IMG_2955

我が家の賢い子に育てる習い事

公開日:2017年1月22日

スポンサードリンク

ごく普通のご家庭で、習い事をたくさんさせるのって本当に危険です。
私たちの老後は、恐らく年金だけで生活は出来ないでしょう。
教育費にお金をつぎ込んで、老後費用がなくなって子供を頼りますか?
そうならないように、しっかりと習い事は吟味する必要があります。

やらないなら辞めてくれ

さて、うちの習い事に対しての考え方は口だけ「やりたい」と言って習うことは許されません。
お金の無駄なので。
政治家のような口だけは許されません。
言うのは簡単ですからね。
やらないなら、速攻で辞めてもらいます。
有言実行です。
厳しいかもしれません。でも、お金が無駄なんです!!
うちの習い事の方針に当てはめると、7割~8割が辞めることになるかも?と思ってしまうぐらいです。
あなたの子供はどうですか?
英会話の参観日で、英語の歌を歌っているのが我が子と先生だけだったり。。。
先生は「ちゃんとCDを聴いたら、〇〇(⇒うちの子の名前)みたいに上手に歌えるよ」と言います・・・。
我が家だったら、その場で退会手続きです。
やる気のない子にお金をつぎ込むなんて馬鹿げてます。
ちなみに、、、、この状況は続いていているようです。
「今日も私の口をみて、英語を言っていた子がいたよ」なんて話をしてきます。
これでも、同じレッスン料を払っているんです。
これを親が知ってどう思うんだろう?と同じ親として複雑です。
本当に無駄です。
お金をドブに捨てているようなもんですよね。
それでも、習い事の先生はネガティブな話は親にしません。
だって、大切なお客様ですから。
毎月7000円、年間84000円ですよ!!
ただ座っているだけのお客様が10名いたら、84万円が入ってくるのです!!
84万円のお客様が退会しないよう、先生方はそのような親とも上手くお付き合いをしていきます。
先生方は、「この子は英語を習っていても身になっていない。やる気もないし無駄だよな~」と絶対に分かっているのです。
でも、そんなことを親には伝えません。
将来なんて知ったこっちゃないんです。
お金を落としてくれるお客様なのですから。

我が子達の習い事

我が子が習っている(習っていた)習い事を出します。
実にシンプルです(笑)。

1. 英会話
英会話は園児の頃からずっと習っています。
はっきり言ってめちゃくちゃお金をかけています。
今までにかかった金額は長男で30万です。
子供から「やりたい」と言いだしました。
そこで、T大卒夫が以下の条件を出して習っています。

1.ネイティブの先生であること
⇒外国人に対して慣れること
⇒やっぱり発音がいい

2.毎日、CDを聴くこと
⇒英語は毎日ふれることが大切。
やらないなら、辞めてくれて結構。
T大卒夫は言います。
「大学受験は英語を制するものが受験を制する」とも。
「やっぱり英語は武器になる」と。
あまり他の教科は先取りに批判的ですが、英語だけは言語なので別物のようです。
とにかく毎日触れて、慣れることが大切なようです。

3.英検を受けること
これは、小学校3年生から受けさせています。
順調に受かると、小学校6年生で英検準2を受けることになります。
ちなみに、落ちたら英会話も辞めさせると宣言しています。
だから、子供達は必至です。
英検の試験が近いのに、遊んでいたって親は知ったこっちゃないです。
落ちたら、英会話は速攻で辞めさせて、その分のお金が浮くのですから。
普通の親からしてみれば、「どうぞ、辞めてください!!」というスタンスはビックリするかもしれませんね。

4.英語がもっと大事になると親が痛感している
T大卒夫も毎日英語は欠かさず勉強しています。
そして、毎年TOEICを受けています。
理由は仕事で使うから。
また、個人手配で海外へ家族旅行もしているので、英語は出来た方がいいという理由もあります(笑)
以前、飛行機トラブルに巻き込まれ、散々な目にあいましたので。
お金を沢山払っているツアー客は至れり尽くせり。
日本語が出来るガイドさんが、さっさと手続きをしてくれます。
逆に我が家のような、無駄なお金は一切払っていない個人客は、直接交渉です。
私も英語は毎日勉強していますが、T大卒夫には敵いません。
T大卒夫が英語が出来るとわかると、相手も「ペラペラ~」と英語で返してきます。

子供達の時代は英語は出来て当たり前になります。
そんな時代の流れを親の私たちが良く分かっているので、子供がやりたいと言い出した英会話はOKを出しました。

2. スイミング
これだけは親主導で習い事を始めました。
理由はズバリ「学校では教えてくれないから」です。
詳細は⇒習い事の人気ランキングで1位のスイミングは1位になる理由があります!! にて

一度、T大卒夫が子供達を連れて市民プールで泳ぎを教えることを試みましたが、、、、ダメでした。
そもそも、T大卒夫は「出来ない」という気持ちにあまり理解が出来ない人です。
学生時代でも、家庭教師やらT大生御用達の塾講師のバイトをしていたようですが、出来ない子に教えるのが苦手だったようです。
さらに我が子です。冷静に教えられなく苦痛という理由で外注することに決定です。
最低限でもクロールはマスターという目標でスイミングスクールに通わせました。
間違っても、よくこんな親いませんか?「体力維持のために続ける」
そんなことはさせません!!
体力維持だったら、その辺を走らせればいいわけで・・・。
そのために月7000円近いお金を払い続けるなんて、考えられません!!!!
その分、お金を貯めて家族旅行に使った方がまだマシです。
我が家は学校の授業で困らない程度に通わせました。

幼児から通わせて、大体小学校低学年には辞めています。
そうなると、また先回りする親は
「泳ぎを忘れちゃうのでは?」と悩みますよね?
それこそ、市民プールです。
我が家は月に1回~2回(1回300円)、市民プールに通うことで泳ぎを維持しています。
ただ、この方法は一つデメリットもあります。
繫盛期の夏は、イモ洗い状態になります。
そんな時期は近づきません。
大体、10月下旬から5月いっぱいまでですね。

総論

習い事を3つ4つ習っている子が当たり前ですが、そもそもそんなに沢山やっていて身になっているのかしら?と思いませんか?

我が家は基本は1人1つです。
スイミングは親の希望が入っていますので、1人2つになる時期もありますが・・・。
習い事3つは絶対に多いです。
(⇒今の子供達は、習い事3つは当たり前なのかもしれませんが)

学校の授業を補習してくれるような習い事は一切していません。
通信教育・公文・学研・塾が該当しますね。
一切しなくても、100点のオンパレードです。
つい先週も、「クラスで2枚とも100点は一人だけだった」と喜んで帰ってきました。
習っている=出来る という図式は成り立たないです。

我が家は、ただ習っているだけの習い事はお金の無駄だと思っています。
その分、少しでも大学費用に回してあげたいです。

昔は、年齢と共にお給料も上がっていき、安定した生活が保障されていました。
でも、今はそうではありません。
なかなか上がらない給料、大学を出ても誰もが安泰というわけではない。
大企業だって潰れる時代です。
そんな時代に、後先を考えずにいくつも習い事はさせられません。

1人1つ、自分で頑張りぬくと選んだ習い事を、しっかりと身につけていけたら、親としてはお金を出したかいがあったかなと思う訳です。

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
コメントは承認制に変更しました。ご理解のほどよろしくお願いいたします。