学力格差は2年生で固定(仮)されます。

公開日:2019年4月3日

スポンサードリンク

新学期ですね。
我が家は中1・小5・小3になります。

忘れないうちに小学校2年生の1年間を振り返っておきたいと思います。
タイトル通り、1年生では僅かだと感じていた学力格差は2年生で拡大し、出来る子出来ない子のメンバーが固定された感じになります。
なぜ(仮)としたか?
算数です。
4年生までは計算が主ですが、5年生からは思考力系の問題が入ってきます。
機械学習で調子に乗っていた子達が撃沈。
2年生の”出来る”を信用してはいけません。

うちの中1の子にさらっと聞いてみました。
・2年生なら自分と同じようなレベルの子(争っていた子)は何人もいた
・まさか5年・6年でこんなに差が出るとは思いもしなかった
これが率直な感想のようです。

学校の授業についていけるのは当たり前。それで満足していたら高学年で落ちぶれていきます。
上を目指すなら、最低限でZ会ハイレベル、出来ればハイレベ100・最レベ、地頭が良いなら甘んじることなくトップクラス問題集(4年は要注意。解説なしでいきなり問題集を解くのは無謀。)に取り組むべきです。

Z会のハイレベル
ハイレベ100問題集
最レベ問題集
トップクラス問題集

2年生もやっぱり国語と算数がメインに。生活科は大したことないです…。

2年生でも1年生同様、国語と算数がメインになってきます。
家庭学習で宿題以上のレベルに取り組み、机上の勉強以外のことにも興味を持って取り組んでいる子なら楽勝です。
授業は引き続き簡単、暇つぶしに苦労する学校生活です。

ちなみに、うちの末っ子。
テストで余った時間はどうしていた?と聞いてみたら、「見直しが終わったら寝てた…」と。
知らなかったです…(汗)。
先生から注意を受けていないので、OKだったのでしょう。
うちの上2人は裏に絵や迷路をかいていました。

小学2年生の国語
1. 漢字

うちは3人とも漢字の宿題を嫌がりました。
計算ドリルは数分で終わりますが、漢字はそんなわけにはいきません。
どの先生も綺麗な字で書くことを求めてきます。
まる・二重まる・はなまると区別つけることで、児童のやる気を出させる作戦ですが、それに上手く乗っかっちゃった子は1時間2時間かけて宿題をやるようです…。
綺麗な字もいいけど、覚えることが最優先だと思いますよ。
ごめんなさい。ちょっと理解できません。

2. テスト

授業でやった内容ですし、家でも何度も音読しているはずなのに微妙な点数を取る子が出てくるようです。
うちの学校では、ハイレベ100小1読解力の最レベルぐらい?の問題が出てきます。

まだ2年生。当然ですが、カラーテストは100点ズラリが当たり前です。

3. 作文

作文を書く機会がグッと増えます。
宿題で作文を出されるのは勿論、学校でも週1ペースで書かされていたようです。
習った漢字は必ず使用しないと赤で直されます。

作文は書いただけでは終わりません。
クラスメイトの前で作文を発表します。

うちの子達は何かクラスメイトの前で発表するとき、話す内容を頭の中に入れて紙を見ずに顔を上げて話すようにしているそうです。
最後の授業参観の発表では、堂々と前を向いてハキハキと発表していた姿に参観していた保護者が騒めきました。
2年生はこの辺も意識出来るといいです。

コメントでも、1年生の子の話ですが、司会原稿を他の子達が覚えてこなかった話がありました。
これは完全アウト。
司会ぐらいなら、そこまで話す内容も長くないはずだから覚えてこようよ。
低学年でもカンペなしは当然です。

小学2年生の算数
1. 掛け算

2年生の算数と言えば掛け算がすぐに思い浮かぶかと思います。
先に記載しておきますが、掛け算で躓くことはないです。

どこの学校も一緒だと思いますが、掛け算カードを使い
・上り
・下り
・バラ
をテストしていきます。
うちの子達は3人とも一番での合格を狙ってました。
確かうちの子で1人だけ並ぶのが遅れて、1番合格が出来なかった記憶があります。
後ろの席は不利だったと愚痴ってました。
掛け算の暗唱テストは是非とも1番合格を狙ってください。

掛け算は殆どの学校が2学期からでしょうか。
うちの子達は末っ子以外、掛け算は授業で習う前に勝手にマスターしていました。
もし不安な場合、夏休みにやっておいてもいいとは思います。
掛け算はたっぷり授業で時間をとるので、出来る子ならそこで十分に間に合うと思います。

掛け算暗唱テストを全クリ合格すると後は暇です。
ミニ先生となって、他の子が合格できるように特訓したり、テストする人数が多ければ先生の変わりにテストをするようになります。

うちの学校では、これが終わると100マス計算に入ります。
暗唱するだけなら誰でもできますから。
正確性とスピードが大事です。
宿題でも、必ずどれだけかかったのかタイムを書くスペースまで設けられていました。
うちの子達の話だと、2分きって当たり前。
ただし、これは自分しか読めない汚い字で書いた場合です(汗)。
女の子なら2分30分を最低ラインとして取り組めばいいと言ってました。

計算は呼吸のように無意識に出来ることを頭の中に入れておくといいです。

2. 2年生の算数で躓く単元

先ほどでも記載した通り、掛け算では躓くことはないです。
気に留めておいてほしいのは、

1.かさ(ml dl l)
2.足し算引き算の文章問題
3.時計

の3つです。

<1.かさ>
dl単位になじみがないのも躓きポイントのようです。
cm・mも2年生で習いますが、机上の勉強だけで終わってはいけません。
身の回りのものが何センチなのか?何ミリリットルなのか?
ここまでわからないとテストで100点は取れないでしょう。
コップ1杯200ml、牛乳パック1L、お風呂は200L等々、普段の生活から意識できるといいです。

