けてくれたら時間も半減するし、本人の精神的にももっと余裕が生まれるだろうと思います。)なので、どんなに頑張っても絶対に30分で宿題の全ては終わりません(^◇^;) 決して次男が遅いわけではありません。

    また、「1年の計算復習で先生は瞬殺レベルを求めているのでは」とありますが、それ以前に、未だ計算が正しくできない子ばかりなのですよ?元々その子たちに合わせた宿題なのです(4月2周目から急に復習の計算問題の宿題が増えました)。そのレベルの子たちに4月からずっと瞬殺を求めているのなら、なんと言いますか、先生は鬼じゃないでしょうか?(汗)
    普通にできる子ならば、20問くらいを呼吸をする早さで解いて確認する程度でも復習は充分なくらいではないのかな?と私は思うのです。←できる子にも大量にさせるこれって公○みたいですよね?

    この量が【当たり前】ならば、30分で終わるくらいの量としてこれより少なめに出されていた2年前の長男の学年はどういうことなのでしょう?ちなみに、長男の学年は次男の学年より遥かに全体レベルは上です。二年生になってすぐの1学期に、こんなにも毎日大量の1年生の復習の計算問題を出され続けるだなんてどのクラスも一切必要なかったですし、音読も、今の次男の量の半分くらいが毎日普通(つまり、物語によって音読の長さが変わるのではなく、特に1学期の間は意識的にある程度文字数が一定に保たれていました。)でした。私は兄弟の学年それぞれの宿題しか知りませんが、できない方が山ほど宿題を出されているわけですから、普通に考えても時間は倍ほどかかるのではないでしょうか?

    また、音読の量を家で調節する事と一年生の復習の計算問題を省くことの何が違うのでしょう?どちらも、「30分くらいで終わるように調節する」って言う意味ではないですか?なぜ、ぷりんさんは今、私に音読の量を減らす提案をしてくださったのでしょうか?減らすならば、クラス全体で減らせばよくないですか??みんな苦労しているのです。
    だから、私は学級懇談会でみんなの前で担任の先生にお話しさせていただいたのです。

    不必要な計算カードをやめて(←私の判断でここ最近次男はやっていませんが)、さらに音読を調節していただければ、次男も宿題は30分で終わります。

    ぷりんさん、最後に「子供たちが可哀想」と書いてくださっていますがこれはどう言う「可哀想」なのでしょうか?カリキュラム通り身に付けられていなくて可哀想ですか?先生の求めるレベルについて行けない子供たちが可哀想でしょうか?

    2年生の子が集中して30分でこなせる量に関しては、私もだいたいは把握しているつもりです。しかし、クラスメイトのどのお母さんたちに聞いても「これ、30分じゃ無理よ」と言う量なのです。先生の当たり前が、子供たちには当たり前ではない現実。つまり、先生が見誤っていると親が思うのは間違っているのでしょうか?

    なんだかわからなくなってきました。。。
    すみません。。。

    返信
  35. 公立小兄弟の母

    ピンクヒコウキさん、コメントありがとうございます!!
    なんだか、私の胸の内をとても上手く文章にしてくださっていて涙が出てきました( ; ; )本当にありがとうございます!!

    仰っていただいている通り、私は先生がクラス全体の為にすごく頑張っておられる(頑張ってくださっている)のはとても良く分かっているのです!ただ、できる子に対しもう少し何か上手く対策できるんじゃないかと思ったので、懇談会で長男の時に工夫していただいていた話を含め、みなさんにお話ししました!

    ちょっと今、いろいろわからなくなっているので自分の考えに自信がありません。。
    我が子に宿題をさせたくないのでは決してないのです。。
    文章のみで伝えるって難しいです。

    ピンクヒコウキさん。私の気持ちや考えをとても上手に代弁してくださり、本当に本当にありがとうございます( ; ; )

    返信
  36. 打たれる管理人 投稿作成者

    皆さん コメントありがとうございます。

    先にぷりんさんのお見事な、「猿真似と真似の違い」について書かせてください。

    プルーには思わず笑ってしまいました。
    今度、授業参観に行った時に掲示されていたら、お母さん達とぺちゃくちゃしゃべってないで目を通してみるといいです。
    ぷりんさんのおっしゃっていることがわかります。
    学校で書いているはずなので、親の手は入ってないはず。
    低学年。すごーーく差があります。
    作文以前の問題として、2年生で「は・を」がきちんと使えない子は目立ちますね…。
    この差どうするんだろう…と逆に心配になります。

    卒業文集は猿真似ズラリでした。
    例えば、将来の夢なんて本当に分かりやすかったです。

    1.私の夢は(医者)だ。

    2.(医者)になりたい理由は(~)。

    3.夢を叶えるために(こんな努力をしている)。

    4.(もう心配はいらないでしょう。完治です。)→夢を叶えて自分が(医者)の仕事をしている時を想像して書く

    5.(~)のような(医者)になりたい。

    ()内を自分の夢に当てはめて書くだけです。

    きっと子供たちに書く能力がないのでしょう。
    だから、こう書きなさいという形式に変わってきたのでしょうね。

    卒業文集に将来の夢を書くのはいいことです。(夢がまだ見つからない我が家からしてみたら羨ましい)
    でも、みんなが同じ文章になるわけがない!!
    余談ですが、将来の夢は医者が一番人気。
    他に、獣医・薬剤師・研究者・料理人・芸能人・作家・スポーツ選手といろいろありました。
    そういえば、サラリーマンや公務員はなかったです(笑)。

    サンプルが用意されていたようなので、うちの下2人でもまた同じ文章が登場するでしょう。
    コピペ文化の土壌。
    ぷりんさんのおっしゃっている通りです。
    1人1人丁寧に指導するのは時間的にも不可能なのでしょうね。
    こんにちは。さん親子の会話やぷりんさんの娘ちゃんの愚痴がいい例です。
    先生が直接直したら、自分が書いた作文が自分の手から離れた感覚になるよ…。これは嫌だわ…。

    >迷った挙げ句教科書や本から借りてきたフレーズを使ったりして工夫します。それが「真似」ですね。
    うちの子も、好きな作家さんが数人いますが、その人の真似してみた~と言ってたことがあります。
    何度も同じ本を読んでいるので、自然と身についたのかもしれません。
    今、うちの小5が同じ道をたどっています。

    モヤモヤしていたのが吹っ飛びました(笑)。
    多くの方が感謝していると思いますし、同時に家でやらなきゃと思ったはずです。
    私も気合が入りました!!
    本当にありがとうございます。

    返信
  37. 打たれる管理人 投稿作成者

    皆さん コメントありがとうございます。

    宿題の件ですが、うちの学校は宿題が少ないので、
    ・漢字と計算ドリルはどちらか片方のみ。一時期両方あったかな。超文句言ってたかも…。両方はないです。
    ・音読(数ページです。8ページなんて出ないわ…。)
    ぐらいでしょうか。
    週末は作文があったり、1年・2年は計算カードが追加される時もありました。
    計算ドリルの時は10分もかかりません。
    漢字は男どもの場合、はなまるをもらう気なんて最初からないので、30分ぐらいでしょうか。
    公立小兄弟の母さんの記載されている内容は多すぎです。
    レベルに合ってないものを大量に且つ毎日こなすのは、それは大変です。

    >「2年生で学力は固定される(仮)」
    こんなタイトルだったと思います。
    定規はどこも一緒ですね。
    うちもいちいち線を引くのは面倒と言ってました。
    しかし、ここはぷりんさんのおっしゃる通り、大事になってくるところだと思います。
    そういえば、末っ子の話だと先生が「コンパスを上手く使えない子が多すぎ!!」と言ってたようです。
    ということで、出しゃばってください(笑)。
    気づかない面もありますから!

    すみません。洗濯が終わったようです。
    私もじっくりコメントを読みたいので、また今日の夜にでも。

    返信
  38. ゆうママ

    横レス失礼します。私も小2の息子を持つ親です。

    息子の宿題はだいたい30分以内で終わる程度のもので、週末はここに作文(120文字)がプラスされます。同じ市でも学校によって宿題の量には差があるようで、1時間くらいかかるという話も聞きます。

    まだ低学年ですし、勉強嫌いになってほしくないという公立小兄弟の母さんの気持ちもすごく分かります。わが家の息子もまずは楽しいことが好き(なのでチャレンジが止められないんです・・)ですから、家庭学習のさせる量に日々悩むところです。

    息子のクラスでは宿題を大量にためている子もいて、最近先生が怒って(?)教室に名前を書いて貼り出したそうです。漢字のお直しが漏れている子も一緒に貼り出され、出来た子から名前が消えていくのだそうです。紙が貼られてから2週間くらい経ちますが、10人くらいは書かれたままだそうです。(特に男子(笑))

    また算数の『1000までの数』のカラーテストで、クラスに100点が居なかったそうで先生が『みんな算数が下手すぎ』と言ったそうです。ちなみに息子は100点でしたが、名無しで0点になりました(^^;)

    さらに算数が苦手な子を補習すべく夏休みは個別に数日学校に呼んだりするようですが、『予定がある!』とクレームをつける親もいるとか・・塾に行けばお金がかかるところを先生が無料で教えてくれるのに、そういう考えもあるんだなぁと驚いています。

    公立はほんと学力も考え方もいろんな子(親も)がいますからね。難しいなと思います。分からない子ばかりだと、それが先生の評価にもつながるのかもと思ったりして(笑)

    スミマセン。単に思ったことを書いただけになってしまって・・。いろいろ思うところはあるでしょうけれど、お互い頑張りましょうね。

    返信
  39. ザリガニ

     公立小兄弟さんの先生は、外れっぽいですね(苦笑)
     できないこにどれだけ宿題量増やしても、変わるわけないでしょうに。
     自分ならその状況なら、音読は高速音読。これで1,2
    分。計算はタイムアタックで。雑でもゆるして数分。漢字だけは丁寧に20分ってかんじでやらせます。それでバツされたら、30分ではこの方法でしか無理です。と主張しますね(笑)
     むしろこれってできるこ向けの課題かと。これをスピード重視でウォーミングアップにして、お目当ての自主勉をプラス20分ぐらいでどうですか?

    返信
  40. こんにちは。

    おはようございます。
    本当は文章の指導方法は書きたく無かったんですよね。。。
    これは、人によってかなり異なるので。。。

    先に書いたのは作文の指導例で、読書感想文は全く異なります。
    読書感想文では、一般的に次の構成になります。

    1.読んだ本の粗筋
    2.印象に残った部分について説明
    3.印象に残った部分について自分の人生体験を絡めて書く
    4.総括

    この構成が一般的です。大体1/4ずつ書きます。

    なので、まず感想文でまず重要なのは内容の要約です。
    800字の字数なら約200字で内容要約を綺麗にまとめる必要があります。
    この部分は訓練が必要です。
    どんな話だったのか?を説明させて練習します。
    この書き出し部分がしっかりしてないと、文章が一気に稚拙になります。

    2の何を感じたか?私はここま全く重要視しません。
    理由はなんでも良いからです。
    桃太郎で、「鬼を退治しようと思う勇気」、「動物を仲間にする社交性」、「奇襲を仕掛けた策略」
    どれでも文章が成立するからです。
    しかし、この部分の選択は違う意味で重要です。

    3の部分で自分の短い人生経験で書くことが無い場合があるからです。
    よって、2は経験のあるポイントを設定する必要があります。
    この時点で、すでに子供っぽくないと批判がでることでしょう~(笑)

    4の総括、
    今後の自分に何が役に立つかを考えて、勝手に総括してください。。。

    以上が基本です。
    あとは適当に装飾します。

    文頭に、「この物語を読んで、涙が止まりませんでした。。。」とか
    文末に、「しかし、本当の一番の感想はこの作者の作品を他にもたくさん読みたくなった事です。。。。」とかね

    読書感想文は型が決まっています。

    私が考える一番の勉強法は感想文コンクールに作品を出して
    課題図書の優秀作品集を入手して熟読することですね。
    これが一番簡単です。
    「真似る」は重要です。

    返信
  41. こんにちは。

    おはようございます。

    計算カードの宿題、一度もやったことないです。

    レベルが違いすぎるので、計算カードの代わりに私が適当に掛け算や割り算の問題を
    3つくらいだして終わりです。

    音読は一年の時にはやってましたが、途中でやらなくなりました。

    音読自体は有効だと思うのですが、教科書の文章を丸暗記しているので
    教科書を読まずに暗唱するだけだと解ったからです。

    結局、最近では証拠の残らない宿題はやらなくなりました。

    宿題カードに親がやった事を証明する判子かサインをするのですが、やってなくてもシャチハタを
    私がパンパン押してます。。。

    まぁ、クラスの他の子に比べて勉強量が足りないとは思わないので。。。(笑)

    しかし計算は重要なので、繰り上がり繰り下がりの計算問題120問くらいなら
    5分で出来るようになるべきだと思います。
    ぷりんさんの言うように、小学校授業レベルの計算問題は瞬殺が基本です。

    うちの子も「何の役に立つ?無駄だ!」と言ってましたが、
    「指の体操になるし、試験で早く書く練習になる」と言い返しました。

    爆笑してましたが。。。(笑)

    返信
  42. 公立小兄弟の母

    おはようございます!
    管理人さん、ゆうママさん、ザリガニさん、こんにちは。さん、私へのコメントありがとうございます!!

