大人のブックフェア

公開日:2022年11月9日

スポンサードリンク

ここでは、大人を対象とした本を紹介するページとなっています。

大人になっても本から学ぶことは多く、心を動かされた本がありましたら是非ともご紹介ください。

打たれる管理人より

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022


スポンサードリンク







大人のブックフェア」への19件のフィードバック

  1. 疲れているはげまつ(小三)

    唐突な自分語りと自慢で皆さん気を悪くされること必須。
    そんなこと言ってても今だけでしょ、と心の中悔しさで毒づいてください。
    うちの子めっちゃ算数できます!
    それは単に私の教え方が天才的だからです!!!

    もうこの時点で私を家庭教師として招きたいご家庭が数多発生したことは推測に難くないですが、なんと今だけ。最高の算数数学教授法が載ってある本のタイトルを紹介いたします!

    それはなんと。。。!!!

    すいません。。このテンション疲れました。。やってみたかっただけで。。
    えっとですね。
    「いかにして問題を解くか」
    もう古典なのでご存知の方も多いかと思います。
    問題の解き方、教え方にお困りの方がいれば一冊導入してみてください。
    ちょっと古めかしいので大人向け図書です。人生の役にも立ちます。高校生くらいの子であれば読めるかとおもいます。

    後ろの方辞典なので実際には30ページほど読めばよろしいかと。。そんな魔法みたいな方法ではないんですが、結構しっかり心に響く人いると思います。。
    お邪魔しました。。

    返信
    1. 亀田ゴロー(中2、小3)

      はげまつ師匠の家の本棚に、あるかも。。。
      我が家の本棚にある本。

      「大学入試数学。
      不朽の名問100
      大人のための 数学 腕試し」

      鈴木 貫太郎 著

      ブルーバックス新書

      東京大学の入試問題から
      数学オリンピックの予選問題まで
      1問1問
      楽しく腕試しをしながら
      数学の面白さを味わう1冊。

      数学好きの高校生や
      数学好きの大人に捧げる本です。

      返信
    2. ぷちソレイユ(小5

      G.Polya 著 いかにして問題をとくか (How to solve it.)という本ですよね?
      早速、図書館に予約しました。
      私が読んで理解できるかしら?と思いますが。
      ちょうど、問題の解き方、教え方に悩んでいるので。
      はげまつさんに教えて頂かなかったら、きっと縁のなかった本だと思います。
      ありがとうございます。

      もう、私では娘に勉強を教えられないかも。
      (自分を棚に上げて)学習習慣をつけることだけは出来て良かったですけど。

      返信
    3. 打たれる管理人 投稿作成者

      はげまつさん コメントありがとうございます。

      お子さん、Z会さまさまで、あの難しいZ会中学受験コースを自走出来ているんだからって突っ込もうとしたら、オチがありましたね。
      いかにして問題を解くか
      少し調べてみたら、有名な数学者の本のようで、私は宝の持ち腐れになりそうですが、上の2人なら読めるかも。

      ご紹介ありがとうございます。

      それにしても、このコメントのくだり、言ってみたいですね。

      返信
      1. かろうじて生きているはげまつ(小三)

        ゴローさん

        持ってないです! ほぼ大学以降の本ばかりで・・・。
        見てみます!

        ぷちソレイユさん

        そうです!
        筆者名ありがとうございます!

        もし理解できなくても、エッセンスさえ拾えたらいいと思います。もうその段階でしたら、お子さんには直接教えるというよりは、そのエッセンスを折に触れてお話されると良いかと思います。

        管理人さん

        本当Z会さまさまでして・・・。すいません笑
        Z会のおかげで手抜きさせていただいています・・・。
        是非是非お子様にお勧めしてみてください。

        返信
        1. 亀田ゴロー

          ハゲマツ師匠、ゆっくり休んでね。

          お忙しい中、貴重なコメントを書いてくださり、
          ありがとうございました。

          返信
    4. ぷん

      はげまつさん、

      初めまして。ぷんです。
      この本、前に気になって、その後すっかり買うのを忘れてしまってた本です。ご紹介ありがとうございます。早速購入です。

      Amazonの試し読みで少し読みました。
      うちの子が習っている数学の先生の教え方と似ています!
      最近、うちの子も似たような考え方で問題に向き合うようになりました。
      数学の授業のあと、熱く語ってくれるので、ふんふんと子供の話を聞いてます。
      楽しそうです。

      管理人さま

      別スレの「CNN〜」も良さそうですし、こういう情報を教えてもらえてありがたい限りです。感謝しています!