<2.足し算引き算の文章問題>
機械学習だけの子かどうかは、この単元でバレます。
うちの下2人はハイレベ100小1さんすうの発展的な学習(挫折分野)を一通り学習し終えていたので、躓くことなく100点です。
今でも覚えていますが、「お母さんヤバい。このテスト、〇〇も〇〇も酷かったみたい」と言って私に渡してきました。
1年生から応用・発展問題を意識して取り組んでいる子とここでガッツリ差がつきます。
授業で初めて見る問題でも力がついているので楽勝に解けますから。
この時期から3年生ぐらいになると、学研に通う子が増えた?気がしますが、上を目指すなら学研レベルだとちょっと厳しい?かもしれません。

<3.時計>
うちの子達3人とも、時計は少し苦手だったようです。
100点でもです。
理由は家にデジタルの時計しかなく、アナログの時計は馴染みがないのも原因でしょう。
2年生の時にはMy腕時計も持っていますが、デジタルですから…。
完全に机上での勉強となってしまいました。
反省です。

小学2年生の生活科
大したことない。

1年生とそんなに変わらないです。
観察して日記を書いたり、おもちゃ作ったり、生い立ちについてまとめたり。
ゴリゴリ勉強するような内容ではないです。
強いて言えば、以前コメントで話題になった「感受性」の差がそのまま授業態度の差になってくるように思います。
IMG_5447
旅行に行ったとき、ヒキガエルと卵を見つけました。
ビックリする方もいるかもしれませんが、うちの子達はカエルを間近で見るのはなかなか機会がなく、じーっと見ていました。
おたまじゃくしがいないか探してましたが、残念ながらいなかったようです。
ふーんで終わらず、興味を持って観察できますか?

<1.野菜を育てる。>
育てる野菜は数種類の中から選びます。
我が家のお薦めはピーマンでした。
一番長く収穫を楽しめます。

<2.身近な生き物を観察する>
これは「教育熱心な親たち」に言いたいことが山ほどありますので、また近いうちに別途記載します。

<3.生い立ち>
2年生の親になると、何が一番大変かってこの生い立ちです。
赤ちゃんの頃から今まで印象に残った出来事を親が子供に伝え、当時の写真(うちの学校は7枚ぐらいでした)を学校に持って行って、一冊の本にします。

うちは、子供達3人のうち2人が最後の授業参観で生い立ちの発表をしました。
誰にでも見られてよさそうな写真を用意した方がいいです。
出産直後の我が子とのツーショット写真もばっちりスクリーンにうつしだされれ、しまった!とおっしゃった方がいました。
素敵な写真でしたが、こんなこともあるということで。

総論

主要3教科(国語・算数・生活科)について、2年生で思ったことを書き出してみました。
家庭でしっかり取り組んでいれば、余裕で出来る層に入ると思います。
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019


スポンサードリンク







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
・コメントは承認制に変更しました。
・状況によっては、纏めてお返事する場合もあります。
・ここに書いていいのか迷う場合は、「歓談のひととき」もありますのでご利用ください。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

学力格差は2年生で固定(仮)されます。」への85件のフィードバック

  1. 打たれる管理人 投稿作成者

    小学生と幼稚園の娘2人の母さん コメントありがとうございます。

    娘ちゃん、頑張ってますよ。
    もしかしたら発展的な学習の箇所を取り組み中でしょうかね。
    おっしゃる通り、国語の問題でしょって思うような問題も…。
    うちはどうしてもだめな問題はヒントを与えつつ進めさせましたので、下2人は夏休みを目途に仕上げていきました。
    低学年の子からしたら、とても難しいですが、この壁を乗り越えたら算数は得意分野になると思います。
    別日にまた取り組むことで、一つ一つ理解していくしかないですよね。
    我が家も一緒です。
    きちんと取り組めば、きっと最レベ1年は比べてスムーズに取り組めると思います。
    読解力は夏休みに頑張ってもらうでもいいかもしれません。
    弾けるようになりたいなら誰でもできますが、弾くことが出来るようになったのは頑張った成果だと思います。
    素晴らしいと思います。
    ピアノの成功体験が勉強にも通じますね。

    うちの小3はGWにハイレベ100小2を終わらせるべくやっていますが、もしかしたら算数で解き直し部分が少し残るかもしれません。
    国語・読解は終わりが見えてきました(汗)。

    ゲームに何時間もつぎ込んだらもったいないですもん。
    15分なんて理想的です!!

    返信
  2. 詩人の母

    肯定ペンギンさまはじめ、新小2チームのみなさま、

    怒涛の1年生も終わり、ほっとしておられる方が多いのではないでしょうか。
    親子共々、おつかれさまでした。

    この記事に出会ったのはちょうど1年前、高学年になったら受験塾に放り込めばヨシぐらいの認識だった私は奈落の底に突き落とされたような気持ちで慌ててハイレベ 、最レベ、トップクラスの調査を始めました。
    色々訳あって本ブログ推奨のハイレベではなくトップクラス徹底理解を手に取り、今日に至ります。

    みなさまの1年生の反省、2年生の目標、春休みにやりたいこと・・・など色々お聞かせいただきたいなあと思い、この記事にコメントしました。

    ちなみに、トップクラスはとてもやり込んだとはとはいい難いのですが、きりもよかったので春休み前で打ち止め。
    春休みは学校配布の練成ゼミをコピーして2周してみようかな、と今日コピーしてきました!