    管理人さんの「(うちの次男の)宿題は多すぎる」と言うお言葉に、ちょっと救われました。

    なぜ、4月の時点で2時間もかかったのかをお話しさせてください。
    まず、次男は計算ができないわけでもなく、字や定規を使って線を書くのが遅すぎるわけでもなく、音読の文章が読めないわけでも決してないのです。これを分かっていただいた上で以下をお読みいただきたいです。

    なぜ、たかが宿題に2時間もかかっていたのか。それは、勉強がわからない、理解できない、書けない、読めない…からではなく、単に、【集中力が持たない】というだけでした。
    宿題をしている時にテレビは付けません。毎日、一番最初に大量の計算問題をやっていました。タイムアタックで、およそ30問ずつくらいに分けて×4で取り組みました!!タイムは全て、1分少々で終わっていました。つまり最初から、ぷりんさんやこんにちは。さんの仰られている瞬殺レベルでこなしていたのです。
    算数はたった数分で終わりますが、その数分に物凄い集中力を注いでいました。120題。大人にとっては ”たった数分” ですが、子供本人からすれば多かったのです。なので、残りの他の宿題に手を付けるまでにすごく時間がかかりました。
    同時に、学校でまだ慣れない新しい環境で頑張って来ているのでその疲れも溜まってきます。本人的にも、「算数の計算たくさんを数分で終わらせてすごくがんばった!」と言う気持ちがあります。算数が瞬殺で終わっても、まだ綺麗に丁寧に書かなければいけない漢字の書き取り、読み慣れていない音読全部、、、など、たくさんあるため気持ち的になかなか進まないのです。内容がわからない・できないのではなく、体力と精神力的に出来ませんでした。(私は隣に付きっ切りで励ましたり褒めたり、気分転換のために今日の学校の出来事を聞いてみたりして、なんとか最後までやりきれるようサポートしていました。)
    しかし。次男もいつまでも幼いわけではないので、学校生活に慣れてきたこと、大量の計算問題をやり終えた後も続けてがんばって取り組む努力をして、二ヶ月が過ぎた今、1時間弱で終わるようになっているのです。(たくさんあってもやりきれる自信もついて来ました!)

    また。みなさんのお話から、音読に対する意識がみなさんと私とではいろいろ異なると言うことを今朝知りました。
    うちの子たちが音読に時間がかかるのは、私が聞きながら読み方を全て直しているからです。なので、絶対に数分では終わらないのです(汗)
    これは、長男が一年生の頃から毎年各担任の先生に相談しながら取り組んでいることなのですが。我が家の住んでいる地域は関東圏ではありません。なので、何も考えずに音読をすると方言読みと言いますか、訛りがある読み方になってしまうのです。私自身も今住んでいる地域とは違う所出身ですが、方言が独特な地域でした。しかし、小学生時代の音読は方言読みではなく標準語だったのですよね。だから、子供たちの音読を聞いていて方言読みをされると違和感しかなくて。最終的に標準語で滑らかに読めるよう毎回細かく意識させながら読み進めてもらっているのです。ニュースを読む時に方言で読むアナウンサーはいませんよね。問題なのは子供たちが標準語の話し方をほとんど知らない事です。だから、相手に伝わるように標準語でなかなか読めないのです。
    担任の先生たちに、毎年相談しているのですが先生たちはみなさん「まだ低学年なので必ずしも標準語で読む必要はまだないけれど、親子でお家でやろうと思われるならとても良いことだと思います!高学年になると、そう言う読み方も大切になって行きますので小さい頃から対策を取られておくと後々、子供本人が楽になると思います!」と仰られました。だから、音読も一年生の頃から親子で頑張っている我が家なのです。
    これは、この地域に生まれてしまった我が子たちなので仕方がないです(笑)子供たちが大きくなって苦労しなくて良いよう今、親子で努力しているのでした。
    だから、たかが8ページかも知れませんが終わらないのです。

    これが大きな原因だと思っています。でも、やらなければいつまでたっても出来ない(子供が勝手に出来るようになる訳ではないと私が思っている)のでやるしかないのです。音読の量が、せめて半分だったらなぁと思わずにはいられません。。。

    返信
  43. タムタムママ

    証拠の残らない宿題はやらない(笑)ですね!!
    ここは、先ずはここから取り入れてしまうのが良いかもしれません。

    我が家は気が向いたらたまーに「詩」の音読をしています。その際は初見のもの、に限ります。
    暗唱できるほど読み込んでる教科書を読んでも効果を感じないためです。

    詩は【のはらうた】の本を用意しました。教科書にも昔からいくつかこの詩が載ってますよね。(絵本もありますよ)
    ■のはらうた
    https://www.ehonnavi.net/sp/sp_ehon00.asp?no=8772&spf=1
    私の好みで用意したのですが、子どもも気に入ってますよ、文も短いですし、詩なので行間を読む必要があるところは「なんでかな?」「カマキリは〇〇だから?」など本人なりに思うことを言ってます。

    先生や他の保護者の関係など難しいところをどうかいくぐって我が子を守るか、親の知恵と工夫が試されてると思って色々細かい対策を練るしかないかなと思います。

    子どもの学力の全責任は保護者にあって、担任ではないのですから「先生の考えも参考にさせていただきますね(採用しませんけど)」位の気持ち、スタンスでいます。

    近所の同じ悩みの小1ママさんから相談を受けた際も、上記のことを話したら凄く気が楽になった、と言っていましたよ。

    スーパー裏技(でも、ないかな。国民的アニメサザエさんでも描かれているので…)で、親が書いちゃう(または答え読み上げて写させちゃう)なんて事もありでしょうね。
    子どものそもそもの学力や、体調、年齢にもよるでしょうけれど。

    筆跡真似るのは、慣れると中々上手くなるもんです、子どもには漢字ならお手本として、ゆっくり正しく一回ずつ漢字を書いてもらいそれを真似する。計算なら、3問〜5問程度やらせて、残りは親がやる、そんな手段です。
    小1の時は先生に相談して公認でやりましたよ(笑)その結果、普段の授業、発言、テスト、何も問題ないと言われました。

    生活科の観察や工作などじっくり楽しんで取り組めている、行事や活動のリーダーも進んでやっていると言われましたが、これは本人の能力ではなく、子どもの気力を宿題や習い事で削いでいないから余力に繋がっているだけ、授業を大切にするという家庭のスタンスをブレないようにしているからだと思っています。

    まあ…親が宿題をやるなんて!と反対の方もいると思いますが、私は日々の単純作業宿題はありだと思ってます。
    作業は子どもの力にならないのですから。

    この考えに反対の方も、夏休みの工作や自由研究は親がほぼやってたりするんですよね。
    私はむしろ逆でしょ、と思ってます。

    そんな私でも、サザエさんにはかなり違和感があります。
    締め切りに間に合わないから、という理由で夏休みの最後に親が手伝うのは、社会に出てからの力がつかないだろうと思うからです。

    はんして、普段から本当に必要かどうか、検証して工夫して上手く適量を取り入れ効果を出していくように考えて実行していく(場合によっては交渉していく)のは、子どもにとって良い手本になると思ってます。

    先生の言うことは、上司の言うことは絶対だから、効果があるかないかなんて一切考えずにとにかくやればいい、こなせばいいマインドは社会に出てからが怖いです、数年前の悲しい電通事件に繋がりそうで。

    みんなが当たり前だと思ってやってる事でも、一歩立ち止まって考える事は、差別化以前に、自分の、子の身と心を守るのに大切だと思います。

    返信
  44. NAVI

    おはようございます。

    宿題ですか・・
    1年では算数か国語のA4プリント1枚
    2年では算数のA4プリント1枚か日記。音読の宿題は毎日出ていましたが
    基本は国語の教科書で、それが充分にできるなら教科書以外も可という形でした。
    1~2年で計算カードの宿題は1度もありませんが、
    校長先生まで職員総動員しての計算検定が毎年あり、
    合格順に廊下に名前がはり出されます。合格するまで昼休みは遊べません。

    それだけの量の宿題がもし出るのだとしたら、
    音読→1回だけ読んで終了。10分 
       その担任なら、1単元は先取りしておいたほうが安心かも?
       次の単元も上手に読めるようになった時点でカット。(宿題はサインのみして提出)
    算数→5分
    漢字→15分~20分
    という配分かな・・
    1~2年は、あの薄い内容で週に9時間も国語の授業があるのですから
    漢字練習なんて授業中に完結するはずなんですけどね。
    低学年で漢字練習を宿題に出すような担任は私の中ではハズレですね・・
    息子の学校で漢字の宿題が出たのは学年末の総漢字テストのときくらいでした。
    小3からは授業数が減るので、自宅でもコツコツ練習しないと
    痛い目を見る可能性ありますけど・・。

    返信
    1. 打たれる管理人 投稿作成者

      NAVIさん コメントありがとうございます。

      108点。良い方だと思います。
      うちは、大問3は(2)以外全滅です。
      同じく酷かったのが大問3(1)。
      図の形跡をみると、みきさんの家が一番南にあると考えたようです。
      まだまだです。方位の話は、もっとショッキングなこともわかりました。
      結果とともに記載します。
      国語の解説授業は見終わったので、週末は算数を見ます。

      平日の朝から頑張りました!!
      息子くん、偉い!!