      返信
      1. はげまつ(小三)

        ぷんさん
        はじめまして。
        リマインダーはげまつです。
        きちんと数学をされている先生っぽいですね(*´-`)
        あんまり教えなくていいから楽そうな教授法だと思うんですが、きちんと「どこで詰まっているか」を見抜く必要があるから意外と大変な教授法です。
        子どもと数学の話、羨ましい。。私も早くそこに辿り着きたいです。

        返信
  2. 亀田ゴロー(中2、小3)

    河合塾講師の
    石川晶康が書いた

    日本史B
    講義の実況中継①

    語学春秋社

    うちの娘が
    「面白そうだから買って欲しい」と
    言ったので、書いました。

    この本の他には

    山﨑圭一 著

    一度読んだら絶対に忘れない日本史の教科書

    も、よかったです

    返信
  3. 亀田ゴロー

    おかん様と、わたや様に捧げる1冊。

    カードマジック事典

    高木 重朗 編

    東京堂出版

    カードマジックの基本的な事を
    体系的に解説した本です。

    カードマジックの先進国である欧米にも、
    体系的な事典が、ほとんど無いため、
    東京堂出版より、
    体系的な事典を作ることになりました。

    我が家のマジック好きは、
    この本で、練習しました。

    返信
  4. 亀田ゴロー

    モルフォ人体デッサン
    ミニシリーズ
    箱と円筒で描く

    ミシェル・ローリセラ 著

    グラフィック社

    「箱と円筒を使えば
    人体が自由自在に描き分けられる」

    著者は、
    フランスの美術学校で教授を務め、
    モルフォロジー(形態学)の講義を行う。

    形態学による
    人体を描くための新テクニック。

    モデルなしで
    個性をリアルに表現できるデザインテクニック。

    絵を描くのが好きな人に捧げる1冊。

    返信
  5. 亀田ゴロー

    ハゲマツ師匠が紹介してくださった本

    Newton 2022年8月号

    「思春期の心理学。
    友人関係が変化し、反抗期が消えつつある」

    子供の仲間関係は、

    1、ギャング・グループ

    2、チャム・グループ

    3、ピア・グループ

    上記の順番で発達していく。

    1、ギャング・グループは、

    皆で同じスポーツやゲームをするなど、
    同じ行動をすることで得られる一体感を
    重視するグループ。

    2、チャム・グループは、

    同じ趣味やクラブ活動などで結ばれた仲間。

    一体感を行動によって確認したい
    ギャング・グループとは違い、
    互いの共通点や類似性を
    基本的に言葉で確かめ合う。

    チャム・グループは
    内面的な一体感を重視する仲良しグループ。

    3、ピア・グループは

    共通点や類似性だけでなく、
    互いの異質性をぶつけ合うことが出来るグループ。

    価値観や理想、将来の生き方などを語り合い、
    他者との違いを明らかにしつつ、
    自分の内面を築き上げることが目標となる。

    互いの違いを認めつつ、
    自立した個人として尊重しあえる状態の仲間関係。

    ※ 近年の日本では、
    思春期の友人関係に変化が起きている。

    ※教育心理学者である千葉大学の保坂教授は、
    2012年に、日本では、

    ギャング・グループが消え、
    チャム・グループが肥大化し、
    ピア・グループが現れる時期が遅くなる
    傾向があると報告している。

    ギャング・グループが消えてしまった理由としては、
    習い事の増加などによって、
    集団で外遊びをする機会が減った事などが
    指摘されている。

    衰退したギャング・グループに変わる形で、
    チャム・グループが肥大化した。

    チャム・グループは
    互いに同質性を求める関係性です。

    グループを維持するために、
    いわゆる同調圧力が働きます。

    現代の中高生は、
    チャム・グループの同調圧力の中で
    お互いを縛り合っているため、

    異質性や個性を認め合うピア・グループへの
    移行が、なかなか進まないと指摘されています。

    ※ 近年の日本では、
    はげしい反抗期が無くなりつつある。

    その理由について、
    著者は、この本で、詳しく書いています。
    興味のある人は、
    この本を読んでみてください。

    この記事は、
    奈良女子大学の伊藤教授が監修しています。

    伊藤教授は、この記事の最後に

