IMG_1085

今後、日本に優秀な科学者は誕生しないのか?

公開日:2019年3月17日

スポンサードリンク

ある方からこのようなコメントを頂きました。

「全ては受験のため…今の教育、生育環境では、今後日本に優秀な科学者は誕生しないかもしれませんねぇ。」

ちなみに、今のトップ層は東大京大を目指すより医学部志望のようです。
今はもう東大〇名・京大〇名合格より国立医学部〇名の方がインパクトが強い?のかも。

先に肝心なことをお伝えしなければいけません。

中学受験勉強では知識詰め込み、パターン学習をガリガリやらせますが、シナプス刈り込みの最期の大切な時期に中学受験勉強をする事は、本気で子供の人生を潰しかねない。

このことですが、中学受験の話だけではなく今では公立トップ校受験狙いの子達もこぞって大手塾通いです。
中学受験ほどガリガリやらないですが、それなりにガリガリやってるようです。
そして、高校受験組はスポーツをやってる子が非常に多いです。
またどこかで記載したいと思いますが、中学受験の子達だけではなく公立トップ校受験狙いの子から敵意むき出しにされ、トラブルが続いています…。
3年後に直接対決しますので、今ではこっちの方が厄介…。

「全ては受験のため」は中学受験の子達だけではなく、公立トップ校受験狙いの子達にも当てはまることかもしれません。
そして、我が家も片足突っ込んでいることは認めざるを得ないです。

コメントくださった方の答えとその理由が記載されていますので、一読ください。


お時間を割いてコメントくださり、ありがとうございます。
非常に興味深い内容でしたので、我が家が気をつけていることを中心に記載していきたいと思います。

ファインマンさんに学ぶ思考力。

「今後、日本に優秀な科学者は誕生しないと思う?」
とT大卒夫にぶつけてみたところ、「ファインマンを読んだらわかるよ」と言われました。
この本、引っ越しの時に処分したと思い込んでいましたが、念のため探したら出てきちゃったんですよ。
こうなったら読むしかない…。
これがT大卒夫からの宿題でした。

実はこの宿題は続きがあり、ファインマン本は全部読んだ方がいいの?と家飲みしていたT大卒夫に聞いてみたら、
「もう20年以上前に読んだ本だから、そんな細かいところまで覚えてないよ」と笑ってました。
適当に言ってみただけ?と思いましたが、本は意外と面白いです。

せっかくなので少し本のご紹介を。
一つケチをつけるとすれば、自伝なので好き勝手に書かれていて、時系列に沿っておらず若干読みにくい?かも。
少し時代錯誤なところもあります。
・11歳12歳の頃は実験室でやりたい放題(遊びの感覚)
・ラジオ修理がきっかけとなりホテルで雑用バイト 時短工夫をしたが大失敗
・MIT時代にダンスもやる
・実は生物学にも手を出している。こちらは素人が手を出すものじゃないと締めくくってます(笑)。
実験室ではアリやゾウリムシにも夢中になっていてます。
・金庫破りは読んでいて爽快。ファインマンさんらしさが爆発しています。

まだ1冊しか読めていませんが、他の本も時間をみつけて読みたいと思います。
ご冗談でしょう、ファインマンさん(上)
T大卒夫が感銘を受けた本(ノーベル賞物理学者の自伝)です。

ここで私の感想を述べていてもファインマンさんが型破りな面白い人で終わってしまうので、T大卒夫の見解も記載しておきます。
・ノーベル賞物理学は運でとれるようなもんじゃない。
物理学は自然現象を理解する
・物事を最後まで理解した気になる。納得いくまで。
・たとえ間違っていても、納得いくような答えである。
・上記を繰り返すことが大事。
ファインマンさんが見事に当てはまります。
ちなみに、日本のノーベル賞受賞者が地方公立出身が多いというのも分かる気がします…。

ある方のコメントをご紹介しておきます。
20190317
学年が上がる毎に洗練されていくのでしょうね!!