      返信
  45. ぷりん

    おはようございます、管理人さん。
    宿題問題、炎上させてしまいすみません。でも、大切なことかも。少し(いや、絶対に長い!)書かせてください。

    ”公立小兄弟の母さん”さん
    ごめんなさい、私の書き方が悪かったです。思ったことをそのまま書くと、ネット上でのやり取りでどう受け止められるかわからないため、少し歯に衣を着せた書き方をしました。それが逆に混乱させてしまう結果になってしまいました。
    なのでこの際、はっきり本音を書きます。

    「1年生で出来てしかるべき計算が2年生になっても出来ていないのに、恥ずかしいと思うのではなく、むしろできないから量を減らしてくれと先生に言えるのか!
    教科書の音読、8ページといっても低学年の教科書なのに30分もかかる!今までいったい何をしてきたんだろう?
    近所のお母さんたちが集まってよく「宿題が多い、子どもが可哀想」と言っていたが、その意味がよくわかった(馬鹿馬鹿しいので、その輪に加わらなかった)。
    学力低下って、こうやって起きるんだ!」

    です。
    その上で、公立小兄弟の母さんさんの疑問点を解説すると、
    ・厳しいのは確かでしょう→やる気がないのなら厳しいのは確かでしょう
    ・子どもが可哀想→先生と親の板挟みのうえ、学力的に小1から積み残しが生じていくので小5段階では挽回はほぼ無理(内容が簡単なときに頑張れなかったため)
    ・音読の量を減らす→計算を疎かにすると高学年以降地獄になるが、国語は日常的に使用するものでまだ算数の最低点ほどひどくはならない、譲歩できる部分
    以上。

    学校のテストで満点を取っていても、宿題で時間がかかっているようなら、果たして定着しているのか疑うべきです。時間をかけて計算して正解しているようなら、のちに小数の割り算の筆算、割合、平均などの単元が出てきたときにもっと時間がかかるようになります。小3の図形でその片鱗が見えてくる可能性も。
    「○文の弊害」とは言われますが、やらないことの言い訳にそれを利用してはいけません。
    ○文は創始者の公文公!(くもん とおる)が計算が苦手な息子のために、独学で作り上げた計算に特化した教育体系です。どこで子どもがつまずくのか仔細に観察して、スムーズに理解できるように細かくシステム化されたプリントです。息子さんへの愛情がいっぱい詰まった体系なのです。だからこんなに社会に受け入れられているのです。要は使い方の問題で、「公文さえしていれば大丈夫」といった偏った考え方が悪いのであって、計算力を身につけるには最適でしょう。それを家庭でできるなら公文に行かないでもいいと思いますが。そこは各家庭の考え方です。

    音読にしても低学年で扱う文章は、ほぼ保育園・幼稚園時代に読み聞かせしてもらっていた絵本と文字量は変わらないはずです。年長あたりには「おしいれのぼうけん」や「しょうぼうじどうしゃ じぷた」とか読んだと思いますが、あれらとページ数が違うだけで話の長さとして同じだと思うのです。読み聞かせてもらい、言葉のイントネーションや単語、リズム等耳に馴染ませていき、それを1人で読むようになるのが1年生です。これから初見の文章を読むことは一生続くと思いますので、読めるように努力することをお勧めします。本が読めるようになると漢字も整ってきます。今はまだ言葉を知らないので、文字は記号なのです。漢字が意味を持っていることが理解できるようになってくると丁寧に書けるようになります。
    音読が苦手ということは、基本的な国語力に欠けるということです。思考力云々以前に、まず基礎学力を固めるべきです。基礎なくして応用なし。土台がグラグラしていると、積み重ねることは不可能です。それに気づくのは高校に入ってしばらくしてからではないでしょうか(公立中レベルでは露見するのに時間がかかる)。

    参考までに知り合いの優秀児の読書例。
    御三家は男女とも小1の段階で「ハリーポッター」を読んでいる子が多いようです。親の誘導か、自分から家にあって手にしたのかわかりませんが。「かいけつゾロリシリーズ」は幼稚園時代が定番でしょうか。小5くらいだと「空想科学読本」、読む子は大人向けの推理小説なんか読んでいますね。小6時、受験生ですが湊かなえなんかを普通に持っていました。自分から図書館へ行って本を読む習慣があればいいですね。食事は身体を作りますが、読書は心を作ります。自然に欲するっていいと思います。

    長々と書きましたが、以上が私の本音です。
    お気に障りましたら、すみません。小学校の勉強は満点を取って普通と思っていたのですが、それすら難しいのが一般的なのだと知りました。うちの近所が特別教育に関心がないと思っていたのですが、それが普通だったという……。
    ある意味、親の意識格差でしょうね。「これくらい出来なきゃ」と「こんなにたくさん可哀想」。

    返信
  46. フロッピー

    公立小兄弟の母さま。

    はじめまして。
    横から失礼します。
    うちも英語をしていて、公立小兄弟の母さんのコメント拝見していました。

    実はうちの子のクラスも似た感じなのですが、もしかして、お子さんも、今年クラス替えがありましたでしょうか?
    うちは去年はクラス運が悪く、学年で一番か二番目に授業が遅れていたクラスで、今年は一番か二番目に当たりなクラスです。

    そうしましたら、うちの子と同じクラス出身の子達と、もう一つの授業が遅れていたクラス出身の子達ばかりが、明らかに今年のクラスでは勉強が遅れています。

    正直者がばかをみるといいますか、問題児多めと真面目な子達の昔からのステレオタイプ的に振り分けられたようなクラスだったので、勉強が遅れている子達は、授業を妨害する問題児に一切つられることなく、ときに問題児に怪我をさせられたりしながらも真面目に頑張っていた子達でした。

    うちはそんな事情を知っているので、子供に勉強を教える親御さんの家ではないけど、学校の授業は真面目に受けていた子達だというのも知っているし、家で勉強を見ていたうちからすると必要のないことも多いのですが、この状況が理解出来るというか、仕方ないのかなと思うのですけど。

    公立小学校兄弟の母さんのお子さんも、計算が速いのですね。
    うちも、うちは算盤をしているので3桁の暗算が出来るので学校の計算は見た瞬間に答えが出せます。書くことも早いほうです。
    だから、ひっ算を書き写すことに、放課後の時間がとられることが意味ないというのもすごく分かります!
    (また学校ではちゃんと、さくらんぼ計算やひっ算を使って計算していました。低学年のうちはたくさん数字と親しむことがいいよ、といつも言っていたので。
    算盤は大きい位からの計算で、ひっ算では一の位から、また、公文さんでは数が進むというような考え方で計算を始めたりすると思うのですが、いろんなやり方に興味を持てて、それを楽しめることは将来の数学にも繋がると思いまして。)

    うちの子のクラスの先生は、昼休みに出来なかったところを順番に見てくれたり、授業でもさりげなく、本来なら一学年下でする内容を取り入れて説明してくれることもあるようです。
    去年、授業が遅れていたクラスでは、そもそも授業で習ってないので出来る訳ないですから。

    先生がハズレなのでしょうか(爆)
    でも、先生も大変ですよね…。去年の遅れを今年の先生が引き受けないといけないのですよね。

    ただ、そんなにたくさん宿題を出しても、今学童に行っている子が多いですし、そもそも、英語を例えて言うと、インプットないところに、アウトプットを求めることがおかしいですよね。
    なんか、これを言いたかったのかもしれません。
    最近は昔と違って小学校で充分なインプットを受けらないことが少なくないのでしょうね。
    たくさんの宿題を出す前に、まずは一年生でするはずの授業をして上げたほうがいいのでは、宿題はそれからでは、と思ってしまいました。

    返信
  47. 公立小兄弟の母

    管理人さん、こんにちは^^
    本当、お騒がせしておりすみません。
    しかし、見ず知らずの私のためにみなさんが貴重な時間を割いてたくさんコメントくださっていて心から感謝しています。

    取り急ぎ失礼します。
    ぷりんさんがずっと、どうしてこんなにも厳しいご意見をくださるのかがわからなかったのですが、直近のコメントよりやっと理解できました!!ぷりんさんの認識では、最初からうちの子が【できない上にやる気のない子】であると思われていたのだなと^_^; そして私は、その【子ができないくせに減らせと文句ばかり言う親】と言う事でしたね(汗)まさか、です。。。

    お返事させていただくと、せっかくお時間をかけていろいろご指摘いただいた点も、私たち親子にはどれも当てはまらないので心外です(^◇^;)
    計算、家(宿題)でももちろんできますよ?音読も、ただ読むだけなら数分で当然できますが?読書も好きで自分から図書館でいろんなジャンルの本を借りてきてじっくり読んでいますし。。。特別優秀ではないのでハリーポッターは読みませんけれど(汗)

    理由はわかりましたが、一体なぜこんなにも【学力を下げるできないダメな親子認定】されているのかわからず、言葉が見つかりません((((;゚Д゚)))))))
    私のこれまでに書いた文章から、そんな風に捕らえられていらっしゃるのですし、私の文才が微塵もないだけでしょうか?
    こんなにも真っ向から全否定されたのは初めて驚愕しております(汗)
    ぷりんさん、なんだか本当に申し訳ありません。

    そして管理人さんには、私なんかのことで連日ご迷惑おかけしております(泣)大変申し訳ありません。

    返信
    1. 打たれる管理人 投稿作成者

      すみません。
      ぷりんさんの本音は、全体的な話であって公立小兄弟の母さんに向けた話ではない気がします。
      ちなみに、ぷりんさんのおっしゃっている学力低下の話は凄くわかります。

      ごめんなさい。音読はなるほどです(笑)。
      実は、大学のころに合宿で免許を取りました。
      場所は東北でしたが、びっくりしました。(→東北の方、すみません!!!!)
      大学に青森出身の人がいましたが、津軽弁?日本語?と思うような訛りで通訳が必要じゃん!!って思いました。(→青森出身の方、本当にすみません!!!!)
      だから公立小兄弟の母さんのおっしゃっていることは非常によくわかります。
      これは確かに時間かかりますわ。

      また夜にしっかり読みますね。

      返信
      1. ぷりん

        時間がないので、少しだけ。
        学校の宿題って1人のために出すものではなく、クラス全体に出すものなので、1人の都合を許すと全員の都合を考えなければならなくなります。おうちで勉強を見てあげられる家庭はいいですが、ほったらかしの家庭の子もいるのです。だったら、そういう子だけ宿題を出せばいいじゃないかと思われますか?子どもにしたら、あの子は宿題ないのにどうして自分だけ?になると思いませんか?
        学校は集団行動を学ぶ場でもあるので、あまりに度を超した宿題でない限り付き合うのも勉強だと思うのです。
        先生は何も考えずに宿題を出すと思っていますか?なぜ宿題があるのか考えたことがありますか?

        返信
  48. ぷりん

    連投失礼します。

    公立小兄弟の母さんさん
    新しいコメントを読ませていただきました。
    計算を集中してすると疲れて次の宿題に移れない、方言が出ないように音読させると時間がかかる、ということなのですね。
    子どもにどんな教育を施すかは各家庭の判断によりますから、公立小兄弟の母さんさんが宿題が多くて負担になっているということなら、賛同される他の保護者の方と相談されて、先生と話し合われたらいいと思います。
    その際、先生は私が先にコメントしたようなことを考えられての宿題だと思うので、出来るだけ先生の考えに沿いながら(交渉術です)ご自分たちの意見を出し、必ず最終的にどういった形に持って行きたいか伝えてください。先生の望むレベルに持って行くのか、そこまで出来なくていいのか。
    それにしても、私も方言があるところの出身ですが、音読で方言が出たことはありませんでした。当然子どもたちも。いろいろあるんだなと勉強になります。
    漢字練習否定派の方が多いのも驚きました。一問間違いなのに全部書き直させるなんて愚の骨頂だと思いますが、ある程度はやった方がいいと思っている派です。鉛筆を持って考えながら文字を書くって、脳にいい刺激を与えますから。
    私はここではガッツリ勉強させない派(下の子なんて「勉強したくない」と言うので受験すると決まる5年秋まで何もしてません)ですが、勉強に対する考え方はガチなんだと目から鱗。

    返信
  49. タムタムママ

    どなたかのご参考になれば。
    尾木ママはブログで以下のように仰ってます。

    (以下、引用)
    「全員何回も書く宿題出すなんて力のない教師ですよ…

    勉強は訓練じゃありません

    宿題は家庭の協力あって成り立つものです。様子も親しかわかりません。先生に状況伝えて調整するなんて当たり前です。家庭は学校と協力して子育てするのであって、決して下請け機関ではありませんよ」

    https://gamp.ameblo.jp/oginaoki/entry-11946176381.html

    メディア露出が高い方、有名な先生方を楯にしても、いいかもしれません。
    が、尾木ママが言ってるから宿題させなくていい、は違うと思います。
    親がきちんと宿題の内容と子どもの状況に向き合って考えて考えて、工夫する事、その実践の様を見せる事が大切だと思う、将来の生きる力に繋がると思います。

    もしかしたら、物凄くよい先生に当たってやった方が絶対よい宿題が毎週出るかもしれないですから、かのり確率はかなり低そうではありますが。。。

    返信
  50. 打たれる管理人 投稿作成者

    皆さん コメントありがとうございます。

    承認が遅れ、話が前後してますね。
    すみません!!!!