    練成ゼミは学校教材?で一般には購入できないようです。
    少し応用で、Z会ぐらいのレベルかな?
    (Z会そのものをやってないので分からないのですが)
    余白が多くて(これ重要)紙質もよく、ちょっぴり可愛らしい問題もあってけっこう好きです。

    春休みが終わったらいよいよ最レベ!
    しっかりこのブログで勉強したので、新二年生だけどやるのは当然最レベ一年生ですよ!
    (問題集だけでなく口調まで管理人さんに似てきたような・・・笑)

    返信
    1. 肯定ペンギン

      詩人の母様

      お声がけありがとうございます!
      宿題のない初めての長期休みで、どうしたものかと思っていました。一回に5分~10分の勉強で、昨日は4回ぐらい声掛けしました。(レベル低い!)

      春休みは漢字の復習(書き順の確認と、きれいに書くこと)、日本語論理トレーニング小1応用、サイパーシリーズ1(足し算引き算)を直しまで、ハイレベ算数小1の、「文章題の前まで」はもうすぐ終わりますが、解きなおしは夏休みまで凍結します。
      文章題はハイレベか、グレードアップ小1の簡単そうな方を着手します。

      新学期は以下の予定です。
      算数 教科書ワーク、グレードアップ計算・図形小2、小1の文章題
      国語 はじめての論理国語小2、ハイレベ小1の読解・漢字

      算数は小1の範囲がガタガタなので、小2範囲の勉強に関しては、まだイメージができていません。どうしましょう。

      返信
  3. 詩人の母

    新小2です。1年生の総括、2年生の計画など良い刺激になるので、お聞かせいただけると嬉しいです。
    ずっと上のお子さんがおられる方から「2年生の時はこうだった」というのも参考になって有難いです。

    さて、肯定ペンギンさま。
    もうすでにやることがきっちり見えている感じですね〜。
    私のほうは「お聞かせ下さい」なんて書いておきながら最レベ買っただけで舞い上がっていました。汗

    うちも抜けだらけでカタカナのシとツ、ソとンは春休みにおさえておきたいところです。
    あと算数は時計が怪しいので復習です。

    それと息子は読書好きですがすごく雑な読み方をするのが気になってました。例えば
    「ぼくは犬を連れて公園へ行きました。」を
    「ぼくは犬と公園に行った。」
    みたいに言い換えてしまうのです。

    趣味で読書するぶんにはいいのですが、この先読解で命とりになるなあとひそかに心配をしてました。

    で、この春休みに毎小新聞(昨年5月、休校延長をきっかけに購読を始めました)の6歳からのニュースという150字ぐらいのコラムを音読させることにしました!
    本当は書写をやらせたいのですが雑な字を書くのであまり書かせないようにしています。汗

    1文字間違えたら一点減点だよーと言ったら必死になって、間違えずに丁寧に読んでました。
    なんだ、やればできるじゃん・・・。

    大して時間もかからないし、休みが終わっても続けることができるかも?と期待しています。
     

    返信
    1. うめぼし

      詩人の母さま 新小2の皆さま

      こんにちは。詩人の母さま。お声がけありがとうございます。

      うちの末っ子の春休みの計画ですが、今日春休みの宿題のワークを終えたので、明日からは一年生の漢字プリントと、足し算の筆算のプリントをしていこうと思ってます。(いずれもちびむすです。)あと、かけ算に興味を持ってるっぽいので、九九ポスターを貼ってみました。お風呂で問題を出したりもしてます。

      まだ購入してないのですが、ハイレベ1年(算数、読解力)も近々スタートしようかと思っています。
      もし嫌がったり、レベルが追いついてないと感じたらまた他の物を考えようと思ってます。

      今年度はコロナ禍という事もあり、3人目とはいえ私も初めての事態に不安でいっぱいでした。でも担任の先生にも恵まれて、学校のお勉強の事も相談しやすくいい小学校生活をスタートできたと思ってます。

      もちろんこのブログにもお世話になりっぱなしです。私も何か有益な情報を提供できるといいのですが、何せ無知キングですので(笑)

      本当にいつもありがとうございます^_^

      返信
      1. 肯定ペンギン

        うめぼしさま
        春休みの宿題!やるところもあるとは思っていましたが、大変ですね。
        もう宿題をすませているとはすごいです。うちは最近、「~したらテレビ(ゲーム)」と言うと「遠慮します。」と言い出して、勉強しません…。
        一緒にハイレベやりましょうよ~。うちは最初嫌がってましたが、最近は「図を描いて」と言ったら渋々でもやるようになり、ハイレベへの抵抗も減りました。

        詩人の母さま
        すでにレベルに合った問題集に出会われているようです。うちは市販教材でぼこぼこの穴を埋めようとするとこんな感じになってしまいます。
        やればできるのに読み飛ばす。それは「ズバリ、意識の問題でしょう(丸尾くん)。」
        多読で、やれば音読できる子が読み飛ばすのは、先の展開が気になっているのか、文章自体に興味がない場合かなと思います。うちの乱読女子も音読の読み飛ばしはありますが、教科書以外は聞き流しています。
        子どもが国語の読解問題を、読み飛ばしで回答をミスれば解きなおします。(怒りながら…。)もしかするとお子さんが好きなジャンル(動物がテーマとか)の読解で試してみられてもいいかも知れません。音読の読み飛ばしと読解は別のような気がしています。

