IMG_6824

小学生の通信教育 進研ゼミとZ会を徹底比較

公開日:2017年7月10日

スポンサードリンク

小学校に入学したころは、ひらがなの読み書き・計算も一通り習得していて、どの子も楽勝だったと思います。
どんな子も「簡単~」と余裕!!
でも、勉強もだんだんむずかしくなり、1学期が終了したころにはあれ?と思う小さな差が出てきます。
例えば、計算。ど早い子もいれば、答えを出すだけでやっとの子も。答えは〇でもスピードで差が確実に出ています。
これが学年が上がる毎に差はどんどん広がっていきます。
5年生なんて、酷いもんです。
差を埋めるべく根本的な原因を分かってない親は焦って塾に入れ、お金をどんどん教育につぎ込みます。
それでもパットしない子供達。
悪循環は中学・高校と続くのです。

中学受験をしない子もやっぱり家庭学習が重要

小学生から塾通いは反対です。
小学生のうちから、何でも手取り足取り教えてもらうのってダメです。
T大卒夫は、

「自分で努力して自力で進めて勉強が出来る子が最終的には勝ち残る」

と言っています。
つまり、
塾漬けは後先を考えるとあまり良くない
のです。
塾で教えてもらったって、自分で家に帰って復習しなけりゃ全く力になっていない。

教えてもらって分かった気になっている。

これ、ありがちな出来ない子パターンです。
自分で理解して問題を解いていないからです。
やっぱり、家庭学習が大切なのです。

通信教育は自分で計画を立てて勉強を進めることが出来る!!

家庭学習と言えば、通信教育や市販の問題集に頼ることになると思います。
市販の問題集は経済的な面では助かるのですが、何と言っても解説がイマイチです。
逆に通信教育はお金は高いけれど、その分良く出来ています。
それでも塾通いに比べたら、安いもんです。
通信教育は、自分で計画を立てて勉強するにはもってこいです。
ちなみに、公文をやれば学習習慣が身につくとかいいます。
いやいや、機械学習で学習習慣を身に着けるより、考える力も身につく通信教育で学習習慣を身に着けた方が絶対にいいです!!

Z会と進研ゼミを徹底比較

さて、通信教育と言えば「Z会か進研ゼミ」ではないでしょうか。
Z会と進研ゼミ、同じ通信教育ですがタイプが全然違います。

Z会と進研ゼミの比較
Z会 進研ゼミ
向いている子 ・基礎が出来ている子
・トップを狙うような子
・勉強が苦手な子
・応用を身に着けたい子まで
見た目 シンプル カラフル
受講料(3年生で比較) 4教科12か月払い
63,984円
(一月あたり5,332円)
4教科12か月払い
43.776円
(一月あたり3,425円)

どうでしょうか?
受講料を小学校3年生で比較しましたが、一番お得な12か月払いを選んでも
1月あたり1907円Z会の方が高くなります。

そして、定説として
賢い子→Z会
勉強の苦手な子から普通の子→進研ゼミ

となっています。
これは、資料請求をしてみたら一目瞭然です。
例えば、一番上の写真。
パッケージから進研ゼミ・Z会のカラーが濃く出ています!!

最近、送られてきた3年生のサンプル問題です。
IMG_6830
小学3年生、上が進研ゼミ・下がZ会です。
小学3年生の子が両方とも解いて100点でした。
ただ、感想としては

長女
お母さん、Z会の方が難しかった

写真を見れば一目瞭然ですよね。
絶対にZ会の方が難しいです。
ちなみにT大卒夫は「Z会のレベルについていけるなら、国公立は大丈夫なんじゃない?」と言っています。
良問ばかりです。
子供達はいつかはZ会というような感覚らしく、お試し教材が届くのが楽しみのようです。
我が家もいずれ(中学までには)Z会です。
年に2回程、サンプル(紙ぺら1枚ではなく、冊子ですね)届きます。
結構やりがいのある量で、長期休みに力試しとして取り組ませるのもいいと思います。
我が家は、かなり活用させてもらっています!


ここで大切なことを書いておきます。
タブレット学習はダメです。
タブレット学習は勉強した気にさせるだけで詳細に書いています。
タブレット学習専用の通信教育会社が急速に伸びているようですが、我が家は全く検討もしませんでした。

子供のレベルに合ったものを!!

サンプル問題でも分かるように、Z会の方が難しいです。
Z会は勉強がクラスでも中の上あたりの子からトップを狙う子が対象となってきます。
だから、勉強が苦手な子にZ会を与えたら、さらに勉強が苦手になってきます。

T大卒夫も実は進研ゼミとZ会の両方をやっていたようです。

遊んでばかりの小学生時代 勉強に目覚めた中学時代 東京大学現役合格にむけてまっしぐらの高校時代
進研ゼミ
(小学校5年生から)
進研ゼミ 進研ゼミ
Z会

総論

T大卒夫は
「Z会だろうと進研ゼミだろうと、やれば絶対に力がつく」
と断言しています。

経済的な面で一番助かるのは、断トツで市販の問題集です。
市販の問題集はコストパフォーマンス最高ですが、やっぱり痒い所に手が届くのは通信教育です。
やる気を出させるのも、会社側がしっかり研究しているので上手です。

家庭での学習が出来なきゃ絶対に成績は伸びません。

勉強が出来ない・もっと上を目指したいから塾通いではなく、家庭学習に力をいれてみませんか?

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
コメントは承認制に変更しました。ご理解のほどよろしくお願いいたします。