    あともう一つ大事なことを!!
    公立小兄弟の母さんの兄弟は、クラスでもトップ層でしょう。
    ちょっと紹介すると、英語なんてうちの中1よりできますから。
    英語は間違いなく全国でもトップレベルです。

    逆に言うと、蛙くんを心配した方がいいレベルです(笑)
    模試の話も出てましたね。

    返信
  51. 公立小兄弟の母

    幼稚園児の母さま。
    はじめまして。わざわざコメントいただきありがとうございます。

    私は自分のやり方に信念を持って我が子たちと真剣に向き合い、日々、二人三脚で頑張っております。なので、我が家の取り組み方に関して私にあなたの価値観を押し付けるのは辞めていただきたく存じます。あなたのお子さんには、あなたの思うやり方で取り組まれたらよろしいのではないでしょうか?
    他所様から見て、うちのやり方が馬鹿らしく思えたとしても。それを否定する権利は誰にもないと思います。

    あと、英語に関してですが私は子供たちがネイティブレベルだとか、英語ができるなどとは思っておりません。英語を話す=優秀では決してありませんので。
    我が家に対するあなたのコメントを読まれた方から誤解されかねないような書き方はやめてください。よろしくお願い致します。

    管理人さん、乱文になり大変失礼致しました。

    返信
  52. 幼稚園児の母

    週末金曜日の夜に荒れさせてご迷惑おかけしてすみません汗

    公立小兄弟の母様へ
    ご気分を害されたようなら謝ります。すみません汗
    決して馬鹿にしたつもりもなく、自分の価値観を押し付けてるように書きましたことお詫びします。まだ未経験なのにオススメ本とかホント僭越でしたね汗

    管理人さんへ
    疑問は多々あるのですが、コメント欄も汚してしまったし、仰る通り誤解を招きかねませんので、先の私の3つのコメントを削除お願いします。

    返信
    1. 打たれる管理人 投稿作成者

      幼稚園児の母さん コメントありがとうございます。

      私もじっくり読みましたが、受け取り方は様々ですね。
      そして、ぷりんさんもおっしゃっていましたが、漢字一つにしてもこれだけ分かれるとは思ってもみませんでした。
      以前、丁寧・綺麗で少し話があったかと思います。

      お気持ちは伝わっていますので大丈夫ですよ!!
      いつもありがとうございます。

      返信
  53. 打たれる管理人 投稿作成者

    皆さん コメントありがとうございます。

    意見がいろいろとあり、勉強になります。
    我が家の音読ですが…、
    ・音読カードは配られますが取り組みは任意となり、5・6年生で恐らく10回ぐらいしかやったことのない子。
     自分でやった方がいいと思ったのは音読したようです。
     中学では音読の宿題は出ません!!

    ・自分でシャチハタをパンパン押して提出。→こんにちは。さんの息子くんもそのうちやりそうだ(笑)

    ・高速音読→ザリガニさんのお子さん、もしかしてこれですか(笑) 
     感情表現も当然薄れるので、音読カードは〇ズラリ。私がシャチハタをパンパン押してます。
    読めているのに同じ音読が続いたら、ぷりんさんから教えてもらった基礎英語の音読もやりました(汗)。
    当然、シャチハタをパンパン押して提出です。
    こうやって書いてみると、何だか取り組みが適当です。

    道徳的な話になりますが、公立小兄弟の母さんの次男くんはまだ2年生。
    先生から出された宿題はきちんとやるべきものとして取り組ませたい気持ちは凄くわかります。
    すみません。伝わりますかね?言葉足らずですね(汗)。

    途中ですが、時間切れとなりました。
    また明日にでも。

    本当にすみません!!

    返信
  54. ななな

    タムタムママさん

    とても役立つ情報でした。ありがとうございます。尾木ママにこう言ってもらえると心強いですね。

    宿題のあれこれに関しては、結局経験者しか分からないのではないでしょうか。中には、宿題が出ない小学校もあるのですよね?
    慣れない新生活に疲れた子が、放課後大量の宿題をするのは・・・大変です。好きなこと、夢中になれること、はたまた自分がやると決めた習い事とは訳が違います。うちの子だって好きな本を選んで音読にしていいならどれだけ楽か・・・。毎日毎日学校でも習った同じ文章読まされたら、たまらんでしょうね。そんなことはおくびにも出さず、意義を持って真面目に取り組ませてはいますけど。

    小学校2年生になって日が浅い子どもに、果たしてその宿題は適正なのか?それが大事ですよね。一般の公立の子供達にとって、です。出来るとか出来ないじゃなく。

    うちの小4息子は、読書を愛しています。当然、昔から漢字は得意で、知らない漢字でも勘所が良く、雰囲気で読めます。一切対策しなくても、全統小テストの国語は県1位でした(学年も上がってきたので今年はどうだか、ですが)。算数は聞かないでください。とはいえ、小学校の内容は100点で当たり前、計算も頑張ってきたので、そろばんに通っている子にも負けません。クラスで4人そろばんに通っている子がいますが(すぐ近くに良い教室があるので、そろばん習ってる子が多いんです)、そこに混ざっても計算スピードは1、2を争います。本人の意思で書道を習っているので、字も男の子の割には綺麗です。
    だから小2の当時、宿題なんて余裕だろうと思っていたのに・・・泣くんですよ、これが。公立小兄弟の母さんより宿題量少なかったのに。。。

    また私の小2の甥っ子はとても地頭の良い子で、IQ135を誇ります。これは専門的な検査で出た結果です。教育熱心で素敵なご両親、家庭環境にも恵まれ、すくすく良い子に育っています。当然学校の勉強も余裕ですが・・・やはり漢字の書き取りで泣くそうです。

    なぜか。私も公立小兄弟の母さんがおっしゃる通り、1日を通して見たときの、集中力・体力の問題と思っています。

    思うに、子供には域値があるのでしょうね。宿題の必要性もある程度わかっているから、ある程度までは頑張るけど、そこを超えると一気に火がつく。先生方もそのことはよくわかっているはずで、各学年の自宅学習の目安時間が、それこそマニュアルのように周知されていると思うのですが・・・。

    私も先生に軽く相談したことがあるのですが、息子くんは学校でとっても頑張っています。だからお家では疲れているんでしょう。だから、そのままでいいんです。出来ない時は、次の日の休み時間にやってもいいので、見守ってあげてください、と言ってもらえました。周りのお母さん方に聞いても、勉強を頑張ってる子も、頑張ってない子も、似たようなもんでしたね。

    音読ですが、ちゃんとやったら時間かかりますよねー。読書スピードはあんなに早いのに、音読となると聞いてるこっちも疲れるくらい、長い!それこそ8ページとか出された時に、大変でした。でも、真面目にやるなら、中途半なことしても意味ないですしね。私も真面目に取り組ませるというか、何か意味を持ってやらせたい派なので、長文出された時はどうしようかと思いました。日によって、指導に力を入れる箇所を限定して、あとは流し読みにして乗り切っていた気がします。ダラけたら注意するだけ。
    方言について。私は都内で生まれ育ち標準語を話しますが、現在は訛りがある地域に住んでいます。夫も家では標準語なので、自然と息子もほぼ標準語なのですが、なぜか音読の時だけ訛る(笑)
    4年になって、そういえば音読訛りがなくなってきましたが、よく考えたら今年の担任は東京から来られた先生でした。次男は保育園生ですが、読み聞かせの時間、先生がかなり訛っているというか、イントネーションがだいぶ違うんですよね。こんなとこにも影響を受けるんだなぁと、面白かったです。

    あまり長くなってはいけないですね。公立小兄弟の母さんとお子さんは、とても頑張っていらっしゃいますし、例の宿題の量というのは、経験したことがない方にはちょっと想像できないくらい、子どもによっては過酷なことがあるんです。それは、出来るとか出来ないとかだけの話ではなく、7歳、8歳の子の体力、集中力の問題です。一つ一つは出来ても、全部揃ったら結構なダメージになります。また、未熟な我が子は、すでに学校でしっかり力を出して、頑張ってきたんです。その状態から、じゃあ次は宿題!っていうのは、とてもハードなのです。先にも話しましたが、好きなことや興味があることとは違うのです。これを読みなさいと渡されて、もう何度も何度も読んだお話、疲れた状態でまだ面白がって読めますか?もう大体(または完璧に)できる計算、やってて楽しいですか?でもやらなきゃいけないから皆それなりに頑張っています。中には、たまたま余力を持ってできる子もいるかもしれませんが。でも一般的にどうなのって話ですからね。

    うちの子、平日の放課後に、宿題でコンパスで丸がうまく描けなくて、そのうち号泣し出しました。そのまま机に突っ伏して泣いて・・・寝ましたよ。で、2日後の土曜日、朝に宿題を取り組んだら、スッと丸が描けて。本人も ??? ってなってました。

    そんなこんなで乗り越えながら、子どもたちも成長していくのでしょうね。

    公立小兄弟の母さん、大変なこと色々あると思いますが、頑張ってください。
    ・・・宿題、減るといいですね^^;

    なんだか眠れなくて。ついついダラダラとお話ししてしまいました。
    失礼いたしました。

    返信
  55. がーべら

    おはようございます、模試お疲れ様です。
    皆さんのコメント色々参考になります。

    うちの小学校の宿題も、計算プリント(20題)、漢字練習、音読です。基礎は大事ですし、さっさとやれば30分で終わるのに、3種類あるので途中で集中力がが切れます(^^;)
    だいたい計算プリントをしてから遊びに行き、帰ってから漢字練習をしています。漢字は綺麗に書く事にこだわっていて時間がかかります。。音読は「大きな声で読めた」「心をこめて読めた」など親のチェック項目もあり、毎日はしていません。30分で宿題を終わらせてから遊びに行けばいいのに、どうしてそれができないのかな〜と思っていました。
    女性脳はマルチタスクで、あれやってこれやって、こうすれば30分で終わると計算できますが、男性脳はシングルタスクで一つの事に集中するから30分では終わらないのかなと最近自分の中で答えが出ました。小学校の先生って女性が多いですよね。先生からしたらこの分量ならこの時間で終わると考えていても、男の子だと(うちだけかもですが)種類が多いとそれが難しいのではと思います。

    >公立小兄弟の母さん
    計算120題と音読8ページ大変ですね。音読に30分?って驚きましたが、色々取り組まれているのですね。我が家は当初、宿題を全部終わらせてから遊びに行くようにさせていましたが、上記のように遊びを挟んで分割したほうが本人もストレスなくできるようになりました。参考までに(^^;)

    >こんにちは。さん
    作文の書き方参考になります。ありがとうございます!
    週末は読書と作文の宿題が出ます。
    読む人に伝わるように詳しく書くんだよ〜と教えていましたが、楽しかった、おもしろかった、うれしかったで書いたほうがすぐ書けるよ、と。オイオイ(^^;)

    管理人さん、大学入試どうなるんでしょうかね〜
    今までのセンターで足切り、二次で記述式の形式のほうが公平で合理的で良いと思うのですが。記述の採点はどうするのでしょう。
    長男さんはもう志望校は決まっているのですか?
    公立一択ではなく、私立は特待生制度もあるので色々調べてみるといいかもしれません。

    返信
  56. タムタムママ

    ななな、さん。
    私も、できるとかできないとかではなく、そもそも何を目的にどのような効果を狙ってその量を、頻度でやるのかは吟味するのが大切だと思います。

    親は子どもの総合プロデューサーなので、その総合プロデューサーの指針に沿って子育て、教育をすれば良いのだと思います。

    学校に合わせて子育てしても、我が子にあったものとはならないから、です。
    子育ての責任は学校はとらないですからね。

    学校を自分の指針に調整する、利用する位の感覚が現代はちょうど良いかと。
    昔のように現場歴の長いベテランの先生が少ない事も起因しますが…

    親が教育のプロではない、と引け目を感じる必要はないと思います。
    我が子に関しては、プロ中のプロ、特に母親はお腹の中から育てています。子どもによって、胎動だって違うのです、宿題だって子によって違っていいのです(笑)

    先生は、クラス運営、または学校運営の集団行動をとらせるプロであって、教育はほぼど素人集団です、悲しいですけど。
    大学で、児童心理学など概論だけ学んでも現場では何も活かせてない、それが今の有様です。

    子どもの視力は12歳ほどまでは完成していない、これは結構知られてると思いますが、その前段階で、両方の目で安定して物を捉える、両眼視が完成するのは9歳前後です。
    その前に、ひたすら細かいマス目に書ける漢字を含め何回も書かせるのが体に良いわけありません。
    多くの子は難なくそれでも書けるでしょう。書けたたとしても、本来かけてなくてよい負荷をかけてるわけです。