        先ほどこのスレのコメントを読んできました。量が多すぎて、多分理解できていません。すごい熱量でした。

        返信
        1. うめぼし

          肯定ペンギンさん

          「遠慮します」ですか(笑)そんなワードうちの子から出ないです‼︎面白いですね〜娘さん。

          学校の宿題はそんな沢山の量がなかった事と、お姉ちゃん(新小6)より先に終わってドヤッ‼︎ってしたいという気持ちで頑張ってやってました。終えた後はムツゴロウさん並みにヨシヨシしてあげました。

          コメントした後、本屋までハイレベを買いに行きましたが何故か1年のハイレベだけが品切れで意気消沈して帰ってきました。結構大きい本屋さんまで行ったのに(涙)ネットで買います。

          一緒にやりましょ〜と言ってくださって嬉しいです♪娘さんのように、少しずつでも取り組んでくれるといいなと思います。私も一緒に頑張ってみます。
          ありがとうございました。

          返信
          1. 詩人の母

            2年生からハイレベ1年、ちょうどいいと思います。
            我が家は焦って1年夏休みからトップクラス→いったんストップ→12月ぐらいから再開という流れでした。

            今思えば、もう少し基礎を固めてからでも遅くなかったな。
            その方がサクサク出来て、親子共にストレスにならないと思います。

            でもこのブログを読んでしまうと人は人と思いつつ、焦ってしまって。
            半年前の私に焦らなくても大丈夫、と言ってやりたい!

            うめぼしさま、是非2年生からのハイレベ1年取り組みをレポして下さい!
            きっと全国のハイレベ未経験者の励みになると思います。

            肯定ペンギンさま
            乱読は先の展開が気になっているからとのこと、納得です!
            勉強いやだと言いながら長文にかじりついて読んでいますもの。

            トップクラスの読解は必ず出典が書いてあり、続きが読んでみたいな〜という本がいくつかあります。
            ハイレベではなくトップクラスを選んだ理由の一つが題材の豊富さでした。

            大して面白くない文章もありますが、先日取り組んだ問題の題材はウシガエルで、「ウシガエルは二万個の卵を産む」と書いてあって「えぇ〜!」と親子でビックリしました。
            一緒に勉強しているとこういう楽しみがあっていいですね。

            返信
            1. こんにちは。

              自分の眼を信じることです。
              息子(娘)の学力は一番親が解ってます。

              子供のレベルに合わない問題集はやること自体が無意味です。

              ちなみに、うちの子は『最レベ酷語』『トップクラス酷語』もやらせませんでした。

              選んだのは『論理 酷語』と『ハイレベ 読解』のみです。

              ネットの情報は、『参考程度』です。
              子供の教育の責任は『全て親がとる覚悟』が必要です。

              まぁ、ネットのほとんどの親は責任とる自信がないのか外注してます。^^

              それはそれで、良いと思います。

              ただ後悔だけは、してはいけません。
              全力投球しましょう~

              返信
            2. 素直なおかん

              管理人さんこっちまですみません。
              新二年生の娘がいる素直なおかんです。みなさんこんにちは。
              娘が一年になったときに、兄と同じようにハイレベル、最レベルの算数国語を揃えました。わたしは最レベ算数は一年生が一番難しいと思っているのですが、なんとかやりながらも潔く算術特訓の前で塩漬けしました。兄の時に一年生で取り組んでとんでもなくしんどかったので。。。このシリーズは妹にはまだ難しかったので二年生夏休み以降に始めたいです。それからはくもんドリルとグレードアップで基礎をやり、今は四谷大塚の花まるドリルをゆるゆるやっています。トップクラス一年をこの春休みにやり始めました。さすがにもうすぐ二年なので思っていたよりはスムーズに取り組めているようです。学年とズレズレですが、一年かけて毎日ドリルをするのが当たり前になれました。集中力が続かないので少しずつのため二年生になってもしばらくは一年生ドリルです。
              ちなみに模試では酷語が平均点以下でびっくりしました。兄とは全然タイプが違うので漢字も少しずつです。コツコツゆっくりやるしかないです。
              こんな感じですがよろしくお願いしま〰す。

              返信
  4. 肯定ペンギン

    魔王こうり~ん^^
    ヤッター!

    うめぼしさま
    うちはかけ算を忘れないために、ルルロロのアプリでたまに遊んでいます。3年ぐらいアプデしてないアプリなので、今後不具合が出るかも知れませんが。

    詩人の母さま
    本好きなら!こちらも気になるかと。私もまだ見てはいないのですが。
    http://www.sapia.jp/read/books/
    りとるくらぶのお試しの国語も、いい本を選んでましたよ~。乱読仲間同士、情報共有しましょう。

    最レべ算数1年生は、過去のこんにちは。さまのコメントを読んで、かけ算や割り算を知った3年生がするのはどうなのかと思っていましたが、素直なおかんさまの「一番難しい」とのコメントで興味が湧きました。
    ハイレベ1年が良問で、うちはここまででいいかと思っていたのですが、小3になったときに1年生向けに作られた難問を解くのも面白そうと思い始めました。
    ハイレベ小1漢字は手ごわそうです。(ぶるぶる。)

    返信
  5. 詩人の母

    ハイレベ小1漢字は簡単な漢字でも難しい読みのものとかが豊富でいいですよね。
    出生りつをしらべる、みたいな読みの問題があって驚愕した覚えがあります。
    1年生に出生率かあ・・・受験の時事問題を意識してるのかな?