    「思春期の子供たちの悩みは、
    成長や発達の裏返しであり、
    本人が努力しているからこそ、
    生じるものです。

    周囲の大人は、
    思春期の心の特徴を理解して、
    本人のプライドを大切にしたサポートを
    心がけてください」と
    書いています。

    返信
    1. 打たれる管理人 投稿作成者

      56さん コメントありがとうございます。

      ちょうど、総合型選抜でも反抗期についてコメントしました。
      ありがとうございます。
      “同調圧力”、私が書いたコメントにも繋がると思ってます。
      なるほどって思いました。

      >はげしい反抗期が無くなりつつある。
      ドキ。うちは稀かもしれません。
      続きは本でということで、予約しました。
      多分、今までの中で一番早い気がします。
      Newton雑誌、そういえば愚息が読んでたけど、高校受験と共にストップでした。

      それにしても、56さんは自他共に認める速読の女王です。
      ありがとうございます。

      返信
  6. 亀田ゴロー

    管理人様の長男さんに捧げる1冊。

    アインシュタイン方程式を読んだら
    「宇宙」が見えた

    ガチンコ相対性理論

    深川峻太郎 著

    講談社

    (引用 開始)

    嗚呼、わかりたい。
    ちょっとでいいから、
    数式で宇宙が
    どう書かれているのかを
    わかってみたい。

    そう思うのが人情だろう。

    だって、彼らは
    自分と同じ人間なのだ。
    しかも間違いなく、
    ものすごく面白いことを
    研究している。

    ならば、交流したいじゃないか。

    カタコトでいいから、
    同じ言葉で
    お喋りしてみたいじゃないか。

    それはもう、
    外国旅行から帰国するやいなや
    「やっぱり
    英語できるようになりたい」と
    駅前留学しちゃうような気分である。

    (引用 終了)

    「数式を知らずして、
    宇宙が分かるものか!」

    突然、そんな激情に駆られた男
    (50代、文系)は、

    「数式で出来たエベレスト」登頂を
    めざして、
    無謀な冒険の旅に出た!

    理系の高校生に捧げる1冊。

    返信
  7. 亀田ゴロー

    「向田 邦子の手料理」

    講談社

    向田邦子が好んで作った料理のレシピ。

    私の家族が好きな味です。
    私も、おいしいと思いました。

    (向田 邦子の言葉)

    「料理の過程で、
    1番緊張するのは
    味つけの瞬間であろう。

    塩のひと振り、
    醤油1滴の差で、

    まろやかな美味になり、

    どうにも救いようのない
    困った代物になり果てる」

    返信
    1. チョコミント

      56様
      オススメ本を手に取って頂きありがとうございます。
      向田さんの著書、懐かしい。確か、妹さんが料理店を経営されていたこともあったはず。

      ところで、「最後の秘境 東京藝大」はご存知でしょうか?美術系と音楽系それぞれの取材を元に書かれています。その中に某メジャーアーティストも出てきます。

      料理つながりのオススメ本を。
      「豚こま100レシピ」ワンパブリッシング
      「鶏むね肉100レシピ」学研 
      市瀬悦子著

      どちらも手に入りやすい材料で展開されており、凝った調味料も出てきません。ただ、分量が少人数向けなので、家族数にあわせて調整が必要ですね。

      返信
      1. 亀田ゴロー

        チョコミント様、こんばんは。

        私にコメントしてくださり、
        ありがとうございます。

        今回、チョコミント様が
        ご紹介してくださった本は、
        昔、夫と「読んでみたいね」と
        言っていた本です。

        今度、図書館に行ったら
        探してみようと思います。

        いつも、ありがとうございます。
        (*^▽^*)

        返信
      2. 打たれる管理人 投稿作成者

        チョコミントさん コメントありがとうございます。

        むね肉は庶民の味方。本、調べてみます。ありがとうございます。
        牛肉好きの我が家に、敢えて豚・鶏(それもむね肉)チョイスしてきましたね(笑)

        最近、鶏もお値段が上がってきたように感じます。
        卵は200円超えが当たり前。
        物価の上昇が家計を苦しめます。

        返信