fudebakoafterjpg

お勉強の出来る子は筆箱の中身から違う

公開日:2017年4月26日

スポンサードリンク

子供の筆箱の中身を確認したことがありますか?
特に男の子。
ぜひ、確認してみてください。
筆箱って子供にとってみたら、大切な勉強道具です。
「こんなんで、勉強ってちゃんと出来るの?」っていうような中身ではないですか?

お勉強の出来る子はごちゃごちゃ色ペンが入っていません

高学年になると、ノートをとることも工夫を求められてきます。
バカみたいに、綺麗にノートをとって満足していたら、勉強は出来ない子一直線です。
特に女の子。
色ペンごちゃごちゃ入れていませんか
T大卒夫夫は、こう言います。

色ペンなんて、数本で十分。
赤と青だけでいいらしいです。
カラフルノートは馬鹿な証拠

と断言します。

ちなみに、私が家庭教師をしていた子もノートまとめが大好きでした。
綺麗にまとめたノート満足して、全く頭に入っていないのです。
ノートまとめで満足してしまうのです。
限られた時間をノートに全力投球したって、何にも頭には入りません。
ノートを取ることはもちろん大切ですが、取るだけではダメです。
筆箱に赤ペンすら入っていないのも問題ですが、色ペンだらけの筆箱もよくありません。

次男の筆箱。これじゃ、勉強が出来なくなるよ。

次男の筆箱を本人と一緒にチェックしました。
どうして、筆箱の中身をチェックをしたかというと、図形のテスト問題で、安いボロボロの定規で曲がった線を引いて、100点だったのが減点されていたからです。

次男の筆箱の中身です。
これじゃ、、、勉強出来なくなるよ。
fudebakoafterjpg
話になりません。
本人も悔しかったようですが、仕方ないですよね。
だって、勉強道具がちゃんとしていないから、
噛んだ鉛筆も。。。
これ、いつ噛んだの?
恥ずかしくないかい?
鉛筆がどうして折れているの?
消しゴムだってボロボロです。
これで、間違えた箇所は綺麗に消せるのかい?

この筆箱をみて、勉強が出来るようには全く思えませんよね。
でも、次男は発言も良くするしテストは100点がズラリ。
学校での演習問題も自称断トツ一番とのこと(進級してまだ先生から話を聞く機会がないので、本当か分かりませんが。)。
今は小学生なのでそこまで影響は出ていませんが、これが中学になったら、色々と影響が出てくるような気がします。
だらしがない印象ですよね。
社会人になったら、基本的なことはきちんとやる。これ、社会人としてのマナーでもあります。
そのために、今からやるべきことはやってほしいのです。

たかが筆箱ですが、大切な勉強道具の一つです。
筆箱の中身を適当にして、100点を逃した失敗体験は、本人も学んだことでしょう。

注意した後の筆箱の中身です。
fudebakobefore

鉛筆・消しゴム・定規を入れ替えました。
どうですか?
これなら、勉強もはかどるのでは?ないでしょうか(苦笑)。

小学生が使う人気の筆箱

筆箱は高学年になるほど、自由度が増します。
1年生は、軽くて丈夫なマグネット式箱型の筆箱です。
大抵、クラリーノ製ですかね。
なぜか、この手の筆箱は種類によってはPTA推奨なんていう筆箱もありますよね?
(ごめんなさい。私はPTA活動に疑問を抱いている側なので、絶対に買いません!!)
1年生マストアイテムのマグネット式筆箱ですが、使っているうちにマグネットが壊れてきて、クラスでも買い替えが進みます。
マグネット式筆箱からペンケースへと買い替える子が出てきます。
以下、1年生、2年生以上の2パターンで人気の筆箱を書いておきます。

クラリーノ筆箱<筆入れ> 片面開き
1年生は学校でもほぼ99%お勧めされるマグネット式筆箱です。
クラリーノが一番無難でしょうか。
ただ、マグネットは両面と片面がありますが、片面の方が壊れにくいです。
男の子はプーマが人気ですかね。

大容量整理しやすい セミハードペンケース プーマ
高学年になると、ほとんどがチャック式のペンケースになります。
特に男の子は整理整頓が下手くそですよね。
仕切りがある、整理しやすいペンケースが売られています。
男の子はやっぱりスポーツブランドが人気ですね。

総論

サイトをみれば分かると思いますが、私は基本放置です。
いちいちあれこれ言いたくないのです。
困ったことも良い経験です。
忘れ物なんて届けません。
よく、

成功体験を積み重ねていこう

なんて、今の親が喜んで好みそうなキャッチフレーズを見ますが、私は逆です。
もちろん、成功体験も大切ですが、それ以上に大切なものが失敗体験だと思っています。
ただ、基本はちょっとだらしがない次男です。
また、やらかすかもしれません。
やらかさないように親が先回りして手出ししたら、ダメです。
失敗をさせることも親の役目です。

筆箱の中身はどうでしたか?
実は、このタイミングで長男・長女の筆箱の中身をチェックしました。
長女は、折れた鉛筆の芯が入っていたのみ。
長男は、またこれが酷かったです。
写真を撮りませんでしたが、削りかすが沢山出てきました。
まるで削りかすコレクションしているかのようでした。
呆れます。
ちなみに、長男も自称周りが凄いと思わせる発言もするし(進級してまだ先生から話を聞く機会がないので、本当か分かりませんが。)、テストも100点ばかりです。

1日に何度も何度も開けたり閉めたりして使用する筆箱を、削りかすでいっぱいにしていて何とも思わないのか?
鉛筆を取り出すたびに、鉛筆の削りかすが出てきますよね?
気にならないのかしら?
謎です。
そのまま放置して、元に戻しておきました。
次男のように、どこかで失敗することでしょう。
母親の私は知ったこっちゃないです。

Pocket
LINEで送る



スポンサードリンク







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
コメントは承認制に変更しました。ご理解のほどよろしくお願いいたします。