中学入学までにどれだけ机上の勉強以外のことが出来るか。

中学に入ったら、机上の勉強と部活でいっぱいいっぱいになるでしょう。
高校受験組なんて、3年間あっという間でしょうね。
だからこそ、今しかできない実体験は特に大事にしたいとは思っています。

ちなみに、先週はうちの下2人がお菓子作り、そして今週は子供の科学にあった工作をそれぞれ楽しんでいました。
途中ですが、最近の出来事をちょっとご紹介します。
子供の科学

IMG_1076
輪ゴムスーパーカー。
最初は1mmも動かず。
家にあった長いヘアゴムに変えてみましたが、巻いているときに弾力性がイマイチと思ったようで途中で元に戻した模様。
結局、針金(クリップを代用したようです)の曲げ方に問題があったようです。
何度も試行錯誤して、やっと30㎝ほど進むようになりました。
まだまだ改善する必要はありそうですが、T大卒夫は「まあ、仕組みがわかって動けばいいよ」と言ってました。
これで終了でしょうか。
ちなみに、学校でもキットを使用してこんなのを作りますが、あれは超簡単。それなのに苦戦している子を手伝うことも多いらしいです。
ここにテストの点数が良い悪いは関係ない…。
机上の勉強ばっかりさせてもダメですよ!!
IMG_1087

針金を輪っかにするところだけT大卒夫にやってもらったようで、あとは子供達だけで頑張ったようです。
末っ子はペンチの使い方を覚えました。
下の写真は、子供達と何かやるとき揃えておいた方がいいと購入した工具です。
立派なものですが、実際は一部のものしか使ってません(汗)。
IMG_1083

IMG_1080
放射相称(5角形)です。
拡大コピーしたようですが、それでも折るのが大変と言ってました。
1度失敗したようで、まだまだ完成までは程遠そうです…。

上記のことは、親がやれやれ言ってるわけではなく、自分達でやりたい!と言い出して取り組んでいることです。
時間を忘れて没頭していました。

お庭では、種から育てた大根が立派に育ちました。
IMG_1051
大根の葉は触るとチクチクして痛いです。
私も料理の時に触りましたが、想像以上に鋭いトゲなんです。
子供達も大喜びで収穫しましたが、どうしてこんなに葉が痛いのか?
当然ですが、そっちの方が気になって仕方がない。
3人で議論していました。大事にしたい体験です。

家庭菜園は他にもご紹介したいのがありますが、これぐらいにしておきます(笑)。
また時期をみて別途記載します。
今年の冬は野菜の高騰もなく家計も助かりました。
大根も安っ。

あと、何でもかんでもお金を払ってさせることが体験ではないですから。
こういうやり方、実はT大卒夫が一番嫌います。

自然に歯向かうやり方は良質な思考につながらない

シナプスの話など読ませてもらいましたが、子供に無理させているのはその通りです。
T大卒夫も私も、このサイトを読んでいる方々もきっと小学生時代は小学生らしい生活だったと思います。
それが親になった今、幼児から英語にふれさせ、小6で準2級。
勉強面では小学校中学年までは先取りさせませんでしたが、高学年では中学受験用の問題集を元に家庭学習。
※中学からは先取りが大事になってきますので、先月からZ会(中高一貫発展コース)を元に進めています。
模試も定期的に受けさせています。
3人ともそれぞれスポーツをやっていて、日々練習にも励んでいます。
※小6の子は中学から部活に移行です。
友達との遊びも欠かせません。
これぐらいのことは真似しようと思えば真似できます。
こんなのは金太郎飴みたいなもんです。
これが正しいのかは先になってみないとわかりませんが、致命的な差にならないよう最低限のことをさせています。
日本は残念ながらまだまだ学歴社会ですからね。

ただ、実体験というのはなかなか真似できません。
最近だと、猟師さんから罠について教えてもらっている子がいました。
本当、凄いの一言です。

あと、自然だけに焦点を当てなくてもよくて、算数が好きで学問としてどんどん極める。
こんなのも当てはまることだと思います。

金太郎飴ではなく何か突き出ている子はやっぱりどの時代でも重宝される人材なのかもしれません。

総論

今後、日本に優秀な科学者は誕生しないのか?
T大卒夫とも話をしましたが、結論はわからないでした。
これだけごちゃごちゃ書いているくせに…すみません。
我が家が今取り組んでいることも、先になってみないとわからないです。
大学は行くのが当然と思っているので、今出来る最低限のことはしようと思っています。

国に注文をつけるなら、助成金の在り方はもう少し考えた方がいいと思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク







今後、日本に優秀な科学者は誕生しないのか?」への4件のフィードバック

  1. ピンクヒコウキ

    前回の小学校英語、前々回のインクルーシブ教育の白熱したコメントを読みながら
    モヤモヤ感と自分はどう向き合っていきたいのかを考えていた所
    管理人さんがわかりやすくスッと心に落ちる見解を言語化して下さいました

    管理人さんのお子さんをはじめ
    兄弟で楽しく英語で会話するお子さん
    ご家族のありふれた会話で論理的思考を培うお子さん
    子供達が生き生きと負担を感じない環境で学力貯金をされていて皆さん凄いな…と思いながら
    6才の娘が楽しくて仕方なく自宅のあやとりの本にのっていない新技を仲間や園の先生から次々に覚えてきて披露してくれるのと子供としては根本は同じだよな~
    それが学力として直接的にこの先、生かせるかそうでないか
    親として環境やきっかけ作りをするさじ加減
    やはり実際に学力として生かせる事を実践されている方々の話を聞くと心が揺れました

    子供の心がワクワク熱中している最中って親が見ていてわかりますよね

    我が家の卵焼き担当の息子が絶妙な柔らかさの目玉焼きを作り私が美味しい!!と言う瞬間 や
    自分で作ったソーラーモーターカーが 日の光を浴び走り出す瞬間

    子供自身が見つけたワクワクの瞬間>未来を見据え今必要だと感じ一緒に取り組んでいる家庭学習
    やはりかないません

    先の事はわかりませんが、
    子供が一緒に喜んで付き合ってくれるであろう小学生高学年までの数年間
    こちらの皆様の知識や見解、子供の本質と向き合う実践のお話etc.にお力を借りながら
    共に楽しみ、学び試行錯誤して充実してたなあの頃は…( 〃▽〃)
    と思えたらいいなと思います
    親子それぞれが全力を尽くした事にその意味と価値があったと感じ
    影響を与え合うことで心技体成長し合いたいものです

    こちらにいらっしゃる多くの方々が
    小学生に対しての詰め込み教育ではなく
    子供らしい上での未来を生き抜く学力を考えて育児を実践されていたり
    それゆえ公教育における限界に気づきよりよい教育について議論されていたり
    国会中継よりも自分にははるかに身近で意義のある討論で勉強になります

    管理人様の負担のかからない範囲でこれからも楽しみにしています
    いつもありがとうございます!!

    返信
  2. 公立校小3と小1の母

    おはようございます^^
    まず。
    ぷりんさん、私へのメッセージをありがとうございました^ ^ ぷりんさんの「管理人さんのサイトにはいろんな年代のお子さんをお持ちの方が訪れていると思う」と言う一文に、ハッとしました。確かに!!
    ぷりんさんの仰るお話、良くわかります。早期英語教育に関しては以前にお話しさせていただいた通り、やるもやらないも自由だと私は思っています。やったから良い、やらなかったら悪い訳では全くありませんから。
    英語(第二言語)は本人のやる気さえあればいつでも習得できますよね!幼児期からスタートしなくても(スタートが何歳でも)、その年齢に合わせてアプローチ(取り組み方)を変えれば良いだけです!+ そこに本人の努力が必要か否かなだけだと私は思っています。(うちの兄弟は努力はまだしていません。笑笑)

    Web上にて。文字だけで自分の考えを伝えきるのはとても難しいことですが、そんな中でも伝わる方には伝わるし、伝わらない方には何を言っても通じないと言うことを改めて学びました。勉強になります!

    上のピンクヒコウキさんのコメントが見事にまとまっていて、素晴らしい国語力に脱帽です!(ピンクヒコウキさん、はじめましてなのに突然名指ししてしまい失礼しました。)

    うちはうちなりに、これからも子供たちと楽しみながら我が道を進んで行きたいと思います。

    【中学入学までにどれだけ卓上の勉強以外の事ができるか】ですが、うちはゲーム機はないので主に原始的な遊びをしています(笑)長年遊び続けているレゴ、パズル、カードゲーム、ボードゲーム、管理人さんの過去記事にもあるあやとり、工作(自分の作りたいものを常に作っています)、騙し絵を研究、科学マジックをやってみる…などでしょうか。あ、プログラミングも少々。料理やお菓子づくりもたまにやっていますね(^^)b
    時間がある時は、お友達と公園で遊ぶ事もありますが年齢が上がるに連れて 公園<家で集まってゲーム なお友達が増えていて最近は公園遊びも楽しさが減って来ている(誘っても「ゲームするから行けない」と断られる)みたいです(汗)