    うさぎ跳びは、体を痛めるだけで効果は無いと近年やらなくなりましたね、漢字練習もうさぎ跳びのやり方にどこか似てる気がします、体を痛めても、根性が身につくからやり方を吟味せずに、盲目的にやるべき、取り敢えずこなせばよいんでしょうか。

    書かせるなら、大きく、のーと1/4位の大きさでしっかり手本を見ながらじっくり形を意識して書かせ方が何百倍も効果的。
    大昔の寺子屋もお習字でそうやって漢字を練習してきたのに、近代になっていきなり細かい文字がたくさん書けると良いという価値観に擦り変わる、どこか変ですよね、誰かの利益絡んでますよね。

    両眼視については、その辺の眼科の先生に聞けばすぐ答えてくれと思いますけど、先生はそんな事は知らない(か、大人の事情で黙ってる)ので、ノートのマス目も小さく、小さいマス目の漢字ドリルを業者から買う。
    たくさん書かせると、【やってる感】があるから、取り敢えず書かせる、効果検証はしない。
    業者もたくさん書かせるドリルが売れるかそれを作る…。この悪循環の中で、誰が本気で子どもの事を考えていると言うのでしょうか。
    子どもは誰が守るのでしょうか。

    返信
  57. 匿名1

    こんにちは。
    今日は雨で外に出ることが嫌になります。

    皆さんのコメントを拝見して、全国の小学生のお母さんたちは色々悩みがあり、なかなか学校側には理解してもらえない、片や学校は先生方が疲弊していていちいち親の意見なんて聞いていられないという構図になっているのではないかと思いました。

    今、6年生の親になって思うことは学校は親より立場が上、先生様の仰ることは絶対だということです。
    腹の中でどう思っていようが、先生様に意見などすると怒りの矛先が子供に降りかかります。
    昨年、担任の先生と愚息の相性が悪く苦労をしましたが、私は表向きは先生様を崇め奉っていました。意見もしたこともありません。これで私が意見をしようものならますます愚息の立場は悪くなっていたように思います。

    尾木ママは理想論を仰いますが(素晴らしいお考えだとは思います)小学校のうちは暴力やいじめなどは意見をすべきですが、たかが?宿題くらいで意見をすると結局はこちら側が損をします。
    義務教育期間中は忍耐あるのみと学びました。

    今、6年生になり下記のような宿題が出ます。

    ○国語の教科書の説明文の全体の要約。400字程度

    ○社会の平安時代、鎌倉時代、室町時代など○○時代の要約。ノート1ページ分

    ○計算ドリル数ページ。勿論筆算は定規を使わないと全てやり直し。(今まで)
    5年生、6年生になると筆算が消えます。

    ○漢字ドリル数ページ。例えば 時 という漢字なら時と大きく書き、その下に時を使った二字熟語を数行書き、そのあとに時を使った文章を数行書く。

    ○音読

    ○テスト前日には該当のページを熟読(テスト勉強)
    これは国語、算数、理科、社会4教科です。

    時短のために私は宿題によっては手伝っています。

    国語の要約→これは作者は結局何を訴えたいのか、文章の書きはじめはどのようにしたらよいのか話し合います、子供が思い付いたことを書き、私がチェック、
    文章構成、接続語が変だよと指摘し、最後に見映えよくさせます。

    社会→○○時代の政治体制、社会情勢、文化は何かを子供に答えさせ、ノートに政治体制はこれこれ、社会情勢はこれこれ、文化はこれこれと書かせます。余白が余ったらイラストを書かせます。

    計算ドリル→ほったらかし。
    筆算の時は、乗除記号と定規の線を私が書き、後は本人が数字だけ埋め込む形にしていました。

    漢字ドリル→これが一番イライラします。
    時という漢字を書こうね、今度は時間、時短と書こうねという風に書くときに私が読み上げます。最後に時間がないなどの文も私が読み上げると耳から情報があるのでさっさと書きます。
    字は恐ろしく汚いですが、字の汚い子認定と親が文句を言わない認定で見逃してもらっています。

    音読→私が音読をし、子供には文章を目で追ってもらいます。これで授業中もスラスラ読めるはず。

    テスト勉強→毎回、サボっています。

    宿題の時間を時短したいのであれば結局親が一緒にやるしかないという結論に達しました。
    文句を言っている間にも時間は流れていきます。
    時は金なり。
    悲しいですが、長いものに巻かれていないと小学校生活が辛くなっていきます
    (T_T)

    返信
  58. フロッピー

    公立小学校の兄弟の母さんのお子さんクラスでは、「クラスの2/3が繰り上がり繰り下がりが出来ないから」という理由で、2年生でも計算カードも宿題があるのですよね。

    クラスの2/3もの子達に算数障害があるはずはないので、そのなかで多くの子が繰り下がり、繰り下がりが出来るようになると思います。

    でも、いろいろな子がいるのが小学校だから、全員にちょうど良い宿題もないでしょうけれど、計算が出来る子には本当必要ないですよね…。

    また、まだ計算カードの暗記が必要なお子さん達には、宿題の計算120問は多過ぎてつらいでしょうね。
    まずは、6+7とか15−8などがパッと出て来るようにすることのほうが先で、計算120問はそれからだと思います。
    120問が多過ぎて、計算カードの暗記に集中も出来なさそう。
    繰り上がり繰り下がりが出来ない子は、早く計算カードの計算を暗記出来るようになることを優先して、算数の宿題は、計算カードと計算10問などから始めて、だんだん20問、30問に増やして行くほうが、担任の先生の目標かもしれない?、計算120問を早く正確にすることに、短期間に到達しそうな気がするのですが。

    公立小学校兄弟の母さんも計算カード宿題からはぶいたそうですね。うちも、計算カードはあまりしたことがないです(^^;;
    したことにして提出してしました。
    でも、クラスメイトにはまだ必要な子達もいて、休み時間に遊ぶ子もいるかもしれない。そう思ったら優しい気持ちになれたり、宿題は自分の家なりに対応しようと思えたりしながら、ボチボチやっています(^^)

    うちは子供が好きでしている習い事があって、その曜日は、下校からそのまま車で連れて行かないと時間が間に合いません。
    それで、宿題を車の移動中にさせるのか、帰宅も小学生には遅いので、すぐ寝かせたいので宿題は朝させるのか、試行錯誤です。

    車用のテーブルもありますが、車に酔いそうですし、目が悪くなりそうですし。
    朝するとすると、私が髪を結わえて上げている間に宿題をする感じになります。
    手をかけ過ぎとか甘やかしていると思われることもあると思います。
    なにがベストなのか、それぞれの家庭で工夫して行くことなのでしょうね。

    返信
  59. こんにちは。

    お疲れ様です。

    今日は4年のグレードアップ問題集(文章題)が終わりました。
    最レベ2年・キラキラ算数脳2~3年より遙かに手こずりました。

    2年のトップクラス問題集が夕方届くはずですので
    明日からはトップクラス2年とキラキラ算数脳3~4年に移る予定です。

    明日も模試です。。。子供も大忙しです^^

    返信
  60. 通シン

    尾木ママって意外と人気があるのですね…びっくり!
    尾木ママの教育論を否定するつもりはありませんが個人的に好きではありません…むしろ嫌いです。
    尾木ママがテレビに出てると電源を切ります笑
    自分の考え方が正しい!それ以外は間違っているとか、自分の意見や価値観を他人に押し付ける人は苦手です。
    虐待とかは問題外ですが色々な考え方や教育論、教育方針があって良いと思います。
    私の教育方針は良くも悪くも昭和イズム全開でして、子供達には「鬼軍曹」「Mr.精神論」「アニマル浜口(私の口グセが気合だ!)」などと揶揄されております笑
    小学生の宿題の話題で思い出したのが、息子が小3の時に宿題に時間がかかり遅い時は日付が変わるまでやっていました…
    その時は宿題の量と言うより、息子の集中力や処理速度に問題があるんだろうなと思っていました。
    厳しい先生で字が汚いと1からやり直しさせられる為、時間をかけて丁寧に字を書いていました。唯一の救いがそのおかげて字がとても綺麗になったことですね。
    それにしても管理人様の長男くん偏差値74とは恐るべし!!
    このまま行くと2年後には決勝進出ですね!
    ウチも長男くんを目標として頑張ります!

    返信
  61. ザリガニ

     匿名1さんところの先生は狂ってますね。。。
     自力で教科書の文を400字で要約が宿題って。。。

     完全に仕事を放棄してますね。それができるなら、学校に通う必要はないかと。

    返信
  62. めかぶ

    こんばんは。

    地方に住んでいるので、娘もたまに方言(イントネーション)になることがあります(笑)

    公立小3の娘の宿題は、書き取り、音読、計算カード(九九)、読書、漢字ドリルがある時は書き取りなし、計算ドリルか算数のプリントがあり、最低40分は勉強してくださいと言われ、家庭学習の時間を記入して提出することになっています。
    最近音読がとても長くて、ページを数えてみたら8ページもありました。先生が全部読むようにと言ったようです。
    暑い中重たいランドセルを背負って帰ってきて、毎日宿題に取り組んでいるだけですごいなぁと思います。

    3年生になり、月に2回ほど漢字テストがあるのですが、全部で10問。
    8問以下の子は再テストのようで、娘によるとクラスの半分は再テストのようです。
    毎日のように出る書き取りから問題が出ているようですが、半分の子が再テストをするという現状に驚いてしまいました。
    参観会でも、学力差を感じます。
    みんなに同じ宿題が出されますが、果たしてどれだけの子がきちんと理解して取り組んでいるのか。
    テレビでチラッと見ただけですが、公立中学の工藤先生の教育改革にはとても興味があります。
    そういうことを色々考えていたら、丁度宿題の話題になっていて、とても勉強になりました。
    みなさんのコメント参考になります。

    返信
  63. 打たれる管理人 投稿作成者

    皆さん コメントありがとうございます。

    今日は雨で涼しく感じますが、明日からまた暑くなりそうです。
    体調管理が難しい!!

    さて、宿題の話ですが、
    うちの学校は思っていた以上に宿題が少ないですね。
    どちらかというと、NAVIさんの学校に近い印象。
    がーべらさんの学校なら、おっしゃる通り30分で終わりそう。
    計算が宿題の時は10分と書きましたが、これは明日の準備も含め10分です。衝撃的ですよね…きっと。
    よって、うちの子達も遊びに行くとき宿題は後回しです。
    タスクの話はおっしゃる通りだと思います(笑)。

    計ドや漢ドではなく、A4プリント1枚の時もあります。
    これの最大のメリットは5mm方眼ノートに式を書き写さなくてすみます。
    子供たちは大喜びしています。

    あと、皆さんが省く計算カードですが、あれはうちの子達の話だとめくり方の訓練のようです。
    音を立てながらテンポ良くめくる。
    これが出来ないと、タイムが出ないようです。
    本質からズレてますね、すみません(笑)。
    うちの子達はこんなところに注力します。

    NAVIさんの学校のように大々的にやりませんが、タイムも競わせます。
    授業参観でそれを堂々とやった時は驚きましたが、いい先生だなと思ったぐらいです。
    誰が早いか遅いか?一目瞭然でした。
    ちなみに、早い子と遅い子で確か4分も差がありました。
    低学年でこの差。
    高学年になると、計算式が複雑になります。
    差はひらく一方です。

    公立小兄弟の母さんの宿題以上に驚いたのが匿名1さんの学校です。
    やっぱり宿題が多い!!
    要約なんて宿題は初めて聞きました。(→ザリガニさんもコメントされてましたね)
    公立小でそんな高度な宿題を出すとは驚きです。

    何だかこうして書いているとうちの子達は宿題で苦しめられたことがないような感じですが、実は皆さんもおっしゃっている漢字で3人とも低学年のどこかで一度泣いています。
    だから、なななさんの話や匿名1さんの漢字ドリルが一番イライラする話は理解できます。
    (なななさん、眠れましたか?全統小の国語が県1位は凄い!武器ですね。)

