img_5337

100点を取ったらご褒美がもらえる!!

公開日:2017年1月5日

スポンサードリンク

100点を取ったらお小遣いがもらえる子いませんか?
通知表でA判定の数だけお小遣いがもらえる子いませんか?
これ、絶対にオカシイです。
親が子供の才能を潰しているようなもんです。
いちいちご褒美なんて与えていたら、キリがないです。
大の大人が親に車を買ってもらう話なんて馬鹿なんじゃないの?って思うことがありませんか?
でも、ご褒美制を実施していると聞いたご家庭は、そんな大人に育てる気満々なのかしら?と逆に思われますよ。
ニートを育てようとしているようなもんです。
もし、実際にやっているのでしたら、速攻で辞めるべきです。

実際にいる子供達のお友達

1小テストも大テストも100点を取ったら100円もらえる子
2通知表でA判定の数だけ100円がもらえる子
3運動会のかけっこで一等賞だったら、好きなゲームを買ってもらえる
4スイミングで級が一つ上がったら、好きなものを買ってあげる。
⇒合格にセブンティーンアイスを買うなんて可愛いもんです(笑)

さて、どうして私が知っているかと言うと、100点連発した子供達が私に文句を言ってきたからです。
「〇〇くん、100点取ったから100円もらえるんだって」
「〇〇ちゃん、大きいテストで100点だったから2倍の200円らしいよ」
「〇〇〇くん、通知表でAの数ごとに100円がもらえるらしいよ」
まあ、この後に続く言葉は想像つきますよね。

「うちはどうしてくれないの?」

出たな。みんな貰っているからうちもそうしてよ作戦。!!
3人の子供達が金や欲しい物を買ってもらいたいために、一斉にご褒美友達がわんさか出てきました(苦笑)。
こんなことしていたら、100点オンパレードの我が家ですので破産してしまいます。
速攻で却下して、丁寧に説明をしました。

1. いい成績を取れば、ご褒美をもらい続けるとどうなるか
教育熱心なご家庭の多い地域に住んでいるので、絶対に劇薬であるご褒美で学力を吊り上げている家もいるかなとは思っていましたが、思っていた以上にご褒美制を実施していることに驚きました。
さて、この劇薬ご褒美制を続けるとどうなるか?
子供達に聞いてみました。
「ご褒美が沢山もらえてお金持ちになれる」
「嬉しい」
「もっと頑張れる」⇒これは絶対に頑張れません
まあ、子供なので仕方がないですね。
これこそ、「うちはうち、よそはよそ」ということで子供を納得させなければいけません。
何のために勉強しなければならないのか、これをしっかりと子供に教えるべきです。
ちなみに、「子供3人100点当たり前の我が家がご褒美制を執行したら破産する」と説明しました。
2. 勉強は誰のためにやるものなのか
ご褒美制で上手くいくのは今のうちだけです。
中学高校と大きくなるにつれて、絶対に通用しなくなると思います。
勉強(運動もそうですが)誰のためにやるのか。
自分自身のためです。
親のためではないです。
「自分自身の将来のために、努力し続けることが大切」
なのです。
絶対にここは間違って教育してはいけないと思っています。
私はまだ小学生の親ですが、劇薬のご褒美制をやったら絶対に子育ては失敗するって思っています。
どの親も自立が育児の最終目標だと思うんです。
・自分のために頑張る⇒自立へとつながります。
・ご褒美がないと頑張らない⇒やらされてるだけで、自立へつながりません。

誰のために頑張るのか。
絶対にここは間違えてはいけません。
中学・高校になると、努力も人一倍しなければなりません。
そんな時、こんなご褒美という甘っちょろい考えで反抗期真っ盛りの子供が頑張れると思いますか?
物があふれていて、昔とは違う恵まれた生ぬるい環境にいる子供達ががむしゃらに頑張ることをご褒美制がさらに奪うことになります。

総論

あまりに多くの親が実施している「100点取ったらご褒美」は百害あって一利なしです。
T大卒夫は以下のように言います。
・100点とるのが当たり前
・100点をとったら実力がついたことへの喜びを学ぶべき
親は実力がついたことのご褒美は、将来の選択肢が広がることを綺麗ごとではyなく現実的な話をすることも大切なのかもしれません。

ちなみに、T大卒夫は中学生の頃に一度だけ中間か期末テストでご褒美制があったようです。
理由はT大卒夫の兄が勉強しなかったから。
※そうは言っても、T大卒夫の兄も難関大学出身です
T大卒夫兄は「1番の子と合計点が10点以内だったら、欲しいものを買ってあげる」という約束だったらしいです。
結果は見事約束は果たして4万もするラジコンをゲット。
そして、T大卒夫は1番が当たり前だったけれど、弟だけ買わないというのはオカシイので2000円ぐらいの切手シートを買ってもらったらしいです。
何だか、お値段が違い過ぎるのですが、、、。
まあ、これは嫌われ嫁のつぶやきを読めばわかります(苦笑)。

その後のT大卒夫の兄ですが、、、ご褒美は1回だけで、その後も変わらずあまり勉強はしなかったようです。
まあ、それでも難関大学に入れるのは凄いですけどね。。。
もう、地頭が違うのでしょう。

絶対にご褒美制は反対です。
誰のために頑張るのか、絶対に間違えてはいけません!!!!
やらされ感満載なご褒美制、劇薬なので目先の効果はあるかもしれません。
でも、本物の学力は身につかないどころか、将来も親のスネをかじり続ける子になりかねません。

さて、子供達に「ご褒美制」について聞いてみました。
「やだ。賢くならないもん」と。
何のために頑張り続けるのか。一応、理解していると思っています。

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
コメントは承認制に変更しました。ご理解のほどよろしくお願いいたします。