IMG_5139

中学受験は稼げる大人になる

公開日:2017年2月16日

スポンサードリンク

中学受験をすると、偏差値の高い大学・稼ぐことが出来る就職先にたどり着けると思っていませんか?
公立が劣っていて、私立が優れていると思っていませんか?
公立中学に進学して高校受験するのが劣っていて、高校受験のない中高一貫校が優れていると思っていませんか?

1000万円をかけても出口が一緒の場合も大いにあり得る

中学受験をするには、お金が凄くかかります。
大手進学塾に小4から通塾して、私立中高一貫校を卒業するまでに、ざっと1000万円かかります。
低く見積もってですよ!!

これだけお金がかかっているのですから、どんだけ素晴らしい大学に行けるのか?
そう思いませんか?

色々な子が進学する地元の公立中学と、ある一定のレベルを満たした中学受験を終えた受験をして進学する中学。
地元の公立中学に進学する子と中学受験する子では、入口(=中学)が違います。
莫大なお金をかけて、地元の公立中学に進学する子とは別の入口を選ぶわけですから、出口は当然お金をかけた分、稼げる道があると考えますが、絶対に間違っています。

以前、地元の公立高校、頑張っていませんか?でも書きましたが、公立高校も頑張っています。
決して私立に見劣りしない結果です。
1000万円をかけて中学受験させたのに、結果的に地元の公立中学の子と一緒の大学だったら、ショックを受けませんか?
逆に色々な子がいる環境で揉まれた公立中学出身の子が「稼げる大人」になっているという逆転勝利だってあり得ます。

中学受験をした義兄嫁さんがこんなことを言っていました。

義兄嫁
せっかく中学受験をしたのに、大学が一緒ってのは勘弁してほしい

これ、中学受験をされた親の本音ですよね。
だって、凄いお金がかかっているのですから。

もちろん、うちは環境を買ったから、子供にとっても楽しい6年間だったらそれでいいという方もいらっしゃるかもしれません。
でも、そんな心の広い考えが出来る方なんてなかなかいませんよね?
一般的な生活レベルのご家庭が中学受験をしたら、やっぱり子供に1000万円以上のお金がかかっているのですから、「稼げる大人」になってほしいって思わないわけがないのです。
中学受験は、決して綺麗ごとではない親の見栄も見え隠れするのです。
だから、、、、、受験することを親子でひた隠しにするのです。

クローズアップ現代+でも「稼げる大人」になる!? 過熱する受験競争を放送

激務なT大卒夫が、たまたま22時に帰宅したので、クロ現+を一緒にみました。
twitterでも書き込みましたが、はっきり言って「クレイジー」です。
もう、突っ込みどころ満載でした。
twitterでも、ほとんどが否定的な意見でしたね。
我が家の考えは、間違っていないんだと改めて認識。

気になったことを、以下に記載しておきます。

1. 受験のための公立小選び
学区選びは絶対にやるべきだと思います。
落ち着いた環境だったり、学級崩壊になるような環境だったり。
授業が成り立たないような地域は、避けた方がいいです。
普通の環境ならOKです。

ただ、学区選びが受験のためはおかしいです。
日本全国でみると、中学受験はまだまだ少数派なんですよ。
それを、中学受験率が多い公立小学校をわざわざ選んで、塾通いしていても色々と言われないような環境がいいなんて・・・。

均質な子供ばかりが集まってくるのは、確かにラクなのかもしれません。
でも、小学校もしくは中学校までは、多様なこどもたちとのぶつかり合いが絶対に必要だと思うのです。
世の中には色々な人がいるって身をもって経験します。
クロ現の番組内で「お金で経験を買う」といっていましたが、私は「親の良かれと思って子供にしてあげること」が逆に経験値が下がることにつながってしまうと思います。
非常に危険です。

2. 野外体験
長期休みの前になると、毎日のように「野外体験のパンフレット」を貰ってきませんか?
クロ現+をみて、ようやく理由がわかりました。
経験をお金で買うのですね。
はなまる学習塾という塾?が取り上げられていましたが、雪国体験に参加した割合が小学1年生の半数以上とのこと。
子どもたちが、本当に幸せになるためには、将来「魅力的な人、そしてメシが食える大人」を目標にしているらしい。
激務なT大卒夫が帰宅し、チラッとみて「いいカモ」と。

塾も外注・体験も外注、では親は何を子供にしてあげるのだろう。
お金を出すことだけ??

T大卒夫は
金持ちでも貧乏でも子供にはお金より時間をかけるべき
と言います。

3. 子供の心が折れないうちに対策を打つ
これ、絶対にNG行為です。
困って悩んで自分で考えて解決することが大きな力になるのです。
子供が困る前にお金で対策を打つのは親の自己満足になるだけです。

困ったことがあっても乗り越える力がないので、仕事が出来ない子になってしまいますよ。

総論

子への教育は 経済格差⇒学歴格差⇒幸せ格差と負の連鎖が存在すると言われています。
そして、そんな考えに触発され、フツーの経済状況なのに、中学受験をさせ、偏差値の高い大学を目指し、それが幸せであると信じて疑わない親たち。
クレイジーです。
中学受験⇒偏差値の高い大学が確約されているわけではないのですから。
私もまだまだ経験が浅い親ですが、そんな単純なものではないと思うのです。

最後にこれだけは言っておきたいですね。
フツーのご家庭が、大学入学前に沢山お金を使っておいて、「大学は奨学金で行ってね」は辞めてくださいね!!!!

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
コメントは承認制に変更しました。ご理解のほどよろしくお願いいたします。