    末っ子は5月に泣きました。上2人の経験から推測すると、たぶんこの泣きが最後でしょう。
    タムタムママさんのご紹介にあったURLをクリックしたら、「泣きながら宿題?なんて信じられません・・・虐待?」と思い切ったタイトルが飛び出してきて笑ってしまいましたが、虐待とまでは思わなかったです。
    量は適正と判断したので、「学年が上がっていくから難しくなり仕方がないこと」だと子供を慰めています。
    通シンさん>
    尾木ママは当たり外れがありますね。私もあれ?と感じることもあります。
    ウワサの保護者会で良いこと言うな~と思ったのが、「心は折れてもいい。そこから上がればいいだけ」です。
    またこの辺も書きたいです。

    返信
  64. 打たれる管理人 投稿作成者

    ずらずらと宿題の感想を書きましたが、うちの学校の宿題に関しては必要最低限でしょう。
    音読は適当・字の綺麗さは求めていない私がごちゃごちゃいえる立場ではないのかもしれませんが…(汗)。
    ・ゆうママさんのクラスで宿題を出さない子が10名→うちは数名。そういえば中学受験にのめり込み、宿題を全くやらなかった子もいましたね。
    ・めかぶさんのクラスでは漢字テストで半分が再試→うちも2問不正解で再試でしたが、再試は恥ずかしい雰囲気のようです。
    ・公立小兄弟の母さんのクラスでは、クラスの2/3が繰り上がり繰り下がりができない
    フロッピーさんもおっしゃっている通り、クラスの2/3の子達に算数障害があるわけないです。
    今は流石にできる子が増えたと思いますが、こういう子に限って”あの宿題”をやってこなかったりするのでしょうね。いい迷惑です。
    当然ですが、カラーテストですら点数が取れない。
    こんな子が多ければ多いほど危険でしょう。
    学力低下がぷりんさんも最初におっしゃっていた学級崩壊に繋がっていくのだと思います。
    ぷりんさんは実際に経験していますから色々と思うところがあったのでしょうね。

    返信
  65. 打たれる管理人 投稿作成者

    匿名1さんのコメントにあった先生様。
    こちらもまた別途記載したいです。
    いつもありがとうございます。

    返信
  66. はぎはぎ

    こんばんは。

    今日ようやく、全統小のやり直しをさせることが出来ました。
    算数はヒントを出さないと集中力が途切れてしまい、なかなか進まなかったですね。。。
    国語は言葉が分からず答えが出てこなかったものがあったけど、選択問題は全問正解してました。
    集中できれば、時間内に解けたであろうと思うので、本番はもったいなかったなぁと。
    正確な点は出せないけれど、今回は国語の方が良さそうな気配・・・

    宿題についてですが、2年生になってから平日はほぼ算数のみです。
    学校の授業も、国語の他に漢字という時間割があり、漢字ノート(書き順が書いてあり、最初はなぞるタイプ)を使っているようで、今のところ漢字が宿題になったことはありません。
    計算ドリルかプリントがほぼ毎日あります。量はとっても少ないです。1,2ページor1枚(--;
    驚いたことに、繰り上がりや繰り下がりの1年生の復習的なものが、割と最近まで出ていて「まだ宿題がこれなの?」と思っていました。
    ここへきて、ようやく筆算や長さの宿題が出るようになりましたね(^^;
    きっと、繰り上がりや繰り下がりで躓いていた子が居たんでしょうね。
    足並みを揃える為に出ていた宿題かな~と。
    問題ない子には苦痛(面倒とも言う…)な宿題かもしれませんね。でも簡単なので、多分瞬殺(^^)
    筆算ですがもちろん、線は定規で書かなければならないようです。
    どうして定規で?って思うけど、学校から言われたならそうしなければならないんでしょうね。
    週末になると+絵日記が追加されます。
    音読は毎日です。でもページ数は少ないですよ。
    1つの物語を数ページずつに分けて、2,3日ずつ読みます。
    息子は、1つの物語を初めて音読で読む時、調子に乗って全部読みます。
    私も聞いていて、全部通してくれる方が楽しいので「全部読んで。」とお願いします。
    あまり躓かず綺麗に最後まで読めたら、以降の同じ話の音読は免除しちゃっています。サボり?!
    後、息子は学童で宿題を済ませてくるので、親は丸付けだけです。
    なので、帰宅すると宿題はないので自主学習をするリズムが息子に付きました。

    宿題の量が少ないので、いいのかな?と不安になりますが、その分、自主学習でハイレベや最レベをすることが出来ているので良いかな。
    学年が上がったり担任が変わったりすれば、また様子が違ってくるかもしれませんが。。。

    返信
  67. こんにちは。

    おはようございます。

    関わらないつもりでしたが、話が終わりそうにありませんね。
    ポイントを整理すると、問題は2点だと思います。

    1 大量の宿題を出す教師に宿題を減らすように言えるか?
    2 大量の宿題が出た場合、やるべきかどうか?

    まず、1について
    「ケース1」
    我が子の成績が芳しくない場合、宿題を減らすように言うのは間違いですね。
    こなせるように、言われて終わりでそれは教師の言い分が正しいですね。

    「ケース2」
    我が子の成績がトップクラスの場合で、他の勉強が出来ないので減らして欲しい場合
    「トップレベルの成績の息子さんなら今回の量はこなせるはずです。集中力をつけるためにも必要!」
    と私が先生なら言うでしょう。

    「ケース3」
    我が子の成績がトップクラスの場合であるが、出来の悪い他の子の親からの要請が強いケースでは
    うちの子のレベルでも集中力が持たずに2時間掛かるので、A君やB君なら家庭学習で終わらないだろう。
    クラス内の父兄でも問題になっており、子供達の精神衛生を確保するためにも宿題を減らして欲しい。

    このケースの場合のみ、先生に要望が出せると思いますので、
    教師と話すなら出来の悪い子の親とタッグを組んでこのケースに持ち込む以外はないでしょうね。
    他の親と交渉の進め方の作戦を練る必要がありますが、先頭にたつのは一番優秀な子の親になるでしょう。

    授業参観後の懇談で雑談の議題にするのが適当でしょう。

    2について
    「中学受験で国公立中を受ける場合」
    内申点が必要になるので宿題はやりましょう。
    しかし、必要なのは5~6年の内申点だと思います、2~3年の内申点は対象外だと思います。
    そこは調べましょう。
    うちは国立志望で、内申点が必要で宿題をやらせます。
    まだ低学年ですが、これは高学年になったときのイメージ確保のためです。

    しかし、証拠の残らない宿題はカットしてます。

    なお、親がやってまで宿題を提出するのは情操教育上よくありません。
    出すなら子供が自分でやるべきですね。

    「私立中学受験の場合」
    内申点も必要ないし、別にどうでも良いでしょう。怒られるのを覚悟でやらないのも手です。
    怒られ続けてメンタルが鍛えられる効果もあると思います。

    「公立中に進学予定の場合」
    小学校の内申点なんて、糞の役にも立たないので、別に好きにすれば良いのではないでしょうか。

    私も子供の勉強は見ているのですが、圧倒的に子供の時間が足りません。
    勉強・スポーツ・気晴らし。。。
    気晴らしの時間は絶対削れません。。。

    全てを取るのが不可能な場合、取捨選択は親の責任で行う覚悟は必要だと思いますね、。
    うちの場合、宿題は本気ではやらせません。

    PS
    音読は文節毎に区切って読むことにより、頭に入りやすくするのが本来の目的です。
    アクセントまで気をつけて聞きやすく読むのは、「朗読」ですでに別の勉強になってます。

    「朗読」は国語の勉強を進める上で低学年に確立するのは非常に大切だと思いますが
    その量は、子供の集中力を見て決めるべきです。

    一番大切なものは、子供の精神衛生ですので
    そこを間違えずに進めれば問題無いかと思います。

    あと、現在うちの子の勉強量は、
    算数で「最レベ2年」なら1章(6P)、4年グレードアップ文章題なら2回分(4P)です。
    国語でハイレベ2年読解2P(2回分)をやらせてます。

    全てやって1時間ちょいで、ギリギリが集中力が持つ量です。
    しかし、難問の場合、途中で集中力が切れたりします。(15分~30分でも)
    その場合、一緒に毛布にくるまって遊んだりします。(子供は遊びながらも考えてたりします)

    集中力が続くように訓練を続けるが必要ありますが、
    集中力が切れた場合すぐに柔軟に休憩を入れるのは重要なポイントです。

    ただ、たとえ低学年でも1時間の集中力持続は必要ですね。(全統小もそのくらいの時間です)
    集中力持続の訓練は続けましょう。
    模試の学年毎の試験時間を集中力持続目標にするのが良いと思います。

    返信
  68. 公立小兄弟の母

    管理人さん、いつもありがとうございます!
    私のために、10名以上の方から様々なご意見を聞かせていただくことができ感謝しかありません。もう一度、最初から読み直させていただきながらメモをしたら4枚必要でした(驚)みなさん、本当にありがとうございますm(_ _)m
    そのメモを元に、以下を書かせていただきました。みなさん、まとめてのお返事になってしまい申し訳ありません。よろしくお願いいたします!

    みなさんのコメントから宿題の時間配分をしっかり把握されている方がほとんどで驚きました。そして、出来ていることが最低条件とし、その上で上手に手を抜く方法や大胆な裏技までいくつもあり、みなさんの豊富なアイディアがどれもとてもとても参考になりました^^

    音読だけでも【高速】【量を減らす】【そもそも読まない(笑)】【教科書の代わりに違う話(詩など)を読む】など様々で本当に驚きました!同時に真面目母な私は、我が子の様子に合わせてみなさんのように臨機応変に対応できず、結果的に泣かせてまでやらせていたんだと思い知りました(恥)
    こちらの学校は、毎年クラス替えがあるので子供たちは学年が上がっても春はみんな慣れるまで多少なりとも緊張しながら日々を過ごしていると感じています。

    【量を家庭で調節する】と言うこと。子供の理解力を把握した上で制限するのであれば大丈夫なんだと改めて思いました。なぜなら、本来のやる気・考える力が保たれ、健康的でかつ穏やかな生活を得ることに繋がると私も感じているからです。決して、自宅学習を優先させたいわけではないと言うのもちゃんと心にとめています。

    算数の計算は、学校全体で取り組まれているところや、『合格するまで昼休みなし』で取り組まれている先生や、できなかった子たちに『算数下手すぎ』だなんて言っちゃう先生までもがいらして(^◇^;) 管理にさんのところは授業参観でタイムアタックですか(驚)本当、考え方・物事の捉え方はいろいろなのだなぁと思いました。
    また、【学校は親より立場が上で先生様の仰ることは絶対】という状況もある現実を知りさらにビックリしました!

    私の知っている学校では国語ですが、年間読書総数を記録し学年末に【読書王】として校長先生から表彰されたり…などもあるそうです!兄弟の学校には残念ながらどれもありません(苦笑)

    【小学2年生になって日が浅い子どもに、果たしてその宿題が適切なのか?それが大事。出来る・出来ないではなくて。】正に、これに私は悩んでいたのでした。(前にも書きましたが、管理人さんには最初から伝わっているつもりでコメントしていました。)
    宿題1つ1つは大したことはないのです。しかし、4つもあると集中力は持ちませんでした。理解ができる・できないではなく、7・8歳の年齢に見合った体力・集中力の問題だったのですよね。それを、学級懇談会で伝えたつもりでしたが、きっとその時の私の言葉が足りなかったのだろうと今は思うようになりました。

    先生への交渉術に関しても、たくさんたくさんアドバイス頂きありがとうございます!先生との関係は親子ともに良好な方が子どもたちの学校生活もより上手くいくと思いますので、みなさんの貴重なアドバイスを元にしっかり練ってから来月の個人懇談で、この辺りをもう一度きちんと誠意を持って伝え直そうと思います!!先生は、「みんな暑い中、学校でとても頑張ってくれています!」と話してくださっていたのできっと想いは分かっていただけると思います^_^

    そして、たとえ宿題が多くても集中力を切らさずなるべく早く終える努力は必要だと私も思うので、次男には引き続き頑張ってもらおうとも思っています^ ^ (様子を見ながら!笑)

    漢字の書き取りは、私は必要だと思っている派です!自分で字を書かないと、きっと我が子たちは書け(覚え)ません(笑)

    尾木ママのお話も、1つの意見としてとてもためになりました!教えてくださりありがとうございます!

