IMG_5569

上履きは子供が洗っていますか?

公開日:2017年3月3日

スポンサードリンク

毎週金曜日になると子供が持ち帰る上履き。
1週間でかなり汚してきませんか?
つま先なんて真っ黒。
長男・次男の上履きは、黒ずんでいる上に臭いもあるような・・・。

上履きは子供が洗っていますよね?

しっかりと学校で汚してきた上履きですが、まさか親が洗っていないですよね?
以前、調べものをしていた時に、教育熱心な母親のサイトに出くわしました。
その時、
上履きは洗濯機で洗っています。一番汚れが落ちます
というような文章でした。

え?????洗濯機?????
それぐらい、子供に洗わせないと!!!!ってとてもビックリしました。
通塾もさせ、家でも問題集を沢山させている様子のご家庭です。
それが、上履きは洗濯機で洗っています!!よく汚れが落ちます!!
勉強ももちろん大切ですが、自分のことは自分でやろうよ。
塾や家での家庭学習の時間確保か何だか知りませんが、自分の上履きですよ。
私からしたら、本末転倒のように思います。

上履き洗いは宿題で出される学校も

うちの学校では、「上履きは自分で洗いましょう」と先生達が公言しています。
それでも、立ち話をしている時に、「上履きを洗うの忘れてて、慌てて洗って乾かした」と話す親がいました。
他にも、親が洗っているご家庭もチラホラと。
大抵が、「子供が困っている前に助けちゃう」ような親ばかりです。
優しそうでいい方達です。
話している分には問題ないのですが、子供のことになると意見が合わないのです。

私は上履きも運動靴も自分で洗わせます。
以前、次男の洗い立ての上履きを見て、あまりの汚さに洗い方を教えたこともありましたが・・・。
※つま先が真っ黒なままなのです。
「これ、洗ったうちに入らないよ。ここまで真っ黒な上履きを履いていると、清潔感がないから周りに嫌がられるよ」と説教もしました。
基本的には、汚れが落ちてようが知ったこっちゃないです。


ウタマロ石鹸で上履きをこすり洗いをして、ハンガーにかけておく。

我が家で愛用している汚れ落とし専用の洗剤 ウタマロです

たったこれだけです。
時間にして、5分ぐらいです。
この5分を親がやっちゃいますか?

私には、「自分の上履き・靴ぐらい子供にやらせようよ」って思ってしまいます。
親がサッサっとやってしまった方が楽なのはわかります。
親がサッサっとやってしまった方が汚れが落ちているのはわかります。
でも、これをいつまでも親がやっていたら、子供は成長しないと思います。

面白い話があります。

打たれる管理人
上履きは子供達に洗わせています。少しずつ自立してほしいですし・・・。

義母
〇〇(義兄)も〇〇(T大卒夫)も上履きは洗わせていませんでしたが、ちゃんと自立しました(怒)!!!!
打たれる管理人
・・・・・・・。

T大卒夫は「上履きは義兄は洗っていなかったけれど、いとこが洗っているのを知って自分で洗った方がいいのかなと思い、俺は洗っていた。でも、義兄は洗っていなかったぞ。。。
なるほど。。。絶対的な存在である義兄が上履きを洗っていなかったのね。
それにしても、T大卒夫のことは忘れていて義兄のことはしっかり覚えているのですね。
ちょっとT大卒夫が可哀そうに思えましたが、当の本人は「俺なんてそんなもんでしょう」と言っています。

総論

たかが上履きかもしれませんが、上履きぐらい自分で洗わせようよ。
机上の勉強ばっかりしていては、生きていく力がつきません!!!!
自分で洗剤の加減も分かるようになるでしょう。
※うちの子供達は最初、洗剤の適量が分からず、ウタマロ液体を沢山かけていました。。。

親があれこれ手を出すのもいいですが、それならきちんと責任を取らないと。
親は子より長生きはしませんし、いづれ仕事も引退します。
資産家なら別ですが、一般家庭で子供の面倒をずっとみることは出来ないのですよ。
いつまでも子供を養うわけにはいかないのですよ!!!!

T大卒夫は、東京大学を卒業しているのに「勉強ばかりやっていては生きていけない」と言います。
世間で良くいわれる「東大を出たのに使えない」人間になってしまうことを危惧しているのです。
色々な人がいて、世の中が回っていることを理解しないといけない。
上履きだって、週末に持って帰って、月曜に綺麗になったものを持っていくだけでは何も気づかないです。
子供自身が洗えば、洗うことで綺麗になると本人が身をもって理解することが出来るのです。

自分のことは自分でやろう。
当たり前のことです!!

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
コメントは承認制に変更しました。ご理解のほどよろしくお願いいたします。