img_20161021_145140

小学生のうちに英検を取得すべき

公開日:2016年10月21日

スポンサードリンク

小学生のうちに英検を取得することが、今では当たり前のようになってきています。
実際、英検の公式サイトでも小学生のうちに英検5級の合格をめざしましょう!と特設ページを作って小学生の英検取得を支援しています。
私も本当??と疑っていたのですが、実際に英検の試験会場の付き添いに行ってビックリ!!
英検受験会場は小学生とその付き添いの親で埋め尽くされていました。
そして、こんな時はどの親も教育熱心で子供の教育に必死な状態がヒシヒシと伝わってきます。
試験会場にいる全ての親が教育ママに見えました。
正直、圧倒されました。

英検5級・4級は小学生低学年~中学年がほとんどです。
英検3級になると、小学生高学年~中学生が受験の層でした。
中には幼児?のような子達までが受験していました。
英語の低年齢化を目の当たりにして、やっぱり英語は小学生から取得しないと出遅れると焦りすら感じました。
国も本腰入れて英語教育改革に取り組んでいます。
2020年からは小学5年生からは教科化にして通知表に評価がつくようになりますが、英検会場に行ってみるとそんな国の英語改革なんて遅れているような、、、そんな感じすらしました。
将来を意識しているご家庭では、英語なんてとっくに対策しています。
既に英語の格差は小学生のころから始まっているのです。

さて、我が家は幼児から英会話を習っていて、英語にもお金をしっかりとかけています。
よって、小学生の間に英検3級を目標としています。
子供達を見ていると、英検4級(中学校2年生レベル)まではそれほど苦労なく合格できます。
ただ、英検3級(中学3年生レベル)は子供達も努力なしでは合格は難しいです。

小学生の英検取得計画

レベル我が家の目標小学生の合格率
5級中学1年生程度小学校3年生で取得83%
4級中学2年生程度小学校4年生で取得62%
3級中学3年生程度小学校5年生で取得???53%
あちこちで書いていますが、中学から英語をスタートするのは絶対に遅いです。
T大卒夫(TOEIC800点)でも、英語は毎日コツコツ努力しないと伸びないと断言しています。
※今でもTOEICスコアUPのため、毎日コツコツ英語を聴いています。

中学に入ると、部活等で忙しくなります。
きっと、英語だけに時間をかけるわけにはいかないでしょう。
小学生のうちに英検3級を取得すれば、中学生の間に英検準2級もしくは2級まで取得することも夢ではありません。
その後の大学受験では、英語は武器になっていることが理想です。

英語は小学生のころからスタート。
もう、教育熱心なご家庭では当たり前のこととなっています。
中学受験をしないなら、いずれ大学入試で同じ土俵に立つ中受組に負けないよう、なおさら小学生のうちに英語をじっくり取り組んでおくことが大切です。

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
コメントは承認制に変更しました。ご理解のほどよろしくお願いいたします。