img_4601

出る杭は打たれる我が子達

公開日:2016年12月11日

スポンサードリンク

サイトのタイトル出すぎた杭は打たれないを目標に教育をしていますが、実際は出る杭は打たれる状況です。

出る杭は打たれる 長男編

お母さん方と話すと、決まって「長男くんは頭がいい・賢い」と言われます。
学校のテストは大体100点、70点台も1年で数回取りますが、かなり難しい問題だったようで、それでもクラスで1位2位のようです。
※先生が上位者は名前を言うので、バレバレです。
また、発言もうちの子だけ挙手していて、「おおー」と言う発言を頻発しているようです。
そんな状況なので、お友達が「凄い」と家で話をしているようです。

さて、そんな出すぎた杭に近づいているような長男ですが、実際はまだまだのようです。
長男のことを気に入らない子が数名います。
何かと仕掛けてくるようです。
そして、気に入らない子同士で仲が良いので、また厄介です。
特にAくん、何と4年連続クラスが一緒です。
<<長男が誰も挙手をしなかった問題を説明した時の出来事>>
Aくん:「はあ?全く何言ってるのかわからない」と騒ぐ。
クラスみんな:「何言ってるのかわからない」とAくんにつられて騒ぐ。
先生:「わからないと言っている子達は全くわかっていません。長男くんが正しいです!!」
とピシっと言ってくれたようです。
まだまだあります。

<<嘘の噂を流される>>
長男に何かと仕掛けてくるBくん(Aくんの友達)。
Bくん:「長男ってパソコン全く出来ないんだって?」
長男:「はあ?誰から聞いたの?」
Bくん:「Aくん」
長男:・・・。
パソコンは誰よりも早く打つことが出来ていると言っていました。
実際、家でも触らせているし・・・。
パソコンの授業でも、アチコチで「来て~」とヘルプの声がかかるぐらいとのこと。
全く真逆のことを言ったようです。
長男は頭にキタようですが、相手にしないのが一番と思い、黙っていたようです。

出る杭は打たれる 長女編

長女も長男同様、出来る子と見られているようです。
そして、そんな長女を気に入らない子が必ずクラスに1人います。
今年一緒になったCちゃん。
少し前から「私、長女ちゃんはのこと嫌い」と公言していたようで、大丈夫かな?と気にはなっていました。
そしたら、問題勃発・・・。
ある日は一日に4回も押してきたようです。
女の子でも平気で手を出しますね。
長女は先生に言って、今までのことを話したようです。
先生が「どうしてやるのか」Cちゃんに聞いてみたところ、「長女ちゃんは出来るから」と言ったそうです。
個人面談で先生に聞いたところ、
「長女ちゃんは、器用に出来るところがあるけど、Cちゃんはちょっと・・・。だから気に入らないのかもしれません」と。
「ただ、長女ちゃんは決して出来るところを自慢したりはせず、出来ることを自分の自信に変えている」とも。
はあ。。。昨年のクラスもそんな子がいて、同じ理由で意地悪してきました。
長女は、関わらないようにしているようです。

出る杭は打たれる 次男編

次男が一番厄介です。
同じクラスの男の子Dくんと何度もトラブルを起こしています。
長男・長女のように関わらないようにすればいいのに、休み時間も一緒に遊んでいるようです。
仲が良く、お互いライバル関係のようで、授業中でも競っているようです。
先生が言うには、「Dくんと次男くんは得意分野が違っていて、次男くんは優秀ですが、、、、」とのことでした。
こんな関係なので、一緒にいる時間も多く喧嘩も日常茶飯事です。
怪我したことも・・・。
ついに先生から「お互い関わらないように」とのお叱りが。。。
きっと、Dくんにとって次男は、手の届くレベルなのでしょう。
まさに、出る杭は打たれる次男です(苦笑)。

総論

公立の学校は社会の縮図です。
出来る子も出来ない子も、裕福な子もそうでない子もいろいろな子が集まっています。

その中で、ちょっとでも出来る子は、うちの子供達のように打たれます。
どの親も、自分のことは棚に上げて、我が子を出来る子に仕上げようと必死です。
そんな気持ちが絶対に子供にも伝わっています。
子供も比較対象が身近にいて、出来る・出来ないの差を親に言われなくても身をもって感じているはずです。
だから、劣等感から憎たらしい気持ちが芽生えて意地悪へと行動に移して、自分のストレスを発散しているようにしか見えません。
うちのT大卒夫は、「そんな暇があったら、さっさと出来るように頑張ればいいのに」と言い放ちます。
まあ、そういうT大卒夫も中学までは、勝手に対抗心を持たれ、非常にイヤな思いをしたそうです。

私が一番酷いと思うAくん、親も地元の方で大きなお屋敷に住んでいる地主さんです。
親が非常に教育熱心で、両親揃って授業参観もくるぐらいです。
習い事もたくさん。
父親はAくんのお友達にも積極的にかかわるようです。
でもでも、、、、肝心なAくん自身のことは全く分かっていないようです。
きっと、Aくんの直さなきゃいけないところはAくん両親より周りの子供達の方が理解していると思います。

出る杭は打たれます。
出すぎた杭になれば、周りも異次元の世界と認め、こんなやっかみから解放されるのだと思います。

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
コメントは承認制に変更しました。ご理解のほどよろしくお願いいたします。