    また、我が家の他にも同じようなお子さんがいらっしゃる事もわかり、勇気が湧いてきました。管理人さん宅のご兄弟も泣いたことがあると言うのも意外でした。なぜ泣くのかを含め、とっても詳しくお話くださりありがとうございます(*´-`)うちも同じ感じだったのでとてもよく分かります!←ちなみに今はもう泣きません!泣かずに頑張っています(^^)成長しました!

    方言は、地方によっていろいろなのだなぁと私も知りました!!こちらの地域では、普通に生活をしていると標準語にはほぼ触れず…が当たり前な環境です。幼稚園の先生も、学校の先生も関東圏の方はたぶんいない(これまでに出会わなかった)です。みんなこの近辺出身と言いますか。園長先生も校長先生も普通に方言で話されています(笑)だから、先生たちの授業も当たり前のように方言で進められていて、出身が違う私が初めて授業参観に行った時は衝撃でした(笑)だから、音読は物凄く難しいです。無理をさせているのは承知の上で取り組んで、今年で4年目になります。これからもがんばります!(追記。「私が最初に読んで聞かせる」は今までほとんどやった事がなかったので次から試してみようと思いました!これなら時短できるかも?!です!ありがとうございます!)

    管理人さんを始め、お忙しい中わざわざ私へコメントくださったみなさま!!本当に本当にありがとうございました。心から感謝の気持ちしかありません。これからまた、前向きに新たに向き合える自信になりました^^ 同時に、学校のママさんたちとは絶対にこんな風に深くは話せないなと思いました。

    うちの兄弟には、学校は遊びに行く場所ではなく学びに行く所なんだよと話してあります。(本人たちもその気持ちで通学しています!)勉強だけでなく、家族以外の大人の人と関わること、友達や年上年下の子たちと関わること、協力したり、一緒に考えて解決したり。お互いに成功と失敗を繰り返しながら本当に様々なことを体験しながら学んで来ていると思っています。これからも予想外な事が起こる可能性はいくらでもありますし、うちも、みなさんのように上手く折り合いをつけて親子で乗り越えていけるようにしたいです!
    みなさんのお子さんに対する愛情が本当に素晴らしいと思いました(*´꒳`*)

    幼稚園児の母さまへ。
    文字のみで意図を伝えきる難しさ、私もすごく感じています。
    昨夜は私の気持ちを汲んでくださり、その後すぐにご対応していただきありがとうございましたm(_ _)m
    私も、もう少し柔軟な頭で文章を読み取れるようにならないといけないなと思っている今日この頃です。。。

    長くなりましたが、私のためにみなさん本当にありがとうございました!!

    返信
    1. 打たれる管理人 投稿作成者

      公立小兄弟の母さん おはようございます。

      きちんと耳を傾けてまた子供たちのために頑張る方だと知ってるからこそ、皆さんがコメントをくださったのだと思います。
      丁寧なお返事ありがとうございます!!

      返信
  69. 公立小兄弟の母

    管理人さん、おはようございます^ ^

    ちょっと読み直したらどちらも誤字脱字があり(汗)すみません(⌒-⌒; )

    改めて管理人さんにそう言っていただけて、今、とても嬉しく思っています!ありがとうございます!!
    こんな私ですが、これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

    管理人さん、みなさま。
    この度は、大変お騒がせいたしましたm(_ _)m

    返信
  70. ぷりん

    こんばんは、管理人さん。
    せっかく話題がきれいに落ち着いたところに、再度書き込みになってしまいますが、やっと落ち着きましたので、尻切れトンボになっていた話をまとめます。

    私は中高一種の教員免許を持っていますが、初等教育については専門的に勉強していません。小学校の先生は、中高と違い教育学部でないと免許が取れません。専門性の高い仕事であることをまずご理解ください。

    それを踏まえ、教師の立場と児童(とその保護者)の立場を峻別して考えてください。
    ・教師の立場では
    今回のコメントでは、「クラスの2/3にのぼる児童が繰り上がり繰り下がりの計算ができない」ということでした。1年生の間は学校に慣れることと勉強では漢字80字、計算の足し算引き算くらいですが、それなのに計算が出来ていないということで、勉強に熱心でないと判断。厳しめに接することにしたのではないかと思われます。それは「計算カードをしなくていいんではないか」という提案をすぐに否定しているところからもわかると思います。

    ・公立小兄弟の母さんさんの立場
    計算を頑張ると疲れて、そのあとの学習に支障が出る。音読は方言を直すので時間がかかる。これらは公立小兄弟の母さんさん宅の個別の事情です。クラス全体の問題とは違うことに注意してください。
    そのうえで、親の裁量で宿題の量を調整するのは自由だと思います。個別の事情で、クラス全体の宿題の量を減らすことを求めるのは越権行為になります。しかし、全ての子どもにぴったりの宿題を出すことも不可能なので家庭でカスタマイズすることは問題ないと考えます。実際、うちでは音読は英語の本でやっています。そのため、音読する量を調整すればどうかと提案しました。
    ただ、クラスの半数以上が計算問題が多く困っているのなら、先生と交渉してもいいと思います。その際、先生はカリキュラムの積み残しを心配されていると思うので、そのことを含んで話し合わないと平行線を辿ると思います。「多くて大変だから減らして欲しい」ではなく、「多くて大変で子どもが勉強を嫌いになってしまうかもしれないから、取り組みやすい量から始めてほしい」という言い方です。

    参考までに、学年崩壊した上の子の小学校時代の流れを。
    2年→九九の6・7・8の段を3月の2週だけで終わらせ実質できないまま進級
    3年→九九が完全でない子が多いため、担任は宿題を増やして覚えさせようとしたが、保護者から「宿題が多いから減らして欲しい」と校長に訴えがあり、宿題がなくなった。
    4年→新任の女性教師のクラス運営が気に入らない保護者が懇談会でその教師と衝突→1週間後くらいからその保護者の子どもが教室で暴れ出す。学級崩壊。
    5年→これまた若い別の女性教師、児童がうるさいと発狂(→本当の話)。ずっとネチネチ説教を始め、授業をしない。うちの子が家に帰ると泣き出すので話を聞くとその教師とは思えない行動に、単身校長室に乗り込んで善処してもらうことを約束。複数の教師が教室に入ることで落ち着いた。担任はしばらく自宅待機。この年は学年崩壊。
    6年→学年崩壊したあとなので、殺伐とした空気のなか1年を過ごす。

    わかりますか?
    公立小兄弟の母さんさんの次男さんのクラスの状況は、この流れの3年生にあたります。先生は、おそらくこの流れをご存知で悪い芽を摘むために厳しい対応をされているんではないかと推察します。
    勉強ができないだけで学級崩壊は起きませんが、そこに教師不信が重なると荒れると言えます。そして教師不信だけでも学級崩壊は起きません。ただ、ひとつ問題を抱えたままだと次の問題を抱えやすく、そしてまた……というように雪だるま式にトラブルは大きくなります。そうならないための宿題ではないかと思います。そして保護者が先生を信用しなければ、子どもは不安定になります。クソみたいな教師であっても、子どもの前では決して先生の悪口を言わないように。
    ちなみに、私はこの流れの2年の担任、5年の担任はクソ教師認定しています。(お下品な表現ですが、本当に激怒した相手なのでご容赦を!)そして4年の担任はその後下の子の担任になり、以前書きましたが最低な態度を取ったのでクソ教師認定しています。
    クソ教師は存在しますが、子どもを守るために出来るだけ穏便に、と思います。もちろん最低なヤツには徹底的に戦わなければなりませんが、その際はクラスのみんなと共に。
    学級崩壊、学年崩壊があると、傷つくのは子どもたちです。出来るだけ避けて欲しいです。
    クソ教師認定はいつでも出来るので、ひとまず先生を理解するところから始めてください。子どものことを思っている点は同じだと思うのです。

    匿名1さんところの先生は、私がクソ教師認定します。
    思うに、自分に自信がないんでしょうね。宿題を大量に出せる自分に安心しているというか。やり過ごすのも勉強のうちと思って、静かに目立たないようにお過ごしください。宿題の内容を見る限り、しつこそうな感じがします。重箱の隅をつつくような性格ではないかと…。会ったことも話したこともないのに、宿題の中身があまりにもアレなもので……。

    週末出ずっぱりでなかなかPCに向かえなく、周回遅れのコメントですみません。

    返信
  71. 打たれる管理人 投稿作成者

    はぎはぎさん、こんにちは。さん、ぷりんさん、コメントありがとうございます。

    >はぎはぎさん
    全統小のやり直しお疲れ様です。
    心配はそこまで必要なさそう!!
    ちなみに、わが校以上に宿題が少ない学校のように思いました(笑)。
    先生も全体のレベルを考えて出しているようですね。
    おっしゃる通り、自主学習に充実することが可能ですので、ラッキーです。

    >こんにちは。さん ぷりんさん
    ありがとうございます。
    私もコメントしたいので、また明日にでも。
    先生様との関わりでもう少し突っ込んで話をしたいので、新スレッドにするかも。
    もしお時間がありましたら、またお付き合いください。
    それにしても、学級崩壊って壮絶….。
    クソ教師認定には笑ってしまいましたが、そういえばこんにちは。さんの先生もクソ教師でしたね。
    強い親の言いなり。あれも酷かった。

    返信
  72. こんにちは。

    おはようございます。

    宿題の一つに「家に掲示して毎日歯磨きをして歯を磨いた日の葉っぱに色を塗って学校に提出する」
    っと言うのがあります。

    6月30日まで葉っぱがありますが、
    うちの子は真面目なのでもらってきた日に全ての葉っぱを丁寧に色を塗ってました。

    そのまま仕舞おうとして、妻が掲示する穴が開いてないよっと言うと
    素直にコルクボードに歯磨き表を掲示してました。

    7月になったら学校に提出するそうです。

    とても真面目に宿題をやるし、親の言うことも素直に聞く良い子に育ってます^^

    返信
  73. 匿名1

    1つ言い訳をさせて下さい。
    昨年の担任は確かにクソ野郎(言葉が悪く申し訳ないです)と思っていましたが、今年の担任は理解のある素敵な先生です。

    要約の宿題は我が校では4年生くらいからあり、どの担任の先生であろうが、どの学年であろうが出されます。
    宿題のボリュームもだいたいどの学年、クラスでもこんなものです。

    我が校は地域の伝統校で、イメージとしては地域の泰明小学校のようなものです。
    大変落ち着きのある学区とされており、地域のモデル校として、先進的?な教育が行われています。
    今流行りの記述式問題に対応すべく?やたらと要約宿題が出されるのではないかと。
    先生も管理職からの命令でしたらやらざるを得ませんよね。ですので要約宿題は面倒だなと思いつつも先生もお気の毒だなという思いもあります。
    仕方がないからやるしかないかと諦めるしかありません。

    ぷりんさんの仰るように子供は学校でどのように振る舞っているかは分かりませんが、私は息を潜めて目立たぬようじっとしています。
    忍耐忍耐と言い聞かせながら(^_^;)

    それにしても学級崩壊ということが現実に起こっているのですね。
    入学してから一度も学級崩壊の当事者になったこともなければ、学級崩壊が起こっていると聞いたこともありません。
    伝統校だからそんなことは絶対にさせないと学校が目を光らせて管理でもしているのでしょうかね。

    こんな学校なのでいくら内申のいらない中学を受験をするからといって学校の宿題を提出しないなんてことはできません。
    メンタルが強くなるどころか袋叩きにされてメンタルが崩壊します。

    中学受験をする児童の多い学校ですが、宿題をしてこない子なんてクラスに1人、2人です。

    中学受験の勉強の両立も考え、ずるいやり方ですが、親が積極的に手伝い時短することにしました。
    提出する宿題の見映えがよければ先生も納得するのですから。

    歯磨きカレンダーの宿題ありますね。
    うちは提出前日にまとめて30日分色鉛筆で塗ります。

    ダメ児童の典型ですが、いつか気付くと思い、放置です。

    返信
  74. はぎはぎ

    こんにちは。

    息子ですが、昨日ようやくハイレベ国語1年が終わりました。
    散々、飾り言葉やこそあど言葉に手こずっていましたが、終わってみれば最後のリビューテストも一発で100点を出していました。
    何だかんだで、少しずつ力が付いたという事でしょうか???
    まだ、ハイレベ読解力が20テストほど残っていますが、やっと終わりが見えてきそうな気配です。
    ↑遅いっ?
    正答率も上がり、ホッとしています。
    息子もすぐ100点取れることがうれしいようで、スッキリした顔をしていました。
    「夏休み前までにハイレベは終わりにして、夏休み中に最レべを終わりにするつもりでやってみようか?」と言ったら
    「無理!」と即答されたけど、おだてて調子に乗せれば意外とイケるかな…(^^;

    とりあえず、次の準備としてハイレベ2年を全種類(4冊)ポチりました。
    後、Amazonを見ていて「サイパー思考力算数練習帳シリーズ」なるものを見つけました。
    どっかい算、植木算、周期算…等、1つのテーマに沿って問題集が作られているようでした。
    苦手な分野があれば、その分野の問題集をやらせてみれば効率がいいのかな?
    どなたか使用している方はいますか?

