勝ち組しか体験できない企業の接待

公開日:2016年10月3日

スポンサードリンク

上には上がいると思いますが、T大卒夫は収入面・待遇面・社会的地位では勝ち組の域に入ると思います。

契約をしてほしいための、「至れり尽くせりな接待」が世の中にはしっかりと存在しています。
身近でもいると思います。接待する側の人、される側の人。
当然、誰もがどうせなら接待される側になりたいと思いますよね。
わが子は接待される側になってほしいと思いますよね。
でも、そんなちやほやされる立場なんて一握りです。

T大卒夫ですが、もちろんお仕事ですので仕事はしますが、海外出張の場合は話を聞く感じだと仕事:観光=6:4でしょうか。
食費は接待され、出張手当も出ますので、お土産を買っても実費はほとんどなしです。
当然、航空会社は日系でホテルはそれなりの高級ホテルになります。
私の行きたい場所もしっかりと観光して帰国します。
残念ながら、ぶっちぎりの勝ち組ではないので座席はエコノミーですが、ほとんどの大企業はビジネスクラスです。
海外出張はこんな感じですが、国内の出張は観光もなく本当に仕事ONLYのようです。
楽しみはその先々での食事ぐらいでしょうか。以前、出張先でマックを食べたということもありましたが。。。
そう考えると、T大卒夫の接待出張は大したことないようです。 もっと凄いところは五万とあります。
上を見たらきりがないのですが・・・。

うちのT大卒夫を含め、このような経験を出来るのは、世の中でほんの一握りなのかもしれません。
これを読んで、「うちの夫も同じだわ」「こんな世界があるのか・・・」と様々な意見が出てくるでしょう。
あちこち行くのが苦手な人には出張は苦痛でしかないのかもしれませんが、多くの方が負のイメージは沸かないと思います。
勝ち組の域は、羨ましい生活であることは確かなのかもしれません。

つい最近、娘が習い事先でお友達が出来ましたが、そのお友達が700万?の高級車に乗っていてお母さんも身だしなみバッチリ。
私も何とか綺麗???にはしていますが、身に着けているものがワンランク?いえいえツーランク上です。
少し立ち話をしますが、やはり若干気が引けます。
今まで、こんな気持ちになったことがなかったのですが、やはり上には上がいるなあと実感しました。
ちなみに、そのお母さんはいつも笑顔でステキな方です。
お金で幸せは買えない!!と言いたいですが、お金が人を幸せにしてくれることはあると思います。

格差は今後どんどん広がっていて、AI(人工知能)より仕事の能力が低い人間はその他大勢として低賃金の生活になると予想されています。
中流という言葉はなくなり、一部の上流とその他大勢の下流で世の中を表すことが出来ちやうのかな?と思います。
今の子供達はもっと勝ち組・負け組の差がはっきりとなるような気がします。

収入の良し悪しで決まるわけではないですが、収入が人生を左右するのは当たり前です。
お金と学歴は邪魔にならないと言われますが、本当にそう思います。
誰もが不自由なく生活したい。
子供が勝ち組の仲間入りしていてほしい!!そう思う親も多いと思います。
子供に少しでも苦労をさせたくないと思うのは親として当然ですよね。
ただ、これからの時代は出すぎた杭ぐらいに子供を育てないと、勝ち組の域には入らなくなってくるような気がします。




スポンサードリンク







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
・コメントは承認制に変更しました。
・状況によっては、纏めてお返事する場合もあります。
・ここに書いていいのか迷う場合は、「歓談のひととき」もありますのでご利用ください。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

勝ち組しか体験できない企業の接待」への6件のフィードバック

  1. ポンテ

    Twitterのポンテです。
    古い記事にコメントしてしまってすみません。
    なんか考えてしまいました。。(-_-)

    うちの夫は海外出張は、仕事しかしません。
    上司にそんな仕事ばかりの人間じゃだめだ、と言われたそうですが、報告書等の出来はすばらしいと褒められるようです。
    そしてたいして仕事しない後輩と一緒に行ったときは、彼がいいお店を探してくれて、それは素晴らしく良かったと愉しんだようですが。

    夫はアメリカ出張いったら、リアップと同成分のものを安くドラッグストアで大量買いするのが目的のようです。貧乏くせぇ。でも日本の2-3割の値段だそうです。なら買っとけと同じ貧乏性妻は思います。

    ツーランク上の素敵な奥さんに引け目、
    私もわかります!家族皆さん美男美女だし。
    学童では仲良くはさせてもらってますが。
    そちらお子さんを公文等にいれてます。
    私は公文式は高すぎてあまり好きではありませんがね。
    公文勤務のパパ友が学童にいますが、
    あれ、賢いプロモーションやのぉとツッコミたくなります。

    そして、私からみたら子供3人しっかり育ててる、打たれる管理人さんにも、若干引け目を感じてしまいますよ!うちは1人しかいないのに、特に取り立てて何も取り柄ないし。

    でもブログから英語学習や参考書の選び方参考にさせてもらってます。

    これからも同じ調子で教育論かたってくださいね!