    やり込んだらすごく力はつくだろうけど、息子には書くスペースが小さすぎるので却下しました。
    結局一年生の漢字の復習は無料プリントをやって、次の日にお母さんのお手製問題(6問ぐらい)を解く、というパターンに落ち着いています。

    はなまるドリルもすごく気になっていて、最レベ1年が終わった
    らはなまる2年→最レベ2年と進もうかと考え中。
    ちなみにくもんなど学校準拠レベルのものは学校の宿題でイヤというほどやらされるので、もう見たくもないモードです、母の方が。笑

    でもこちらのブログのおかげで、学年ズレズレの問題集への抵抗感が全くなくなったのは有難いです。
    息子がどう思うかはまだ分かりませんけど。

    肯定ペンギンさま、さぴ情報ありがとうございます。
    あちこち探検してみます。(^^)
    さぴには入る予定もないどころか門前払いになりそうですが、こうやって情報提供してくれるのは有難いですね。

    返信
  6. うめぼし

    皆様こんばんは。

    ・詩人の母さん
    人は人と思っても焦ってしまう気持ちわかります。こんにちは。さんのおっしゃるように自分の眼を信じたいですね。
    ハイレベ、進み具合また報告しますね!
    その前に、注文しなきゃなんですが(汗)

    ・素直なおかんさん
    うちはまだ毎日する習慣はついていない(土日メインで平日にポツポツ)ので、コツコツ続けられているのが素晴らしいなと思いました。
    浅野温子さんばりの笑顔でひたむきに頑張る姿を想像しちゃいました^ ^

    ・肯定ペンギンさん
    ルルロロ、可愛いですね!今見てみたら結構種類があるんですね。肯定ペンギンさん、色々な事に詳しくて凄いなぁっていつも思ってます。ありがとうございます。

    こんにちは。さん、アドバイス読みました。
    家で勉強を見るときは、この事を忘れずに子供と接していきたいです。ありがとうございました。

    返信
  7. 肯定ペンギン

    こんにちは。さま
    コメントありがとうございます。
    いつもお子様の話を読んでいて、5年生ぐらいと勘違いしてしまいます。今度4年生ですよね。すごいです。
    過去のコメントも拝読しました。こんにちは。さまは「やらせてみたらできた。」を積み重ねてお子様の今があるのですね。お子様も努力をされて偉いと思います。

    詩人の母さま
    乱読同士と言ってしまいましたが、お子様は多読でした(汗)。
    最レべ漢字は余りにもできない場合は得意の凍結作戦になります。例文(長文)つきの漢字ドリルがあればいいのですが、陰山ドリルは地味な感じで子どもが食いつきそうにありませんでした。

    うめぼしさま
    ルルロロ、気に入っていただけたらうれしいです。^^
    一緒にがんばりましょー。

    素直なおかんさま、詩人の母さま
    最レべ小2算数は今改訂中みたいです。買われる時は出版社のサイトをご確認ください。おかんさま、トップクラスとはすごいですね。うちはハイレベ小2もできるか疑問です。

    返信
    1. 素直なおかん

      肯定ペンギンさま

      最レベ2年改訂中の情報ありがとうございます。
      購入までまだまだかかりそうなので大丈夫そうです♪

      返信
    2. 詩人の母

      いえいえ、うちも乱読、つまみ食い読ですよ〜。
      同士に加えていただいて嬉しいです。

      おかげで漢字の学習は「原」は原ゆたか(ゾロリの作者)の原、「古」は古代生物の古と自分流に読んでます。
      あとはキレイに書いてくれたらいいんだけど、こちらは道のりが険しい・・・。

      返信
  8. 素直なおかん

    新小2のみなさんこんばんは。
    管理人さんこちらにも失礼します。

    トップクラスは兄が一年生のときはやらなかったのでちょっと興味があって既に買ってしまってまして。。。春休み一年ズレだしやってみるかと始めたところです(汗)最レベ算術特訓と向き合う勇気がなくてこちらに逃げたんですが、意外と癖がない問題かなーと今のところは思っています。後半は知りません(汗)はなまるドリルが一番娘のレベルに合っていたかな。兄をみていて思うのは、ハイレベル読解力がコスパ最強です。管理人さんもおっしゃってますが、あれをやるだけでかなり国語力つくと思います。こんにちは。さんが薦めている一文をみて勝手にめちゃくちゃ嬉しくなりました(笑)ちなみにハイレベル国語はまだいいとしても最レベ国語はちょっと嫌になります。妹は両方ともやらないかもです。
    うめぼしさん、私の与太話を覚えてくださってるとは!ありがとうございます♡一日一回は「あつこやって〰!」と娘に温子スマイルをおねだりしているバカ親でございます。リップルも無言の頷きと温子スマイルで逃げ切ろうとしているので頭が痛いです。毎日ドリルの習慣はなんとかつきましたが、時間は短い短い。学校が始まったらまた漢字の宿題に時間がとられますし、、、。常に試行錯誤ですね。

    返信
  9. 肯定ペンギン

    新小2のみなさん

    いよいよ新学期ですね^^
    ところで「教科書ぴったりトレーニング(教科書ワーク)」を見ていたら、時計の解説がほとんどありませんでした。うちは参考書(?)は教科書ワークで行けると踏んでいたのですが…。
    「何分後ですか?」の問いは大丈夫なんですが、「(正時をまたぐ)何分前」は不安なのでネットの無料教材を漁りました。リンク貼ります。
    https://noutorekids.net/jikoku-to-jikan-2nen/

