IMG_20170127_135911

塾や公文・学研に行ってもパッとしない子

公開日:2017年1月28日

スポンサードリンク

周りでは塾・公文・学研・通信教育(進研ゼミ・Z会)をやっていない子を探すのが難しいぐらい、お勉強に毎月お金をかけている親が多くないですか?

誰もが通う塾・公文・学研・通信教育(進研ゼミ・Z会)

今は何かしら勉強系の習い事をやっている子が多いです。
我が家のモットー「授業は先生の言ったことを全部暗記するぐらい集中しなさい」なんて、古臭い?のかもしれません。

実際、小学校低学年から公文・学研・通信教育が主流ですが、高学年になると塾の割合がグッと高くなります。
塾に公文、学研・進研ゼミ・Z会も合わせると、小学校4年生の時で何もやってない子は数名(⇒我が子もここに入りました)です。
そして、小学校5年生・6年生になると塾に行っていない子を探す方が難しくなるぐらいグッと塾率が高くなります。
その中には中学受験の子はもちろんのこと、小学校6年生は「中学入学準備講座」、まだ中学にも入学していないのに親の気持ちをくすぐるような「トップ高合格講座」なんてものも存在します。
小学生で中学受験しない子用に塾が講座を用意しているのです。
もう、ビジネスのにおいがプンプン!!

ちなみに、中学受験しない子の親は「もう中学生になるから」・「ほとんどの子が塾に行っているから」・「中学に入る前に塾慣れしておきたいから」という理由がズラリ。
中学受験するなら、小学校は中学受験とリンクしないので塾は必須になってくる場合がありますが、中学受験をしないなら「小学校から馬鹿高い塾代を払う必要はない!」と思います。
公文に関しては、論外なのでここでは省きます。
公文のような薄っぺらい先取りは時代遅れですにて
公文の弊害にて

小学生の塾代なんて馬鹿にならない

例えば、神奈川県の最大手である臨海セミナー。
小学校6年生・(公立中学予定)小中学部・算国英で13400円(税抜)です!!
1年間通塾すると「173,664円」となります。
この子はまだマシですね。
大体、小学校4年生から通塾しますし、塾も数少ない子供をどうにかお金を落としてほしいと「魅力なキャッチフレーズ」をバラまいて、勧誘して低学年から、凄い子は幼児から通塾になります。
※本当にいるんですよ。幼児から通塾する子
 
中学受験で4年生から通って300万は最低必要な金額ですが、中学受験をしない経済的なはず!!のご家庭でも、小学生からの無駄な塾通いが経済的ではなくなってしまうのです。。。
もったいないですね。
教育費貧乏に陥り、2人に1人が借りている奨学金を子供に押しつけ、下流老人へとまっしぐらです。

塾や公文・学研に行ってもパッとしない子

さて、本題ですね。
お金をかけている子がテストで100点ばかりですか?
お金をかけている子が発言を良くしますか?
お金をかけている子が通知表の評価がいいですか?

これ、絶対にNOだって思います。
うちの子達のような通っていない子の方が案外出来ていたりするのです。
高学年になると、お友達同士で
「〇〇は公文通っているくせに計算は俺より遅い」なんていう話がチラホラ出てきます。

公に言えないのでここだけの話ですが、
逆に塾や公文・学研などに通っていてこのレベル?と思うような子もいます。
はっきり言って、ほとんどの子がそんな感じなのかもしれません。
そりゃそうです。
中学受験しない子は目標が高校受験なわけで・・・。
高校受験なんて先の話です。
子供自身にスイッチが入っているわけではないので、塾が身になっているかすら怪しいのです。
クラスで塾・そろばん・英語を習っている子がいますが、小テストで0点をとって先生に呼び出しをされたそうです。
我が家が仮に塾に行かせていたとして、0点を取ったら速攻で辞めさせます。
塾に行っているなら、100点近い点数でなければ。
小学校のテストで80点そこらで喜んでいたら、それは甘いです。
きっと、公立中学に入学してもそのまま塾通い決定でしょう。
よくありがちな「塾に通っていても成績が上がらない」という悩みに陥るでしょう。

塾・公文・学研などはインフルエンザの予防接種のようなもの

長男と同級生の子が学研に行き始めたようで、そのお母さんが「うちの子は学研に行かなかったら、もっと勉強がついていけなくなる」とおっしゃっていました。
「不安」だから通わせる。
今、大流行のインフルエンザの予防接種と塾・公文や学研は似ている気がしませんか?
「インフルエンザに罹って重症化するのを防ぐ = 塾に通って成績が下がるのを防ぐ」
「インフルエンザを打っても罹る可能性がある = 塾に通っても成績が上がらない」

親は安心材料が欲しく、せっせと塾にお金をつぎ込んでしまいます。

総論

塾に通わず、地方のトップ高⇒現役でT大学合格のT大卒夫からしてみたら、小学校から塾に通わせる親の心理が全く理解できないようです。
「こんな時期から手取り足取りテクニックを教わってどうするの??」といつも言います。
テクニックなんて、小学生は必要なし!!!!
「時間はたっぷりあるから、ずっと答えが出るまで考えていればいいでしょ。
苦労したその時間こそが、グッと力をつける」と断言します。
「ますます考えない子に育つ」とも。
中学受験は算数が特殊なので、上を目指すなら必要ですが、公立中学予定の子は本当に必要なしです。

小学生の頃から、勉強面で甘い環境にぶち込んでどうするんですか?
教えてもらう環境より、家でじっくり考えることの出来る家庭学習(市販の問題集・通信教育)の方がよっぽど力がつきます。

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
コメントは承認制に変更しました。ご理解のほどよろしくお願いいたします。