    返信
  2. 負け組

    接待を受けて勝ち組と書いてありますが、これを読んでまともなビジネスマンならほとんどが、絶句していると思いますよ。今時の感覚ではあり得ない考えです。(コロナとかは関係無く)品格を疑われますので、少なくともブログのトップからは削除した方が良いですよ。
    大きなお世話だと思いますが、せっかく良い記事もあるので、それが台無しになるのでコメントさせていただきました。馬鹿丸出しです。

    返信
    1. 打たれる管理人 投稿作成者

      コメントありがとうございます。
      承認が遅くなりました。
      読まれてないと思いますが、コメント残しておきます。

      不快な思いをさせてしまい申し訳なく思います。
      勝ち組負け組はその人の価値観で決まるものでもありますからね。。。
      日本は資本主義です。
      ここを忘れてはいけません。

      海外出張は会社側がせっかくだからと観光もできるようです。
      実際は6:4の時もあれば、9:1の時もあるようです。
      タイトなスケジュールは身体を壊さないか心配になるぐらいです。

      コロナで接待は激減、出張もなくなりました。
      私は一人で気を張って家を守ることもなくなりましたのでラッキーです。
      これからはコロナでまともなビジネスマンが増えます。

      返信
      1. とおりすがり

        はじめまして
        思わず横から口出し致します。

        管理人様、負け組様のコメントの真意を理解していないのでは。。
        接待を受けて勝ち組だとはしゃぐ思うことに不快感を示してしるのではないと思いますよ。
        海外出張中、余計な接待や観光など不要、そんな時間があれば仕事したいという、いわゆる勝ち組の方々もたくさんいらっしゃいます。接待する側もそんなことは百も承知です。

        ご主人様、おそらく海外出張がめずらしいのでは?
        だからこそ仕事意外の時間も充実させてもらえるのでしょう。
        新人の頃の海外研修を思い出します。しっかり観光させてもらいました。

        まさか、仕事意外で異文化理解を広めるなんておっしゃらないでしょうね?そんなことは学生の海外留学かせいぜい新入社員の研修までです。
        いわゆる勝ち組の方々は、こんな言葉本当は使いたくないのですが。。仕事を通じて理解を広めていますよ。

        私たち夫婦は努力だけで進学できる大学卒ですが、子どもには趣味の習い事も私立進学も余裕をもってさせてあげられます。もちろん奨学金も考えていませんよ。

        承認されないと思いますが横から失礼致しました。

        返信
        1. 打たれる管理人 投稿作成者

          とおりすがりさん コメントありがとうございます。

          このレベルなら、迷わず承認します。
          とおりすがりというお名前が承認しようか悩みますが。

          私もこの内容は少し軽く書きすぎたと反省しています。

          海外出張はなにを基準として多いか少ないか判断できませんが、定期的に行ってました。
          行く前後は更に忙しくなり、土日も仕事です。
          バタバタです。
          忙しいときは機内でも仕事しているようです。
          息抜き、駄目ですかね。これだから稼ぎが少ないのかもしれませんね。
          ただ、おっしゃる通り、忙しいのに余計な接待を不要と思う時もあるようです。

          海外研修は楽しいですよね。
          分かります。

          残された家族はたまんないです。
          行くかもしれないと話があると、また更に忙しくなるのかと鬱々しましたので。
          楽しみはお土産と写真ぐらいです。
          あてにしていると精神的にキツイので、いないものとして育児しています。
          頼る人は誰もいないので大変です。

          >私たち夫婦は努力だけで進学できる大学卒ですが、子どもには趣味の習い事も私立進学も余裕をもってさせてあげられます。もちろん奨学金も考えていませんよ。
          そうですね。うちは残念ながら無理です。

          これで失礼します。

          返信
        2. 打たれる管理人 投稿作成者

          とおりすがりさん 追記です。

          コロナ前、行く話がある毎に、
          「この前行ったじゃん。何パーセントの確率で行くの?」
          「いいな~私も行きたい。。。」
          と失言をし、主人に怒られてます。
          何回繰り返した分かりません。
          出来の悪い妻です。

          今はパートになり、子供3人を育てるのに精いっぱいで正社員で働いた時のことを忘れてしまったようです。

          返信