    2年生の自習教材でお薦めがあればご教示いただけると嬉しいです。国語の指示語もどうしようと思っています。

    返信
    1. 森羅

      無料教材、ありがとうございます!
      自習教材は「ひとりで学べる算数」はどうでしょう。スモールステップで分かりやすいです。

      返信
      1. 肯定ペンギン

        森羅さま

        ありがとうございます。うちは自習はできそうにありませんが、母がサポートする所存です。本屋さんで見てみます。7日が始業式で教科書を持ち帰るので、内容を見てみます。教科書ワークの内容に疑義ありです。むぅー。
        低学年向けの参考書がないのが悩みですが、さりとて、来年(三年生)の自由自在中学年も敷居が高そうです^^;こちらのお子様方は、自習されているのですよね。私も子供のころに塾で使っていましたが、まさか子供が自習できるとは、という難しい内容でした。

        森羅さまのお子様もそろそろ入学式ですよね。うちの子は、「1年生に何をしてあげよう?」と考えて眠れませんでした。←そんなことより自分の勉強!^^;;;
        きっと、お子様の学校でもそんな2年生が待ち構えてますよ。ご入学おめでとうございます。

        返信
  10. 詩人の母

    午前と午後のプリント、ちょうどつまづいていたので助かります。(子供じゃなくて私が)

    午後7時?午後19時?
    24時間制が怪しい私です。
    A4コピー用紙がきれていたので早速買いに走りました。

    時計は学校の単元としては4時間しかやらない、とどこかの記事で読みました。
    うちは去年の夏休み頃からハイレベ幼児の時計をやって、ようやく読み間違いがなくなったかな、というところ。
    速さの計算とかに入る前に無料プリントなどでコツコツやるしかないですね。

    ちなみに時計はぷりんときっずを使ってます。
    https://print-kids.net/

    ついでに計算のお気に入りは算願。
    https://www.sangan.jp/

    漢字のお気に入りは漢字プリント1006。
    https://www.kanji1006.com/

    URLの貼り方が自信がないのでうまく見れなかったらごめんなさい。

    あと指示語とのことですが、去年「は」「を」「へ」の使い方が怪しかったので「くもんの苦手たいじドリル」やりました。
    指示語のシリーズもあるみたいです。

    返信
  11. 肯定ペンギン

    算数の教科書を見ました。時計は図を使ってわかりやすく解説されていました。教科書の解説が丁寧な項目は教科書ワークは端折るのかも知れません。教科書ワーク一冊だけで使える訳ではなさそうです。

    詩人の母様
    プリントのURLをありがとうございました。計算プリントを使ってみます。漢字のレイアウトが男前です。「熟語だけ!」で気持ちいい^^
    うちが使ってよかったプリントも書きます。

    。漢字
    https://happylilac.net/p-sy-kanzi.html

    ・似ているカナ(小1の頃)
    https://print-kids.net/print/kokugo/niteiru-hiragana-katakana/

    ・計算ピラミッド(すぐ飽きました…。小2版もあり)
    https://www.print365.net/keisanpyramid/

    以前、算数の内容が学年をまたいで教えているという話があったので、こんなのも載せておきます。時計も三年生の内容を意識していきたいですね。

    ・算数数学系統表(高校まで)
    https://www.shinko-keirin.co.jp/keirinkan/topics/2011/data/math_keitouhyo.pdf

    うちは時計は、幼稚園のバスがよく遅れたので子供が「あと何分?何時に来るの?」をセットで聞いていたので、60分で時間が切り替わるのを理解したみたいです。あと、「おやつは15時」だけ覚えてました。天気予報で24時制に気づいたみたいです。
    計算は小3で教えていたのが小2に下りてきたらしいです。「何分前」は小2には難しい気がします。子供に「何分前」って言いません。

    返信
  12. 詩人の母

    ブンブンどりむ、2年目に入りました!

    コロナ禍の休校で始まった新1年生の4月、「学びの機会を失ってはならない」と藁をもつかむ思いではじめたブンブンどりむですが、全ての添削を出し終えて1年目は終了、2年目に入りました。
    このブログではブンブンどりむは少数派だと思いますが、「やってみようかな」と思っている特に小学生のご家庭向けに(管理人さんの許可なく!)書いてみようかなと思います。

    肯定ペンギンさま、見てるかな?

    <コースについて>
    一応「無学年」をうたっていますが、一番下の「入門コース」が1年生相当なので「入門」を選びました。
    はっきりと学年は書いていないものの「入学式について書こう」があったり、テキストの裏面に「1年生で習う漢字」がのっているので、1年生向けなことはバレバレです。

    難易度ははじめは「難しいかも?」、夏ごろは「簡単」、でも年明けからぐっと書く分量が増えて「難しくなったかも?」と感じました。

    ちなみに資料請求で6年分のテキスト(抜粋)がもらえるのですが、入門コースのサンプルは2月号だから新1年生には難しいですよ!
    わが家は受講する前提で資料請求していたのですが、一瞬怯みそうになりました。

    <レッスン回数について>
    メインテキストは見開き1レッスンとして10回分、ワークブック(漢字や語彙)が5回分、添削課題が2回分です。
    ということは17回分しかないので、毎日やってると月の半分ぐらいで終わってしまいます。

    と思っていたら、2年生向けの「基礎コース」はメインテキストが14回分になりました。
    あわせて21回ですね。
    昨年は「物足りない!」と思いながらやっていましたが、今年は「今月終わるかな・・・」とプレッシャーを感じるようになりました。
    そのぶん、お値段も400円ほどupしています。