    子育ての全てにおいて、良いのか悪いのかなんて判断出来ません(やってみないと分からないため)が。みんな常に子供のために最善だと思ってやっている事だと思います。これからも、管理人さんを中心にこちらではお互いに気持ちよく意見交換できると良いなと思いました。

    管理人さん、みなさま、いつもありがとうございます。(←ちなみに私も凡人ですのでいつも、記事もコメントも何度も読み返して理解しています。笑)

    こんにちは。さんへ
    以前教えて頂いた『科学のなぜ?新辞典』を先日、長男がゲット(おばあちゃんからプレゼント)しました(=´∀`)人(´∀`=) 予想通りの食い付きで、家中持ち歩いて暇さえあればページをめくって夢中で読んでいます(*´꒳`*) それを見た次男も横から一緒にのぞいたりもしていて、我が家は大ヒットです!!教えてくださりありがとうございました^^
    あれから自主学習もなんとか我が家のペースをつかみ、本人も少しずつやり方を理解出来てきたように感じています。ゲットした本はきっと、これからとても役に立つ資料になると思いました。
    これからもスモールステップを繰り返し、少しずつ積み重ねて行きたいと思います(^-^)

    返信
  3. 通りすがりのシングルファーザー

    うちの新中3の姉、新中1の弟、共に国立医学部現役合格を目標に掲げておりますので中学、高校を選ぶにあたって東大合格者数より国立医学部現役合格率を基準にしました。
    私立中高一貫に進学する弟、公立中の姉。ルートは違えどゴールは同じ、 兄弟とはいえ性格も得手不得手も違いますのでその子に応じたルートでゴールにたどり着ければよいかと。
    中学受験にも高校受験にもメリットデメリットがありますので、どちらかが悪だと決めつけずその子にとって最適なルートを探してあげるのが良いかと。
    しかしそのルートもゴールも選択し決定するのは子供自身だと思います。
    私は子育てのゴールは自立させることだと思っておりますので、子供とはいえ自分の人生は自分で決めさせるようにしております。

    返信
  4. 打たれる管理人 投稿作成者

    皆さん コメントありがとうございます。

    おっしゃる通り、ピンクヒコウキさんが見事にまとめてくださいました。
    ありがとうございます。

    輪ゴムスーパーカーはうちの小2が作っていましたが、最初は簡単と思っていたようです。
    でも実際作ってみると上手くいかない。
    実際に作ると作らないとでは違いますよね。
    絶妙な柔らかさの目玉焼きだって、火加減等の工夫のおかげですよね。
    これだって、やるとやらないとでは大違い。
    うちはお菓子作りで、卵黄と卵白を上手く分けることが出来るようになったようです(笑)。
    試行錯誤はシナプスを増やす良質の刺激になっていますね。

    知識がないと中身がスカスカになってしまいますので机上の勉強も必要だと思いますが、小学生の間は実体験から吸収していくことも大切にしていきたいと思っています。
    未来を生き抜く力に繋がります。

    公立校小3と小1の母さん>
    ゲームはつい最近トラブルがありました。
    ゲーム繋がりの友達もいいですが、本当に友達か見極めが必要かも…。
    長くなりますので、また別途記載したいです。
    お子さん達が欲しがらなければ、敢えて与える必要はないと思います!!

    通りすがりのシングルファーザーさん>
    国医でしたか!
    うちの子の周りでも、将来の夢が研究者より医者の方が断トツに多いです。
    非常に出来るお子さんたちなので、ちょっと気になっていました。

    高校受験は二月の勝者(四巻)にデメリットが書かれていましたね。
    黒木先生、ズバリ言い放っていたので笑っちゃいました。
    通りすがりのシングルファーザーさんのおっしゃる通り、性格も考慮すべきです。

    返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
・コメントは承認制に変更しました。
・状況によっては、纏めてお返事する場合もあります。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。