    話しは変わりますが、そろそろ学校もプール開きになりそうですね。
    息子の通う小学校は、水着の色がオレンジが標準です。
    一応、水中にいても発見しやすい色という事のようです。
    また、無地であればラッシュガードもOKです。
    男の子だから気にしなくてもいいかなと思いつつも、私自身が日光(紫外線)で肌が被れるので、息子には日焼け対策の1つとして着せています。
    今年も殺人的な暑さになってしまうのかな・・・(--;

    返信
  75. さざなみ

    初のコメント失礼します。
    地方都市に住む小3と年長の男の子がいる、さざなみと申します。
    小3の息子は管理人さんやコメントをしている方々のご子息やご息女のように成績がトップクラスではなくむしろ半分より下かも?と思うような子で、ごく稀にテストで100 点をとると「母ちゃん!聞いて聞いて!大ニュースだよ!」と言って学校から帰ってくるという息子です。
    周りがみんな公文や学研、塾、通信をしているので、我が家も成績を上げるために何か対策しなければと焦って色々と調べていた所、こちらのサイトにたどり着きました。
    家庭学習でも十分できると、こちらのサイトや皆様のコメントで教えていただき非常に感謝しております。
    基礎から少しづつ積み重ねて、いずれは成績も上位になれるよう頑張りたいと思います。

    こちらではひっそりと読むだけにしようと思っていたのですが、身近な宿題の話題ということで、ついつい出てきてしまいました。
    小3の息子の宿題も5月中旬くらいまで、2年生の復習の計算問題100 題、漢字1字につきノート2行練習(だいたいノート2ページ分)、音読6〜8ページ(初見の音読もあり)でした。
    計算問題をした後に漢字練習をすると「もう鉛筆が持てない。手が痛い。」と言い、音読もまだ習ってなところだと「まだ習ってないのに何で宿題にするんだよ」と、文句を言いつつしてました。
    のん気な私は、「大人になったらもっと納得いかないことが沢山でてくるよ。世の中はむしろそんなことの方が多いと思って生きていきなさい!そのための勉強をしていると思えばいい!」などと適当なことを言っていました。お恥ずかしいです。
    こちらで、宿題一つとっても子供のためを思って真剣に考えていらっしゃる方々のコメントを拝見し、自分は息子の勉強に対して真剣に考えていなかったため、息子の成績も芳しくなかったんだなと猛省しています。

    このサイトで気づけたことが沢山ありますので、これからも参考にしながら頑張りたいと思います。
    長々と失礼いたしました。

    返信
  76. 打たれる管理人 投稿作成者

    皆さん コメントありがとうございます。

    ストロベリームーン見られましたか?
    基礎英語の時間帯と重なっていたこともあり、我が家はすっかり忘れていて、気づいたときは21時でした。
    残念!!

    読み返してみたら、ゆうママさん・めかぶさん・公立小兄弟の母さんのクラスがまるで学級崩壊危機と断定しているように書いていました。
    すみません!!
    文章で伝えるって難しいですね(笑)。

    現在、先生様に意見を述べることについて書き途中ですが、もしかして公立小兄弟の母さんの懇談会はざっくばらんに意見が言えるような良い雰囲気での懇談会だったのかしら?と。
    以前、長男くんの懇談会がそうだったような?
    うろ覚えですみません。

    なかなか時間が取れず、コメントも遅くなっています。
    また明日以降にでも。

    返信
  77. ぷりん

    こんにちは、管理人さん。
    宿題問題、意外にいい方向に話が向いたと思います。管理人さんの采配がやはりいいんでしょうね。お人柄が忍ばれる文章です。

    さて、匿名1さん。
    失礼しました。素敵な先生でいらっしゃるのですね。匿名1さんがそう思っていらっしゃるのなら、先生にはちゃんと伝わっていると思います。
    ただ私は小学校の宿題は基本国語算数を中心にしたものでいいという見解です。理科・社会の教科書はスッカスカの中身なので、あれでは勉強しづらいと。中学受験の勉強をなさっていたらおわかりかと思います。
    ちなみに、学校が伝統校ということであれば優先的に力量のある教師が配属されるので心配には及びません。子どもの家庭学習に悩みネットを彷徨った10年でいろいろと知り合いが出来、○育○員会に出入りしている先生に教えてもらいました。我が子の学校はものすごい学年崩壊を起こしたので、現在てこ入れでしっかりした先生が五月雨式に赴任してきました。立て直す馬力はすごいです。

    ところで学校の宿題と家庭学習についてのみなさんのコメントを読んでいて、ふと思い出したこと。
    「K大卒でも~」というスレでも書きましたが、友人が会社の人事部にいます。最近の新人は納期が迫っているから早く仕上げてくれと言っても自分のやりたいようにしかしないので、周囲が慌ててフォローして納期に間に合わせたものの、「お礼を言っておけ」と言うと「自分が頼んだわけじゃないのに、どうしてお礼を言わなきゃならないのか」とキレられるし、「これは自分のやりたい仕事じゃない」と言って上司に仕事を突き返すので現場から「あんなやつを採用するな」と突き上げられるという話を聞きました。それで、うちが中学受験の勉強をしているのを知っていたので「勉強だけ出来たって駄目だよ。家の手伝いをさたりしないと、社会に出て使いものにならなくなる」と言われました。
    ここでも、記憶に新しいスレの言葉が出て来ましたね。
    会社の人事から子育てを見る斬新さに惹かれ、ネットで人事の話をしている方と交流したりしたのですが。ここでも勉強ばっかりの学生が多いという話でした。一流大学卒、英検1級、留学経験あり、立派な肩書きはあるけれど、それを使ってこの会社で何をしたいかという部分がごっそりないと。肩書きを取得したらそれがゴール、そんな感じなんだという話。
    何が言いたいかと言うと、「うちはもうそれは出来ているので、やらなくていいですか?」という感覚が、そういう学生を生んでいるのではないかと。
    全体のなかの個というものを理解していない。日本は同調圧力が強いので、個を守る方向へ意識が向いたのはいいですが、行き過ぎると他人との協調が失われることもあるんではないかと。
    人事の方は、基本体育会系の学生を取ると間違いは無い、組織の理不尽についてもある程度は耐えられるからと言われてました。
    習い事をしていると、他人と関わることが多いです。特に本気でのめり込むと人との距離が近くなるので、自然と他人との協調は育まれます。
    しかし、翻って家庭学習で他人との関わりってどこにあるんだろう。模試を受けても、顔の見えない不特定多数のなかでの自分の成績、塾に行けば競う相手(良い意味でもありますが)、学校での勉強もしかり。学校の行事をこなしていれば十分という考え方もあるかもしれませんが、学校の勉強で自己都合を優先していれば行事もそのようにこなしていても不思議ではありません。合格したらお終い、次は資格勉強とか、それを使って人とどう関わって行くのか展望がない。
    手伝いと言っても先に出て来た話は、基本母親の家事を手伝うことが中心で家庭内の話なのです。しかも母親の言いたいことを察することを要求される話だったので、そこでは主従関係じみた形にならざるを得ません。今、学校で異年齢との交流、地域との関わりと他人との関わりを多く謳った行事が多いのはこのせいなのかと思い至りました。
    子どもの学力を最大限にのばすことと、集団のなかで過ごしていく力を育てるということは、どうすればバランスよく出来るのか。親の舵取りは難しいなと思っています。ちゃんと出来ているのか不安だなぁと。
    思っていることがちゃんと上手に書けて伝わっているか心配ですが、自分の子どもの成長ばかりに気を取られると、思ってもいないところで足許を掬われるようなことがあるんじゃないかと思ったのです。
    とりとめの無い文章になりました。すみません。

    返信
  78. 打たれる管理人 投稿作成者

    歯磨きカレンダーは色塗りが面倒で、我が家もまとめて塗ってます。
    色塗りの仕上がりは人様にお見せできません。
    娘ですら…です。
    グラデーションや陰影も気が向いたときにやってますが、基本的には男どもと変わりません(恥)。
    こればっかりは、その子の性格がかなり影響でそうですわ…。

    >はぎはぎさん
    進捗は順調だと思います。
    リビューテストで100点だと安心します。力がついてきていますよね!
    ハイレベ読解力はあれだけ手こずっていたのに(笑)。
    凄い!成長がみられます。
    学校以上のレベルのものをやらせるのは、そんな簡単ではありませんから。
    はぎはぎさんも本当に頑張っているのが伝わってきます。
    最レべはおだててやらせてください(笑)。息子くんなら、ハイレベ100の時よりスムーズに終わらせるかと。
    それからハイレベ2年でも遅くないと思います。
    水着って黒か紺ですよね。オレンジって聞いたことがない!!
    目立つわ。

    >さざなみさん
    初めまして!!
    息子くんの「母ちゃん」発言に吹き出してしまいました。

    うちの末っ子と一緒の学年ですね。
    「もう鉛筆が持てない。手が痛い。」→このセリフ、うちでも聞いたことがあります(汗)。
    どこも一緒ですね。
    初見の音読なんて出たことないです。

    地元中進学なら、やり方を間違えなければ家庭学習で十分!
    100点稀なら、まずは宿題からでしょうか。
    塾等に通わなくても上位層は入れます。
    この先、どうなるのかわからないです。
    真ん中の子が小5ですが、小4まで競い合っていた子の名前を聞かなくなりました。
    計算が遅すぎのようです。
    計算式が複雑になり、小さな差から大きな差になったみたいです。
    小5まであと2年あります。
    お互い頑張るしかないですね

    > ぷりんさん
    時々?いつも?毒を吐きますので、皆さんから褒められ恐縮です。
    さて、K大卒の話。
    先生様にモノ申すでもコメントで書き込みがあり、興味深く読んでいます。
    個性を尊重しすぎるとただの我儘にしか見えなくなる。
    その境界が凄く難しい気がします。
    とても大事なところだと思います。
    ぷりんさんのおっしゃりたいことは十分に伝わっていますが、私もきちんと出来ているか?といったら不安です。
    難しいお題ですが、考えてみます。

    返信
  79. 匿名1

    ぷりんさんへ

    お返事ありがとうございます(^^)

    我が校には力量のある先生が来ているのですね。
    昨年の担任はどう考えても、うーんという感じがしますが、そうなのでしょうね。

    確かに学校の理科、社会の教科書はただ重要な所を覚えさせるという感じがします。
    なぜそうなるのかという背景は書かれていません。
    もう少し詳しく背景を書いてくれれば親切だなと思いますが学習指導要領もありますからそうもいかないのしょうね。

    集団の中の 個 というのは難しい課題です。
    表現がおかしいかもしれませんが、学校の宿題も集団行動の1つなのでしょう。
    「俺、それ分かっているから授業は受けない」と授業中言うのは許されませんよね。集団行動から逸していますから。
    それと同じで「俺、それは分かっているから宿題はしない」は許されない。
    個人の都合は関係ない、出された宿題は
    つべこべ言わずにやれというのが学校なのだと思います。
    これができない人間は将来社会人として組織で通用しない。
    個 も大切だけれども、組織の中での 個 だと意識しなければならない。
    難しいです。

    返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
・コメントは承認制に変更しました。
・状況によっては、纏めてお返事する場合もあります。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。