    <テキストについて>
    「書く」ことがメインですが、私のお気に入りは「名文の音読」と「名文の書写」です。
    自分で詩集などを買ってできないこともないですが、童謡の歌詞や童話、詩など色んなジャンルから選ばれていていいなぁと思います。

    息子のお気に入りは「今月の名文を真似しよう」のコーナーです。
    しゃぼんだまとんだ、屋根までとんだ。
    みたいな文章の「しゃぼんだま」と「屋根」が( )になっていて自分の好きな言葉を入れて替え歌をつくります。

    だいたいいつも「ヘビ」とか「宇宙の果て」とか変な言葉を入れてゲラゲラ笑って喜んでいます。
    文章の出来、不出来よりも、書くことを楽しめればそれでよし、と思っています。

    また「情報を読み解く」ようなコーナーがあって、鉛筆(2B)やくつ(19㎝)にはどんな数字や記号が書いてあるか見てみようというのがありました。
    1年生のうちは大したことない課題ですが、高学年になると「グラフを読み解く」のような課題になっていくようで今後に期待しています。

    あと、いわゆる「読解問題」もあるのですが、2年生になってはじめて解答を見たのですがとても解説が丁寧で驚きました。
    この問題が何をねらいとしているのか、どういう点に注意して読んだらいいのか等。
    余談ですが今やっている最レベ国語に、解説の充実度を見習ってほしいです・・・。

    その他ブンブンどりむは書くだけでなくて「語彙」にも力を入れていると思います。
    今月は春の言葉で「寒の戻り」「弥生」「こち(東風)」などが出て来て、思わずスマホで検索してしまいました・・・親も勉強になります。

    <添削課題について>
    残念ながらワンパターンで、その月にあったことの絵日記や、送られてきた絵本を読んで続きを想像して書く、というものばかりでした。
    この送られてくる絵本、私はほとんど面白いとは思わなかったのですが、子供の食いつきは良かったです。

    2年生からは絵本の送付が毎月ではなくなるので、多少添削課題の内容も変わってくるのかもしれません。

    <取り組み方について>
    最初の頃はいちいち解説をしていましたが、今は宿題の合間に渡して「好きなところひとつやって」と言ってやらせています。
    時々やり方を間違えていたりするので、完全に目を離すことはまだできていません。
    なので低学年なら親が伴走するなら学年相当、完全に1人でやらせるなら1学年下がベストかと思います。

    <料金について>
    ブンブンどりむは高い(5,000円ぐらい)という評価が多いですね。
    私も確かにそう思います・・・が、しかし!
    添削が1回あたり2,500円と思うから、必死に添削を出せたのだと思います。
    (実際にはテキスト代等があるので2,500円ではないのですが、単純に2で割りました。)

    これが月1,900円ぐらいの会費だったら、「1回分1,000円ぐらいだし、今月は出さなくてもいっか」となってしまうところです。
    なので私にとっては強制力という意味で妥当な金額でした。

    <全体として>
    親バカですが元々言葉のセンスがある子だなぁと感じていたので、それをのばしてあげたくてブンブンどりむをはじめました。
    それの成果かどうかは分かりませんが、昨年、県内の詩のコンクールに入賞しました。

    ただ、いまだに「2年生では読書を頑張りたいです。なぜかというと読書を頑張りたいからです。」みたいなしょーもない作文を書いています。
    作文用紙の使い方も怪しいです。

    とりあえず作文用紙を前にして途方に暮れる、ということは免れているようなので「文を書くことが苦手」というレベルは脱していると思います。

    このコメントを書くにあたって本人にも聞いてみたのですが、
    ぶんぶんどりむのよいところ→全部!
    いやなところ→ないよ!
    だそうなので、総評としては「良い」に該当するかと思います。

    以上、長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

    返信
    1. 打たれる管理人 投稿作成者

      詩人の母さん コメントありがとうございます。

      >特に小学生のご家庭向けに(管理人さんの許可なく!)書いてみようかなと思います。
      いつもやってるじゃないですか(笑)。

      じっくり読まさせてもらいました。
      上の2人はそこまで心配していませんが、末っ子がしょぼいので、そろそろ考えないとって思っていたところでした。
      言葉のセンスは微妙かと。

      5年生になりましたが、作文の宿題は出なさそうです。
      ここに居座ってる某先生のように、学校でいいね~と少し褒めていただき、伸びてくれたらと勝手に期待してたのですが。

      課題図書4冊を元にどんどん書いてみてって言おうかな。
      時間がない子なので、GWや夏休み、ちょっと考えます。

      ありがとうございます。

      返信
  13. 肯定ペンギン

    詩人の母さま

    ユーモアを交えながらの長文レポート、ありがとうございます。ブンブンの本サイトより引き込まれました。特に料金のところは、ブンブンについて書かれたブログのどれよりも唸りました。うわー、6万円吸い取られそう。
    うちも休校時に資料請求しましたが、一年生のサンプルが難しすぎて子供がきっぱり「いらない」と言ったので断念しました。読解の解説が詳しいのは惹かれますね。子供にわかるように解説するのは低学年ほど難しい気がします。ハイレベ(うちはハイレベ小1です)に見習うよう説教したいぐらいです。

    私は今は読解より日本語の音韻を楽しんでもらいたいと思っていて、季語、古語を取り入れているのもいいですね。親が見てもおもしろくないのにこどもが食いつく絵本というのはさすが斉藤先生です。(斉藤先生の小学生向けの本は要約とか一部抜粋なのですが、いつか全文を読むための とっかかりという意味で読もうと思います。)

    添削課題がワンパターンとありましたが、低学年で「読まれることを意識して書く」機会が月2回もあるのはよいと思います。自分で自由に書く文とは違いがあるはずです。うちは一年生の時はz会をしていましたが、先生へのお手紙(コメント程度)や、国語の短い作文などは、少しだけですが考えて書いていました。ブンブンどりむを2年からやりたかったのですが、z会の作文でもテーマによっては一行しか書けないので足踏み状態です。そのz会も、子どもに合った進度で勉強したいので今年はやめてしまいました。小1算数をがんばって、作文も安定してきたらブンブンに取り組んでみたいです。

    お子さんから「宇宙の果て」という言葉が出たのには驚きです。乱読の成果、出てますね。詩で賞を取られたのも納得です。コメントを読めば読むほど、お子さんに合ったよい教材ですね^^

    返信
  14. 詩人の母

    ブンブンどりむ報告、おまけ。

    5月の月報に昨年1年間添削を提出した人の一覧があって、どの学年が多く受講しているかというと
    一位、2年生
    二位、3年生と4年生
    四位、1年生
    五位、5年生と6年生
    という感じでした。

    該当学年を受講していない、添削を出していないという可能性もあるとは思いますが、やはり1年生の終わりごろから「作文苦手かも?」といって取り組む人が多いのかな、と思いました。

    また添削課題ですが「日記や絵本の続きを書こうなどワンパターン」と書きましたが、やはり2年生からは「〇〇という言葉をつかって書こう」や「〇〇が△△だったらどうなるか想像して書きましょう」などの指示が増えてきました。
    1年生の時は添削も「お試し」のような感じでしたが、2年生からいよいよ本格的な「添削課題」になった気がします。

    肯定ペンギンさまにブンブンどりむが「息子にあっている」と言っていただけて、なんだか嬉しいです。とりあえずあと1年は添い遂げたいと思います!
    6年間!と言いたいところですが、もし中受するとなるとそれどころじゃないだろうし、「今解き教室」も気になっているので・・・。(^^♪

    そうそう、ブンブンは斎藤先生が監修なんですよね。
    「声に出して読みたい日本語」だったかな?
    以前ちらっと見かけた文章の続きが気になって気になって・・・とうとう図書館で借りて読んじゃいましたよ!
    しかもドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」、文庫三巻本ですよ!

    ご存じの方もおられるでしょうけど登場人物が多い上にメインの物語以外に枝葉のストーリーが多く・・・中年女性が通勤電車の中でメモとりながら必死に読む姿は異様だったと思います。汗

    で、読み終えてはたと気づいたのが、「声に出して~」に掲載されていたのは、メインの物語ではなくサイドストーリーみたいな感じだったんですよね。
    脇役の人たちのエピソードといったらいいのか。

    それを「声に出したい~」に持ってくるかなぁ?
    でも結果として本編に手を出してしまった私・・・。
    まんまと斎藤先生に踊らされてしまったのでした。

    ちなみに斎藤先生、問題集もいくつか監修されているようですが(漢字や百人一首など)何故かそれらはあまり面白くない・・・ただ書くだけのようなものばかり・・・詰めが甘いんですかね。
    残念だなぁ。

    返信
    1. 肯定ペンギン

      詩人の母さま

      ブンブンのレポート続編、ありがとうございます。
      コンスタントに文が書けていらっしゃるようでうらやましいです。書きたいことしか書けないので、うちはまだまだ先になりそうです。読書感想文が怖いです。

      「齋藤孝の声に出して書いておぼえるかん字ドリル」を買いました。ダジャレ本みたいな感じです。

      カラマーゾフは映画で見ました。人名を覚えるだけで大変でした。読破とはすごいです。
      「斉藤先生の著書ががっかり系」に私も一票入れます。
      「声に出すことばえほん」はよく読んでいました。「えんにち奇想天外」がお気に入りでした。

      ゆずこさまを乱読クラブに勧誘しようとしたら、詩人の母さまに先を越されました。^^

      返信
    2. 森羅

      カラマーゾフの兄弟!
      私の読んだ中で迷わずベスト3に入ります。学生時代、友人がドフトエフスキーは「罪と罰」よりカラマーゾフだと言い、貸してくれた本でした。こういうことなら自分でも殺人するかもと思わせられるまでの内面描写の細かさにひたすら感銘を受けていました。
      あと、同時期に貸してくれた「貧しき人々」も好きでした。

      返信
      1. 詩人の母

        さすが森羅さま、私はそんな深みまで読み取ることができずひたすら登場人物の多さに右往左往してました。汗

        でも、もうこりごりと思ったはずなのにもう一回ぐらいチャレンジしようかな?と感じてしまうのはやはり名作ゆえなんでしょうか?

        中学生の時背伸びをして「三四郎」や「それから」をよんでちんぷんかんぷんだったのですが、今なら分かるのかなあと思ったりします。

        返信
    3. 打たれる管理人 投稿作成者

      詩人の母さん コメントありがとうございます。

      現在、末っ子が読書感想文をやってます。
      本人は自信満々で読んでと言ってきましたが、印象に残ったところをピックアップして感想を書いている状況。
      これはマズイ。最後まで読むのに耐えられない。
      最後まで自分で読んでみたら、駄目だしポイントも分かるはずなんですけど。

      まともになるまで、付き添いますわ。
      賞は取れないレベルで(汗)。
      とほほです。

      返信